« 文化の日 | トップページ | スポーツの秋 »

平和主義では・・・

なぜダメなのか・・・

本日は、文化の日です。
今の日本国憲法が公布された日です。

この、日本国憲法の理念の三大柱が・・・

  1. 主権在民
  2. 基本的人権
  3. 戦争放棄

・・・と、中学校の時に教えてもらった記憶があります。

さらに、当時の社会科のセンセイから、「日本は戦争をしない国だから、外国から攻められることはない・・・」という解説まで戴きました。

暴力反対、無抵抗主義が、人として最高の理念であると言うのですね。

戦争体験者も、「戦争なんて絶対してはいけない。あんなことをするのなら、最初から負けたほうがよい・・・。」と、異口同音に言います。

確かに、暴力に遭うのは嫌ですし、それによって殺されるのは もっと嫌です。

しかし、現実の社会では、日本でも親が子を殺し、子が親を殺し、学校・会社・地域でも イジメ が横行しています。

先日も、通行人が通り魔に殺されました。

交通戦争では、沢山の人が 毎日 死んでいます。

暴力が嫌・・・だと言いながら、家庭でも社会でも暴力があるのが現実です。

これは、良いとか悪いとかの問題ではなくて、人間には本質的に「善と悪が混在している」証拠なんですね。

その人間の本性でもある「悪」を 否定・抹殺 することが果たして可能なことなのか・・・。
それは、つまり、自分自身が、完全無欠の善人になれるのか・・・という問題と同じだと思うのですね。
自分には悪があるのに 他人の悪を否定したり憎むことは 矛盾していないか・・・と、小生は 平和主義者らに問いたいのです。

暴力のない 平和 な 理想世界の実現・・・は、人間の本性に「悪」がある限り、それは無理な話だと思います。

それよりも、悪の存在を認めて、それとバランスよく向き合うことの方が現実ではないでしょうか ?

平和主義者の人たちの意見を聞くと、まるで宗教の信者のように、自分の理念に固執しているように思います。
自分の考え方が 唯一正しくて、高邁な自己思想に酔っているような印象さえ受けます。

そして、暴力や戦争を非難しています。

ところが、ご自分の「否」については、全く話しません。
恐らく、ご自分には「否」なんて無い・・・と、お考えなんでしょうか ?

小生も、戦争も暴力も嫌です。
爆死するなら畳の上で死にたいです。

しかし、残念ながら、自分の死を選べないのが人間の現実ではないでしょうか ?

そして、そうした死を選べなかった先人・先輩のお陰で、今の世の中があることも事実だと思います。

今の世界は、政治も経済も、力学的なバランスで均衡を保っている・・・という現実があります。
軍事勢力なんて、特にバランスが大事だと思います。

日本の政権が民主党に代わり、自他共に認める「柳腰外交」によって、政治的な外交バランスが崩れると、即座に、隣国たちは反応して、日本の主権を脅かしています。

尖閣諸島にしても北方領土にしても、中国やロシアは、日本の外交に舐めてかかっています。

島根県の竹島には、1954年 7月から、韓国軍が実効支配しています。

そこで自民党は、平和憲法では主権は守れないと言うことで、憲法改正の理念の下、1955年 11月に結成されました。
そして、平和憲法という足かせがありながら、憲法の拡大解釈を重ねて、現実的な対応をしてきたのですね。

ところが、民主党政権に替って、そうした対応を怠ったために、一気に、外交的に攻め込まれています。

そして、次に、軍事バランスが崩れた時に、戦争が始まるのですね。

その戦争をするのかしないのか・・・を決めるのは、日教組のセンセイ方をはじめとする 平和主義者ではないのです。

相手方が攻め込んできたら、そこで戦争が始まるのですね。

人類の歴史は、戦争の歴史です。その歴史は、今の日本でも続いているのですね。

戦後、何万人もの漁民や自衛隊員がその犠牲になっているのですが、そのことを知らない、あるいは知ろうとしない日本人が多いのに驚いています。

こうした現実を、日本人として知る必要があると思います。

【参考】

近年、ロシアの警備艇の発砲で、日本の漁師が亡くなりましたが、そうした漁師の災難は今に始まったものではありません。たとえば・・・

李承晩ライン(李ライン)

1952年、韓国の李承晩大統領が行なった、一方的宣言によって規定された領海水域。 同宣言により朝鮮半島周辺(最大二百マイル)の水域内に存在する、すべての天然資源、水産物を利用する権利を主張した。日本側はこのラインを認めず、結局65年の日韓漁業協定で李承晩ラインが廃止されるまで、韓国軍による日本漁船の拿捕が続いた。
李承晩ライン廃止までの抑留者数・拿捕された船の数および死傷者数 。

抑留者数:3929人
拿捕された船の数:328隻
死傷者数:44人

死者の中には、娘が生まれたばかりの若い漁師も居た。
赤ん坊は、生後数ヶ月で父を殺された。
抑留された被害者は、日韓漁業協定が成立する1965年まで抑留され、韓国に人質として利用された。 その年月、最大13年。
日本政府は、彼らを帰してもらうために、在日朝鮮人の犯罪者を仮釈放して、在留特別許可を与えた。その犯罪在日朝鮮人の数、472人。

|

« 文化の日 | トップページ | スポーツの秋 »

憲法」カテゴリの記事

コメント

ご指摘のとおりですね。
日本ガラパゴスを象徴するようですね。
残念ですが。

投稿: taka | 2010年11月 3日 (水) 14時16分

あらま様
まったく同感です
日本の良心を代表した評論家になってください

投稿: 佐為 | 2010年11月 3日 (水) 17時03分

taka さま、ありがとうございます。
日本だけ・・・と言うことが多いですね。
携帯電話にしても、ハイビジョンにしても・・・
そして、戦争を放棄すると言う憲法を持っているのも日本だけ。
いまや、巨額の借金を持っているのも日本だけ・・・。

投稿: あらま | 2010年11月 3日 (水) 21時18分

佐為師匠、赤面の至りです。
実は、この内容は、佐為師匠のパクリです。

投稿: あらま | 2010年11月 3日 (水) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49921556

この記事へのトラックバック一覧です: 平和主義では・・・:

« 文化の日 | トップページ | スポーツの秋 »