« 今年の漢字 | トップページ | テレビ番組 『ブラタモリ 三田・麻布 完全版』 »

難しい日本語

白なのか黒なのか

外国人が日本で、一番迷う言葉が 「YES」なんだそうです。
日本人は、良くても悪くても、OKでも そうでなくても、全て「YES」と言うのですね。
そのくせ、後になって、「実は、NO だった。」と平気で言い出します。

外国人には分らなくても、日本人の間では、「YES」なのか「NO」なのかは特殊な電波で分るそうです。
それを四字熟語で「以心伝心」と言うそうです。

最近でも、どちらの意味なのか分らない言葉がありますね。
その一つが「ヤバイ」。
漢字で書くと「危い」。

その意味は、もちろん「危険」という意味ですが、「ヤバイ美味しさ」という言葉になると、「すごく美味しい」という意味になります。
若者たちは、この「ヤバイ」という言葉を、状況にあわせて的確に使い分けています。

「この おじさん、ヤバイ」・・・なんてギャルに言われたとき、
「このおじさんは、危険な人だ」という意味なのか「このおじさんは、たいへん素敵な人だ」という意味なのか、二つに分かれます。Photo_3
ギャルが、田村正和 ( 写真 ) を指せば、当然「素敵な人」という意味になりますが、あらま を指せば「危険人物」という意味になるようです・・・。。。。

他にも、当地区でも「我」という意味を使い分けていたことがありました。
我・・・といえば、当然 自分のこと、つまり第一人称ですね。
ところが、小生の住んでいる地域では、「われ」という意味は、時には「自分のこと」、時には「相手のこと」、そして時には「第三者のこと」を指していたのです。

「わりゃー、ぶっ殺すぞ ! !」という意味は、「お前を殺すぞ」ということ。
「この皿は われ のだろう」という意味は、「この皿は、あなたの物でしょう」という時もあれば「この皿は、誰かのものでしょう」という意味の時があるのです。

つまり、第三者が聞いていると、サッパリ意味が分らないのですね。
ところが、会話をしている当事者同士は、その区別が分るのです。

こうした主語の使い分けは、古代の日本の古語にもあったそうです。

つまり、昔の日本は、周辺国から攻められてばかりいたそうです。
そこで、仲間同士の言葉をあいまいにして、相手の国の人には分らないように喋っていたと言うのですね。

そういうこともあって、日本語の場合は、平気で主語を省略してしまうのです。
外国語ではあり得ないことですね。

日本語があいまいなのは、周辺国から常に攻められ続けていた歴史があったからだというのです。

|

« 今年の漢字 | トップページ | テレビ番組 『ブラタモリ 三田・麻布 完全版』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

微妙な話ですね。
KYが流行語対象にノミネートされるで数年前に海外派遣のおじさん達の間にKYYが流行ってましたね。

投稿: taka | 2010年12月10日 (金) 21時59分

taka さま、毎度ありがとうございます。
う~ん、小生は、KYYは知りません。
YKKなら、昔の自民党の政治同盟であった、山崎拓、加藤紘一、小泉 純一郎の頭文字だったですが・・・。
すみません、KY(空気読めない)で・・・。

さて、「KY事件」というのがありました。
これは、朝日新聞記者が、沖縄の さんご礁に「KY」と記して、「心無い誰かのイタズラ・・・」という記事を書きました。
後日、この「心無い誰か・・・」とは、朝日新聞記者 本人であったのでした。
その後も、毎年のように、朝日新聞の捏造記事が指摘されるようになり、今ではスッカリ「捏造新聞」として定着してしまった観があります。

投稿: あらま | 2010年12月11日 (土) 02時06分

すみません KKYの間違えでした。
=(おまえら)こっちに来てやってみろ。
本社と現地の温度差に怒った現場のおじさんたちの声です。
日式しか理解できない日本らしいですね。

朝日新聞の記事は朝日らしいですね。
捏造新聞とはうまいこと言いますね。

投稿: taka | 2010年12月11日 (土) 07時46分

taka さま、重ねてコメントをありがとうございました。
KKY・・・は、『静岡新聞』の記事で読みました。
本社が現地の様子も知らないで、次々とムリなことを言ってくる・・・。
これは、小生も体験しました・・・
というよりも、それが、小生が今年、仕事場を変える原因になったものですね。
国内でも、監査官の要求に対しても「そこまで言うのなら、実際にやってみろ ! ! 」と、何回、心の中で叫んだことか・・・

投稿: あらま | 2010年12月11日 (土) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/50264096

この記事へのトラックバック一覧です: 難しい日本語:

« 今年の漢字 | トップページ | テレビ番組 『ブラタモリ 三田・麻布 完全版』 »