« ウィキリークス | トップページ | テレビ番組 『白熱教室を語る』 »

離島奪還訓練に韓国軍が参加

独島を認めるのでは ?

明日から 10日にかけて 日本の各地と周辺で 日米共同統合演習 (実働演習) が行われるそうです。
そこに、なんと、韓国軍が初参加すると言うのですね。

韓国軍は、日本海で行われる演習に参加する予定で、沖縄本島などの南西諸島近海の訓練は 中国を刺激すると言う理由で参加しないそうです。

日本としては、この演習に 北朝鮮への批判を強めている韓国を参加させることによって、拉致問題に対しても韓国からの支援を取り付けたいようです。

しかし、その考え方は変でしょう ?

日本海には、島根県の竹島があり、その竹島には韓国軍が武力占拠しています。Photo_3
今回の日本海での離島奪還訓練とは、日本海に浮かぶ竹島を韓国軍から奪回しようとするものなんでしょう ?
それなのに、その対象国の軍隊を参加させて、どんな訓練をするのでしょうか ?
つまり、韓国軍が占拠している竹島を日本が韓国から奪還する共同演習に、韓国軍がどんな役割を持つのでしょうか ?

逆に、韓国軍がこの演習に参加することによって、竹島は韓国領の独島であると言うお墨付きを日米から取り付けたことにはなりませんか ?

2 世界が見たら、日米は竹島を放棄したものと見做すと思いますよ。

それとも、日本としての‘高度’な外交・防衛判断とでも言うのでしょうか ?

【追加】 日本海での演習は、北朝鮮によるミサイル防衛に特化したようです。これも、韓国に配慮したものなんでしょうね。

【追加の追加】

マスコミの報道をまとめてみますと、防衛省関係者の話によると、韓国国防省はこの演習に数人程度を派遣する予定で、米イージス艦に乗船し、ミサイル防衛を視察するそうです。

これは、米国側が提案したものを、日韓両国が受け入れたもので、既に 7月に行われていた米韓合同演習では、日本もオブザーバーとして参加していたと言うことです。

仙石官房長官は「東アジアの平和と安定にとって、日米韓の協力、連携の推進が極めて重要だ」と協調したそうです。

しかし、事実上の竹島問題を棚上げしたことは、日本の領土問題に対する姿勢を示したもので、さらに、米国の竹島に対する意思を反映したものだと思います。

つまり、米側としては、韓国の竹島の実効支配を認めている・・・ということを間接的に明らかにしたものだと受け止めるべきだと思うのです。

国防問題・バランスは非常に微妙です。

合同演習とは、世界に向けて自国の防衛の意思表示をするものです。

どの国と組むのか、どこでやるのか、どのぐらいの規模なのか・・・

それが、国防バランスですね。

今回のそうした政府・民主党の対応が、日本と言う国は主権の問題を棚上げするほどの意識しかないということを世界に発信したと言うことで、日本を危うくしていると思います。

国防とは、主権を守ると言うことです。

|

« ウィキリークス | トップページ | テレビ番組 『白熱教室を語る』 »

国防」カテゴリの記事

コメント

netでの情報が増えているとはいえ 一般にはテレビのニュース報道に頼る場合がほとんどでは。
しかし今日のニュースを見ているとバカ海老息子の報道ばかり。
こっちの報道のほうが数段優先と思うけど私の高望みかな!!

投稿: taka | 2010年12月 2日 (木) 20時40分

taka さま、ありがとうございます。
だから「平和ボケ」と言われてしまうのでしょうね。
尖閣諸島沖では今でも緊張が続いていると言うのに、そんなことは報道しません。
日本は「報道規制」がない・・・と、思いがちですが、実は「統制」されているのですね。
そこで有志たちが、マスコミでは伝えない事実をネットで伝えようとしています。

投稿: あらま | 2010年12月 2日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/50191904

この記事へのトラックバック一覧です: 離島奪還訓練に韓国軍が参加:

« ウィキリークス | トップページ | テレビ番組 『白熱教室を語る』 »