« 良い話 と 悪い話 | トップページ | 高齢者への虐待 »

ウインカー

交通規則

本日は、雨です。
雨の日は、交通事故が多いですね。
通勤中、事故車両が交差点を塞いでいましたが、「おまえが ウインカーを出さなかったのが悪い ! !」なんて、怒鳴っていました。

さて、ウインカーといえば、日本の戦車にもウインカーが付いていることは余り知られていません。 ( 写真、赤い丸印 )
戦車も公道で曲がる時は、ウインカーを出しています。

Photo

とにかく、自衛隊と言えども、国の法律には従わなくてはならないのです。
当然、道路交通法も。
しかも、ディーゼルの排ガス規制にクリアしないと、首都圏にも入れません。

気になるのは、もし、本土決戦で、戦車が公道を走る時、いちいちウインカーを出すのでしょうか ?
そんなことをすれば、相手に こちらの動きを察知されてしまうでしょう。

もっとも、本土でしか活躍できない自衛隊の戦車が活躍する時とは、相手国が上陸してきた時で、占領される寸前と言うことなんでしょうか・・・。

そもそも、自衛隊の戦車の存在意義とは何でしょうか ? ?

2

日本の戦車を後ろから見ると、ストップランプ・方向指示器・バックライトがあります。

ところで、戦車に 前後ってあるのでしょうか ? ? ?

【 追加 】

ネットで伺ったところ、戦闘時の戦車は、下の写真のように、方向指示器にカバーを取り付けるようです。

3

|

« 良い話 と 悪い話 | トップページ | 高齢者への虐待 »

国防」カテゴリの記事

コメント

公道を走るということでウィンカー等があるのでしょうか?
でも敵の侵入を防ぐという理由以外にどういう目的があって道を走るのでしょうか?災害救助の時に戦車使いましたっけ?
なんか不思議ですね。
ウィンカーなんか出したら敵の思うつぼですよね。

こういうところにも税金が使われているんですよね。。。

あらまさんの視点、おもしろいです。
勉強になります。

投稿: コバヤン | 2010年11月22日 (月) 15時28分

戦車の方向指示器は側面になく法令を順守していないようですね。
しかしウインカーを点けての走行は滑稽でもありますね。
番組で戦闘時は作動させませんと隊員が真面目に答えていましたね。
ところで”ウインカーを出す”という言い方は初期の腕式の名残でしょうか?

投稿: taka | 2010年11月22日 (月) 18時00分

コバヤン、コメントをありがとうございます。
以前、九州の大分に行ったとき、戦車が公道を走って移動していました。
その公道は、戦車も通るということで、アスファルトではなくてコンクリート舗装でした。
・・・と言うわけで、戦車が公道を走る時には、ウインカーやストップランプが必要みたいです。
日本は、平和ですね。

投稿: あらま | 2010年11月22日 (月) 19時15分

taka さま、ありがとうございます。
その‘番組’は観てなかったので分りませんが、戦闘時は、ウインカーを出さないと言うことですね。
さて、そう言えば、昔の車の方向指示器は、矢印のような腕が出ましたね。
なるほど、それで「ウインカーを点滅させる」とは言わないで「ウインカーを出す」と言うのですか。
車の用語は、昔の名残があって面白いですね。
たとえば、「助手席」とか・・・・。

投稿: あらま | 2010年11月22日 (月) 19時19分

 不規則な生活をしているせいでこんな時間に目が覚めてしまいました。

 戦車にウィンカーが付いてるのは日本の自衛隊だけです。なぜなら、交戦規定(どんな状況になったときに交戦ができるのか)や有事法制(有事になった際に自衛隊がどこまで平時法と異なることができるのか)がまともに整備されていないために、(自衛隊は軍隊ではないため、普通の行政機関の一つとして位置付けられ、であるために法律遵守、つまり国土交通法を有事も守らなければならないということになっている)付けなければならないのです。

 ちなみに、彼らにもしっかり前後ありますよ。

 日本の戦車たちの一番優れているところは実はサスペンションでして、前かがみになったりうしろのめりになったりすることができます。これは何を意図してかと言うと、丘の山頂やちょっとした地面の凹みにアンブッシュ(待ち伏せ)して撃つ事を基本にしているからです。陸上自衛隊はしっかり日本の国土を想定して配備されていますよ。ご安心を。

 ただウインカーはいらない!

投稿: ある大学生 | 2010年11月23日 (火) 05時00分

ある大学生さま、ありがとうございます。
戦車を運転するには、大型特殊車両でキャタピラの免許が必要みたいですね。
ですから、戦車の場合、砲身の向きが「前」だとばかり思っていました。

こんな動画がありました。

http://www.youtube.com/watch?v=gQYIvuWYWHo

これを見ると、戦車も公道を走る時は左側通行で、信号も赤のときは停まっているようです。
さらに、バックミラー (サイドミラー)、やナンバープレートも取り付けているようですね。
普通に、‘車両’です。

さて、日本の戦車は、現行法では海外に行くことはなく、専ら、国内専用ということのようです。
つまり、国内でのみ、活躍できるということですね。

・・・・しかし、その場合は、相手も日本国内に上陸しているということですよね。
・・・・そういった事態になった時は、既に、遅い・・・と思うのですが・・・
ミサイルや爆撃が主流となっている中、戦車で日本を守れるとは思えないのです・・・。。。。

投稿: あらま | 2010年11月23日 (火) 09時13分

 そうですね。日本としては既に遅いのですが、だからといって陸軍を持たないと言う選択はありません。なぜなら、相手の重火器を持たない空挺部隊や大型揚陸艦を使わない中規模部隊の侵攻には、戦車は極めて有効な対抗手段になるからです。

 大型揚陸艦を使う大規模部隊に対しては効果的な対艦ミサイルを配備しているので上陸させません。そして、相手の重火器が無い環境下に於いて、戦車は圧倒的有利を保証します。

 サスペンションで上述のような機動ができるのは実は日本の戦車だけです。山や丘や沼地(田んぼ)の多い国土に対応しての装備となっています。

 ミサイルや爆撃が主流となっているとは言え、最終的な制圧は地上戦によらねば成らないと言う事はイラク戦争でも、第二次大戦のドイツ戦でも明らかですし、ミサイルや爆撃だけで相手を制圧できるような国など、湯水のごとく予算を使える米軍くらいのものでしょう。安値かつ製圧力の高い歩兵が決め手となるのは現状の軍事の基本だと思います。

 特に、最近大砲をぶっぱなした某陸軍国などは。

投稿: ある大学生 | 2010年11月23日 (火) 18時40分

ある大学生さま、詳細なご教授をありがとうございます。
つまり、高性能な戦車の存在は、防衛的な抑止力としては相当に有効ということですね。
よく分りました。

投稿: あらま | 2010年11月23日 (火) 19時13分

戦車にウィンカーは当たり前です。先進国は普通に装備してます。

投稿: 蚊トンボ | 2010年12月30日 (木) 23時07分

ウィンカーが付いているのは日本の戦車だけ←コレはデマです。
ウィンカーの付いた戦車は世界的に全く珍しくありません。

レオパルト2
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e4/Upgraded_Leopard_2A4_SG_NDP_2010.JPG

フランスのルクレール
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/10/Leclerc-IMG_1744.jpg

これらが日本の戦車に見えますか?
勝手に自衛隊を卑下するようなデマが流れることこそ本当の平和ボケでしょう。

そもそも戦車にウィンカーが付いていることの何処がおかしいのか理解に苦しみます。
車両なんだから付いていて当たり前でしょう。

投稿: 通りすがり | 2010年12月30日 (木) 23時21分

蚊トンボ さま、いらっしゃいませ。
ご教授をありがどうございました。
・・・・ということは、中国は先進国ではないということですね。
よく、勉強になりました。

投稿: あらま | 2010年12月31日 (金) 17時05分

中国軍の車両です。
戦車ではないけれどハザードを点けています。
http://www.youtube.com/watch?v=kcM7pgomX-o
かと言って中国は先進国・・不知道

投稿: taka | 2010年12月31日 (金) 18時17分

taka さま、重ねてありがとうございます。
その動画を見ると、戦車は前照灯も点けていませんでしたね。
中国の戦車にはランプ類はないのでしょうか ?

それでは、お先 真っ暗ですね。

投稿: あらま | 2011年1月 1日 (土) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/50100000

この記事へのトラックバック一覧です: ウインカー:

« 良い話 と 悪い話 | トップページ | 高齢者への虐待 »