« 難しい日本語 | トップページ | カワイイ »

テレビ番組 『ブラタモリ 三田・麻布 完全版』

土地は記憶している 

さて、今晩も母とのお付き合いです。

そういうわけで、一昨日に録画したNHK のテレビ番組 『ブラタモリ 三田・麻布 完全版』を観ました。2010121017580000
今回、タモリさんたちが紹介してくれたのは、インターナショナルなのに江戸情緒が楽しめるエリアです。

日本の在駐大使館の三割が、この「三田・麻布」エリアにあるそうです。
そして、その昔は大名屋敷があったところ。その風情がキチンと残っている イタリア大使館を訪れました。
そのイタリア大使館の中には、大名庭園 (回遊式庭園) がありました。
イタリア大使館は、江戸時代の伊予松山藩の 松平隠岐守 の屋敷跡だったのですね。

2010121018100000 そして、何と、その庭園の中に、「赤穂浪士の碑」があるのですね。
忠臣蔵』は、イタリアでも有名で、この地に散った 赤穂浪士 十士を悼んだ 当時の大使が昭和 14年に建てたものなんだそうです。

次に訪れたのは、隠れた風景の一つ『がま池』。
当時、旗本だった 山崎主税助(たかしのすけ)邸の跡を訪れました。
さんざん捜してようやく辿り着いたのが、某マンションの中庭。2010121018310000
そこに、『がま池』がありました。
それを覗くには、実際に住んでいるマンションの部屋からしか見れないのですね。
ブラタモリでは、私宅に上がって、『がま池』を堪能していました。

麻布一帯の坂道は、江戸 も 平成も同じなんですね。

|

« 難しい日本語 | トップページ | カワイイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

東京の道端にある地図には現在と昔の町並みが併記されているのが多いです
東京フォーラムが土佐藩邸跡で坂本龍馬がそこからお玉が池の千葉道場にいったとか、想像すると楽しいです
麹町の意味は・・・とかいろいろ勉強になります
私は毎日(といっても最近は寒いのでパス)昼休み散歩するとそういうのを見つけて楽しんでいます
ちなみにJRとか地下鉄でふた駅くらいはんれたと頃まで行くこともあります

投稿: 佐為 | 2010年12月11日 (土) 07時03分

古い街並み家並みの上に
新しい別の文化が乗っかっている・・・
という感じのエリアですね~~~。

というか、、、
東京って全体がそんな感じかな?
最先端 最先端 とドンドン新しくなって
古くて良いモノが見えなくなってしまう街。

じっくり探すと情緒あるイイ街なんですけれどねぇ。
ブラタモリは
懐古趣味だけに留まらずに東京の良さを
引き出してくれる数少ない番組
と思います。

投稿: sue | 2010年12月11日 (土) 08時55分

佐為さま、ありがとうございます。
この番組の影響か、江戸時代の古地図が売れているそうですね。
また、それを記したサイトもあるようです。

http://map.goo.ne.jp/history/index.html

それらを重ね合わせて歩くと、東京の下町を楽しく歩けますね。

ちなみに、東京から御徒町、神田あたりまでは、田舎では歩く距離です。
ですから、なぜ小刻みに駅があるのか不思議に思っていましたが、実際に東京に行って歩いてみると、その必要性が体感できますね。
でも、時間があったら、少し遠出をするのも楽しいですね。

投稿: あらま | 2010年12月11日 (土) 09時14分

sue さま、ありがとうございます。
江戸・東京の歴史は、公的な建物が守ってくれているようです。
その最たるものが「皇居」。
皇居の杜は、自然がいっぱいのようですね。
来年も、皇居の清掃奉仕に行くのを楽しみにしています。

投稿: あらま | 2010年12月11日 (土) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/50263180

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組 『ブラタモリ 三田・麻布 完全版』:

« 難しい日本語 | トップページ | カワイイ »