« 映画 『依頼人』 | トップページ | 統一地方選 たけなわ »

テレビ番組 『ブラタモリ 横浜 港湾編』

横浜と言えば ミナト

拙宅の近くに清水港、焼津港があるのに、ミナトといえば横浜、小生は横浜ファンです。
何回、横浜港で釣り糸を垂れたことでしょう・・・。

家内も横浜が大好きで、今年の夏、長女と一緒に、鈍行列車で横浜旅行をしてきたほどです。

今回の『ブラタモリ』は、小生がよく行く「港、横浜」なのに、初めて見るお宝映像でいっぱいです。

まず、元町公園の「水屋敷」。その巨大貯水タンクにカメラが入りました。
まさか、こういう‘明治の遺跡’が 元町公園の地下にあったとは・・・ !

次に訪れたのは、コンテナーターミナル
大きなガントリークレーンで、コンテナを船に積み込む様子を映していました。

小生の住んでする静岡にも、清水港があり、そこにもコンテナターミナルがあります。
その清水港のコンテナターミナルには何度か入ったことがありますが、横浜のターミナルには入ったことはありません。
やはり、清水と比べて大きいですね。

そのコンテナターミナルの横の漁港も紹介していました。
太刀魚、スズキ、エボタイなど、カタのよい (大きい) 魚がありました。
清水港にも、漁港があり、そこでは鮪などの大型魚が水揚げされていますよ。

つづいてやってきたのか「赤レンガ倉庫」。
赤レンガ倉庫は、海側から眺めること・・・」。これ、鉄則ですね。
赤レンガ倉庫に限らす、港の施設とは、海から眺めるものですって。
そして、その横には、昔の旅客用のプラットホーム
以前は、東京駅から、直接、横浜港駅まで汽車で行って、そのまま太平洋航路の豪華客船に乗り換えることが出来たのですね。

他にも、貨物専用のプラットホームも紹介していました。
さて、そこで、JR発行の貨物専用の時刻表 (『JR 貨物時刻表』)と言うのがあるのですね。
今年で創刊 30周年記念になるそうです。
タモリさんは、それを毎年 購読しているんだそうですよ。
そして、なんと、その横浜本牧駅の車庫には、C56型のSLが。
この蒸気機関車は、昭和 40年まで、この横浜港の引込み線で活躍していたんだそうです。
これまで、この駅にその SLが保存されていることは公にされることはなく、幻の SL と言われているものです。
たいへん綺麗に保存されていました。しかし、自走は出来ないそうです。
この SL の全てのパーツに「C56139」という刻印が打たれていました。

この SLを観ただけでも、この番組は「お宝」です。

それにしても、タモリさんはすごい博識ですね。そして、タモリさんと歩くと、楽しいですね。

|

« 映画 『依頼人』 | トップページ | 統一地方選 たけなわ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今夜 横浜なのですか!!
見なくっちゃ~~~~。

お知らせ頂いて良かった 
見損なう所でした

投稿: sue | 2010年12月 4日 (土) 19時33分

sue さま、この記事は、2日の放送を録画したものについてです。
この番組の再放送は、BS2 12月9日(木) 午前11時00分 ~ 11時49分
と、記されていましたよ。

投稿: あらま | 2010年12月 4日 (土) 19時50分

こんにちは。

私も「ブラタモリ」は大好きです。
バカなタレントがワイワイ騒いでうるさい旅番組より楽しくて見やすいですね。
番組途中で「ブラタモリ!」と言う4つ(5つかな?)の丸の中のタモリさんの中で左から2番目の顔が私は好きです。

投稿: まさたみ | 2010年12月 5日 (日) 01時00分

まさたみ さま、ありがどうこざいます。
『ブラタモリ』・・・いいですね。
『ちい散歩』もいいですが、タモリさんのキャラクターが好きです。
すぐに、その場の雰囲気に同化して、モノマネができます。
そのモノマネは、天下一品ですね。
さらに、コメントが鋭い。
ポイントを尽いていると思いました。
また、タモリさんと一緒に歩くパートナー・久保田祐佳アナウンサーもいいですね。
彼女は、静岡支局にいた女性アナウンサーですが、天然なキャラがいいですね。
そういった意味で、タモリさんたちとの散歩は楽しいですね。

投稿: あらま | 2010年12月 5日 (日) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/50207229

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組 『ブラタモリ 横浜 港湾編』:

« 映画 『依頼人』 | トップページ | 統一地方選 たけなわ »