« ジャズダンス発表会 | トップページ | 映画 『善き人のためのソナタ』 »

画像流出問題

逮捕時のビデオはどうなった ?

Photo_2 尖閣沖衝突事件のビデオが流出したことについて、政府もマスコミも黙秘し続けているのが、船員逮捕時におけるシーンを映したビデオ・・・。

一説には、中国漁船に乗り移った海上保安庁職員が海に投げ出され、その職員を船で‘轢こう’としたり、魚を突く モリ で、その職員を突くシーンがあったそうです。

ところが、マスコミも政府も、中国漁船が日本の巡視船に衝突したシーンを映したビデオの流出を問題にするばかりで、それ以上のことには触れていません。

ところで、外国船籍の船が日本の船に衝突することは珍しくありません。
Photo
今年の 1月 6日には シーシェパードの 捕鯨抗議船アディ・ギル号が日本の調査捕鯨団の監視船、第2昭南丸に衝突、航行不能に陥ったことがありましたね。(写真)

また、7 月28 日には、ホルムズ海峡を航行中の商船三井所有の巨大タンカー「M. Star」の船体が損傷した事件がありましたが、これは、、「アブドッラー・アッザーム旅団」というテロ組織が、同タンカーに対して アイユーブ・タイシャーンと名乗る男が自爆攻撃を仕掛けたと声明文を発表しました。

ですから、船の衝突については、国民はそんなに驚かないと思います。
それよりも、むしろ、なぜこんなことを政府が隠すのか・・・。そちらのほうが疑問に思います。

警察の捕り物にしても、犯人と格闘することがあるにしても、中国人が日本人の海上保安庁職員を殺そうとする事は、絶対に許されるものではありません。

そのシーンを映したビデオを見たら、国民の心に火がつくかもしれない・・・と、政府が心配しても、現実にそういうことがあるのなら、隠蔽せずに、相手国に抗議するなどして、国民の安全を守るのが政府の使命だと思うのですね。

むしろ、衝突シーン とか 流出した犯人探し を話題にして、逮捕時の問題から国民を遠ざけようとする意図さえ伺えます。

海上保安庁をはじめ、警察、自衛隊の人が、そうした政府の対応を見て、何と思っているでしょうか。
命がけで我々を守ってくれている人を、国が守ろうとしないのでは、国民が今の政府を信頼できなくなるのは当然だと思います。

もし、政府がそういうことは無かったと言うのなら、無いことの証明をしなければならないと思います。

それをしないのなら、中国人の暴挙があったと思わざるを得ないのですね。

・・・・これって、悪魔の証明なんでしょうか ?

|

« ジャズダンス発表会 | トップページ | 映画 『善き人のためのソナタ』 »

国防」カテゴリの記事

コメント

この事実を隠す理由が誰もわかりませんね。
民社党の中でも分かる人はいないのでは。
次から次と色々な話が出てきますね。
日本人以外ならモリで突くことは十分あり得ますね。
韓国船でもあったとかないとか。

投稿: taka | 2010年11月 8日 (月) 19時42分

taka さま、毎度ありがとうございます。
流出しただけの内容で、政府が国民に隠そうとしたなんて思えませんね。
やはり、真実は他にある・・・と考えるのが順当だと思います。
いずれは バレると思いますが・・・。

投稿: あらま | 2010年11月 8日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49971243

この記事へのトラックバック一覧です: 画像流出問題:

« ジャズダンス発表会 | トップページ | 映画 『善き人のためのソナタ』 »