« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

国会は解散せよ !

不敬国会など要らぬ !

まず、新聞記事を引用します。

「早く座れよ」民主・中井氏が秋篠宮ご夫妻に非礼の極みPhoto

 11月29日の議会開設120年記念式典で、民主党の中井洽前国家公安委員長 (写真) が、来賓の秋篠宮ご夫妻が天皇、皇后両陛下のご入場まで起立されたのを見て「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と不平を漏らしていたことが30日、分かった。自民党は「懲罰の対象になりうる著しく品を欠く発言だ」と問題視している。西岡武夫参院議長も事実関係を調査する意向を示した。
 複数の国会議員によると、秋篠宮ご夫妻は式典会場の参院本会議場に入られ、天皇、皇后両陛下のご入場まで約5分間起立して待たれた。国会議員も立っていたところ、中井氏は1分半ほどで「早く座れよ」などとぼやき始めた。それほど大声ではなかったが、議場は静まっており、周囲に響き渡ったという。
 みんなの党の桜内文城参院議員は30日にブログで「想像を絶することが起こった。これでは国会崩壊だ。1人の国民として今回の野次は決して許すことはできない」と批判した。
 中井氏は30日、産経新聞の取材に「『早く座らないとだれも座れないよ』と言ったかもしれないが、秋篠宮さまに向けて言うはずがない。副議長らに言った」と釈明した。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

新常用漢字

きょう告示

常用漢字の改定にともなって、本日より新聞表記の一部が変わったと、地方新聞では伝えていました。

そこで、今回の改訂で「岡」とか「藤」という字が追加されたので、「静岡県藤枝市」は、常用漢字として新たに表記できると言うことなんでしょうか ?

考えて見ますと、小生が購読している『静岡新聞』、以前から『静岡新聞』で『静おか新聞』ではありませんでした。
恐らく、『熊本県』も、昨日まで『くま本県』と表記されているわけではなくて『熊本』は『熊本』でしょう。

・・・・ということで、常用漢字とは一体どういうものなのか、あらためて知りたくなりました。

そこで、新聞記事によりますと・・・

常用漢字 法令や公用文書、新聞、放送など一般社会生活で使う目安となる漢字
1946年に告示された当用漢字 ( 1850字 ) を基に、81年に 1945字を定めた。
2005年に中山成彬文部科学相(当時)が見直しを諮問し、文化審議会が 5年かけて審議、今年 6月に常用漢字表の改定を答申した。
漢字のほかの目安や基準としては、学校で学ぶ教育漢字、常用漢字に含まれないが戸籍に記載できる人名用漢字、コンピューターで処理するために規格を定めた JIS 漢字などがある。 ( 太字は筆者、 『静岡新聞』 11月 30日 朝刊 )

・・・ということは、常用漢字とはひとつの目安ということで、どうしても使わなければならない、或いは常用漢字以外は使ってはいけない・・・というものではないということなんですね。

したがって、昨日までの常用漢字に「静」や「熊」がなかったのに、新聞が「静岡」とか「熊本」と表記をしても問題がなかったと言うことになります。

当然と言えば当然・・・
では、なぜ、そんなことを記事にしたかというと、当用漢字とか常用漢字の意味が、今ひとつ分らなかったからです。

ところで、「障害者」も「子供」も常用漢字なのに、新聞では「障がい者」あるいは「子ども」と表記しています。

これは、人権団体の圧力によるもので、漢字を平仮名表記によって「差別」をなくそう・・・という趣旨らしいのですね。

しかし、漢字を平仮名にすれば「差別」や「虐待」がなくなる訳ではないですよね。

漢字は日本の大切な文化ですから、人権団体の圧力によって使わなくされてしまうものではないと思います。

ですから、新聞やマスコミ各社には、人権団体に屈することなく、漢字を使ってもらいたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

両陛下ご臨席の式典で携帯の着信音

問責されても仕方がない・・・

先日、参院で、国交相、官房長官の問責決議案が可決されたばかりなのに。Photo
その参院で、なんと、両陛下ご臨席の式典で携帯の着信音が鳴り響いたそうですね。
その音の主は、自民党の国対委員長というのですから、さらに驚きです。
ある自民党議員が「音を鳴らした奴は、登庁禁止だな・・・」と言ったそうですが、まさか身内だったとは・・・。

いったい、自民党はどうなっているのでしょう。

二年前には、院内でワンセグを観ていた議員さんもいました。
最近では、ツイッターをして遅刻した民主党の大臣もいました。

いまでも、議会中にメールをしている議員さんも多いとか。
確か、院内は携帯電話の持ち込み禁止ではなかったですか ?

自民党国対委員長の A氏は、参院で問責されても仕方がないですね。
次の選挙も危ういかもしれませんね。

こういう時だからこそ、自民党は速やかに対応し、国民に示すべきでしょう。

それにしても、中高年の携帯電話のマナーの悪さには目を覆いたくなります。
だいたい、映画館とか劇場内で着信音を鳴らかしているのは中高年です。
また、電車の中で、大声で携帯で話しているのも中高年。
道路の真ん中で、車を停めて、携帯電話で話しているのも中高年。

そんなことを言っている小生も、中高年。
中高年ともなると、注意してくれるヒトが少ないので、知らぬ間に周囲に迷惑を掛けていることがありますね。

自民党国対委員長の失態は、わが身の失態として反省したいと思います。

【追記】

半数近くの議員欠席…国会開設120年記念式典

読売新聞 11月29日(月)21時46分配信

国会が29日午前に参院本会議場で開いた議会開設120年記念式典に、国会議員の半数近くが欠席した。

 天皇、皇后両陛下らをお迎えして、国会の節目となる行事だっただけに、議員らの意識が問われそうだ。

 参院事務局によると、衆参両院の国会議員721人(衆院は欠員1)のうち、出席したのは約370人で、党として欠席した共産党(15人)以外にも、330人以上が欠席した。

 欠席した民主党の若手議員らからは「統一地方選に向けた地元会合を優先した」「陳情を受けていた」などの声が上がった。週末に地元に帰った議員がそのま ま地元活動を優先したケースが多かったとみられ、「歴史への意識が薄いことの表れだ」という批判が出た。同党の岡田幹事長は29日の記者会見で、「それぞ れ色々事情があると思うが、少し残念に思った」と述べた。

さて、自民党議員は、何人欠席したのでしょうか ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

二の舞になるのか・・・

民主党政権の外交姿勢

昨日、中国が北朝鮮の砲撃問題に対して重大な発表をする・・・なんて、言っていましたね。蓋を開けたら、「六カ国協議の開催」の呼びかけ・・・

ガクッと来ましたね。

さて、そこで、おさらい をしてみましょう。

瀬戸際外交を続けている北朝鮮の手法とは・・・

まず、核実験をしたり、ミサイルを飛ばすなどして、問題を起こす。
次に、六カ国協議を開いて、「もうそんなことをしないから、援助をしろ」と要請する。
そして、重油や食料などを獲得する。

それどころか、過去には核施設の建設まで要求をしていたのですね。
「核を持たないから、原子力発電所が欲しい・・・」と。
アメリカの民主政権は、それに応えて、軽水炉原発まで作ってあげたのです。
北朝鮮は、その施設でプルトニウムを作りました。
さらにテロ国家を支援したり、偽札を作ってマネーロンダリングをしたり、偽タバコを作るなどして外貨を獲得。
その資金で、遠心分離機を獲得。
そしてウランを濃縮して、核爆弾を作る。

こうして、北朝鮮は、ウラン型とプルトニウム型の二種類の核兵器を開発しているわけです。

さらに、老朽化した核施設は、「もう核兵器の燃料は作らないから」と言って、アメリカの支援で壊して、その隣に新たな施設を作ったわけです。

それもこれも、瀬戸際外交で「ゆすり」「たかり」を繰り返して獲得したものです。

その「ゆすり」「たかり」に、アメリカのかつての民主党政権は応じてきたのですね。

今回のシナリオも、北朝鮮が問題を起こして、中国が六カ国協議を呼びかける。
そして、北朝鮮の核武装を‘支援’するという図式。

前回の六カ国協議では、(核兵器を作るための) 電力を作るために、北朝鮮は各国に重油を要求しましたね。

日本はその要求に応じませんでしたが、日本の代わりにオーストラリアなどが応じてしまいました。

そして、そうして得た核燃料を兵器にして、その実験をして、あらたな「ゆすり」「たかり」のネタにしているわけです。

さて、新たな遠心分離機を公開した北朝鮮は、今度は何を要求するのでしょうか ?

そして、その北朝鮮の要求に対して、アメリカや日本の民主党政権は、どう応えるのでしょうか ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道具を持つとトラになる

気質 ( かたぎ ) なのか

普段は大人しい彼・・・Car07
ところが、デートの車のハンドルを握ると、急にトラに変貌する・・・
そんな事に悩んでいた女性がいました。

そういえば、アニメ 『こち亀』 に登場する 白バイの本田 も、普段はオカマっぽいのに、ハンドルを握った途端に人格が変るという設定ですね。

つまり、アニメのキャラになるぐらいですから、結構、そんな人が多いと思います。

051_2 他にも、キーボードを叩き出すとトラになる人がいます。
普段の言動は静かなのに、キーボードから発信する内容は過激なもの・・・
たとえば、 2チャンネルの住人とか ネットウヨ (右翼)と呼ばれる人の中には、そんな人をよく見掛けますね。

しかし、よく考えてみると、人格が変貌するものは、ハンドルとかキーボードだけでなく、一般的な仕事、スポーツも同じことだと思います。Club_a09

例えば、野球選手にしてもバレーボールの選手にしても、構えた瞬間に、キリッとしますね。
普段は優しい人なのに、場面が変ると戦闘モードになります。

小生の仕事でも、ハンマーを持ったり、旋盤のレバーを握った途端に、顔つきが真剣になります。

そんな具合に、状況が変ると人格が変るのは、民族や国籍を超えた人類の特徴だと思います。

Photo_2 ピストルを持つと、ヒトを撃ちたくなる衝動に駆られるのも、人類の本能のようです。
そんな具合ですから、なかなか戦争が無くならないのは当然なのかもしれません。Photo

酒を飲むとトラになる ? ?
それとは別の次元の話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太平洋岸自転車道

途切れ途切れ

小生の住む静岡は、北に富士山やアルプス山系、南に深海の駿河湾と太平洋・・・と言った具合に、風光明媚なところです。
そして、そこには、東京と京都を結ぶ、東海道が走っています。
つまり、国道 1号線東名高速道路東海道本線東海道新幹線・・・
という具合に、道路と鉄道、国の交通の大動脈が走っているのですね。

しかし、以前は交通の難所でした。
江戸時代の東海道は、箱根の山大井川・・・というように、地形的、政治的な意図で通りにくかった道だったそうです。

実は、今も通りにくい道なんですね。

昔も今も、東海道は徒歩で歩く人でに賑わっています。
ところが、実際に歩いてみると、自動車や鉄道のようにスムースに通れないのです。
つまり、いまだに歩道が整備されていないのですね。

東海道を歩いた人は分ると思いますが、自動車道はあっても、人や自転車ではそのままでは通り抜けれないところがあるのです。

そこで、1973年に太平洋岸自転車道構想が持ち上がり、東海道の自転車道の整備がされるようになったようです。
構想では、1200キロの自転車道のはずなんですが、実際に供用されているのは僅か 384キロ。
しかも、一本につながっているのではなく、途切れ途切れなんですね。

そのなかで、自転車にとって最大の難所は、静岡市から焼津市に抜ける道。
1979年に大火災があった 東名の日本坂トンネル があるところです。

自転車が静岡市から焼津市に抜けるには、国道 150号線の日本坂トンネルを通りたいところですが、そのトンネルは自動車専用道路。
歩道として、東海道自然歩道は通っていますが、そこは人がハイキングとして通れる、いわば獣道・・・。自転車を担いで歩かなければならないわけです。

Photo_2

Photo

そこで、太平洋岸自転車道の地図を見ると、静岡市の海岸から焼津市の海岸までの間が通れるような感じになっています。
しかし、そこは、大崩海岸という風光明媚なリアス式の海岸で、旧 150号線が通っています。

ところが、この道は、大型車両も通行禁止となったほどの狭い道で、自転車ではとても怖くて通りたくない道です。

実際に、たくさんの自転車マンたちが、大崩海岸を通ろうとして引き返してきます。

それでは、どうすればよいか・・・。
大崩海岸を通りたくない時は、国道一号線の他に道はないのですね。
つまり、大回りして、海岸道から山道のほうに迂回しなければならないのです。
そこで実際に迂回してみると、旧 宇津ノ谷トンネルは、いつの間にか 太平洋岸自転車道になっていました。
つまり、海岸から山に自転車道がワープした形になっています。

Photo_3

ですから、東海道を自転車で東京から京都方面に行く人は、太平洋岸自転車道の地図に頼らないで、最初から国道 1号線やその旧道を通ることを勧めます。

最近出来た、平成の宇津ノ谷トンネルは、歩道も完備されて、楽々と自転車も通れます。

・・・・どうしてこんな記事を書くかって ?
実は、本日も、道に迷った自転車マンに、静岡から焼津に抜ける道を聞かれたからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護認定の更新

テストがイヤ

母の介護更新ということで、認定テストに立ち会いました。Photo

今の母の介護度は、「要介護 3 」。

しかし、実際には、介護保険は使っていません。

母は、施設に入るのも、他人から介護を受けるのも拒否しているのですね。つまり、家族以外から介護サービスを受けるのを嫌がっています。

先日も、施設のサービスを受けてもらおうとしたところ、暴力的な行動に出て、周囲の人を傷つけてしまいます。

従って、契約業者も、母を預る条件として「拘束」を認めてもらいたいと言っていましたが、最近は、そういう発言も問題になるということで、体よく断られてしまっているのが実情です。

ですから、介護認定をしてもらっても意味がないのですが、とりあえず更新だけはしておこうと言うことになったのですね。

しかし、その更新の際の「テスト」にも、母は強く抵抗します。

「今日は何日ですか ? 」、「この指は何本に見えますか ? 」・・・・

こんな質問をされるのがイヤみたいです。

さらに、それに答えられないこともイヤみたいです。

プライドが傷つけられると思うのでしょうね。

ですから、更新のテストが終っても、暫くの間不機嫌で暴力的です。

何か、プライドを傷つけないテスト方法はないものでしょうか ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

屋外時計

子ども会2010112510480001

一昨年、拙宅の町内にあった 屋外時計 が、取り壊されたことがありました。
老朽化し、時計の普及にともない不必要になったという理由でした。

それと同じような時計を発見しましたので、写メしてみました。

普段、存在していた時は珍しくなかったのですが、こうして他のところで発見すると、何か嬉しくなってしまいますね。

小生が子供の頃は、毎朝、この時計の下で集まって、時間になると集団登校したものでした。
また、夏休みには、この時計のある広場で、ラジオ体操をしたものでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北朝鮮が韓国を砲撃

着弾、応戦

昨日、黄島の延坪島に、北朝鮮からの砲弾が着弾、韓国も応戦し、砲撃戦となったと伝えられました。
仁川空港からも比較的に近い距離ということで、驚きました。

Photo_2

韓国の軍事演習への報復措置だと、北朝鮮側は言っているようです。
軍事評論家によりますと、北朝鮮側の大砲にる砲撃ということで、十分に準備されたものということで、偶発ではないと分析されているようです。

民間人を狙ったということで、韓国に対して心理的圧力を掛けたとともに、韓国軍・米軍の出方を探っているのではないかと言われています。

その影響で、日本の市場にも変化が見られ、株も下がっているようですね。

それにしても、なぜ ? ?Photo
これも、今年の 3月に起きた、韓国海軍哨戒艦沈没の延長、つまり、北朝鮮の後継者 金 正恩 の‘功績’なんでしょうか ?

北朝鮮は、こうした紛争地域を設けることによって、支援を強要するという脅しを掛けていると思います。つまり、中国の政策と同様な「ゆすり」と「たかり」の体質を改めて露呈したと思います。

国際社会ではこのような北朝鮮を非難しているのですが、中国ロシアも静観の構えのようです。

ところで、韓国は北朝鮮の砲撃に対して応戦したわけですが、日本が砲撃された場合、日本は応戦するでしょうか ? ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高齢者への虐待

過去最高

昨年度の65歳以上の高齢者に対する家族からの虐待件数が、15,615件で 過去最高を更新したと、マスコミが伝えていました。
また、介護施設などの職員による虐待も増え続けているそうですね。

件数が増え続けているのは、高齢者虐待防止法による通報制度が浸透したためで、まだ氷山の一角だろうということでした。

高齢者への虐待、子どもへの虐待・・・・Photo
今、日本の家族はどうなっているのでしょうか ?

ところで、小生も母を虐待しているということで、親戚の人から市の福祉課に通報されたことがあります。
被害妄想の母は、小生から財産が盗まれていると、叔父や叔母に相談し、あわせて身体的な暴力まで受けたというのですね。
実際には、そんなことはなく、母の虚言を真に受けた親類たちは確かめもせず市に通報したという‘お手つき’でした。

また、ある日、鍵を失くした母は、その鍵を小生に盗まれたと思い込み、入り口の錠を交換したことがありました。
そのときにも、鍵屋さんに「息子から虐待されている」と相談し、それを聞いた鍵屋さんは警察に通報。
その情報は、警察から福祉課の職員に伝わったようで、また福祉課の職員が事情を聞きに来ました。

他にも、母は電話を使って虚言を拡散するので、母の電話を停めたことがありました。
すると、叔父から、母の電話を停めるのは母への虐待行為だ・・・と叱られたこともあります。
母は、孫が担任の先生から虐められていると思い込み、その学校の校長先生に電話で‘通報’。
通報された担任の先生は、苦境に立たされ、悩んだそうです。
そういった‘虐め’の事実はなかったのですが、百回近く 電話を掛けたので、仕方なしに小生は母の電話を停めたのでした。
しかし、叔父が母の電話を復帰させてしまい、母は再び、学校に電話を掛けるようになったのです。
そうなると、孫(小生の長男)は、学校に居辛くなり、結局、転校を余儀なくされました。

そういった類のことが、何回もありました。

老人の訴えが、ホントなのか、虚言なのか・・・
認知症が増える中、その見極めが大変なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウインカー

交通規則

本日は、雨です。
雨の日は、交通事故が多いですね。
通勤中、事故車両が交差点を塞いでいましたが、「おまえが ウインカーを出さなかったのが悪い ! !」なんて、怒鳴っていました。

さて、ウインカーといえば、日本の戦車にもウインカーが付いていることは余り知られていません。 ( 写真、赤い丸印 )
戦車も公道で曲がる時は、ウインカーを出しています。

Photo

とにかく、自衛隊と言えども、国の法律には従わなくてはならないのです。
当然、道路交通法も。
しかも、ディーゼルの排ガス規制にクリアしないと、首都圏にも入れません。

気になるのは、もし、本土決戦で、戦車が公道を走る時、いちいちウインカーを出すのでしょうか ?
そんなことをすれば、相手に こちらの動きを察知されてしまうでしょう。

もっとも、本土でしか活躍できない自衛隊の戦車が活躍する時とは、相手国が上陸してきた時で、占領される寸前と言うことなんでしょうか・・・。

そもそも、自衛隊の戦車の存在意義とは何でしょうか ? ?

2

日本の戦車を後ろから見ると、ストップランプ・方向指示器・バックライトがあります。

ところで、戦車に 前後ってあるのでしょうか ? ? ?

【 追加 】

ネットで伺ったところ、戦闘時の戦車は、下の写真のように、方向指示器にカバーを取り付けるようです。

3

| | コメント (13) | トラックバック (0)

良い話 と 悪い話

どうなるでしょう ?Photo

小生は、旅行が好きです。
ですから、数年前までは、観光バスの運転手のアルバイトをしていたほどです。

家内も旅行が好きです。でも、運転は大嫌いみたいです。
そこで、旅行シーズンになると、小生の車の助手席か、観光バスの座席に納まっているわけですね。

そこで、これに関して、良い話 と 悪い話とがあります。

まず、良い話から。

以前、このブログで、家内の くじ運の良さを記したことがありました。
毎年のように、無料のバス旅行が当選するのですね。
なんと、また当選してしまったのです。
今年になってから これで 5度目です。

次に、悪い話を。

ことしも、家内と紅葉狩りを予定しています。
ところが、母の介護など なかなか互いの時間が取れず、ことしはムリかな・・・と思っていました。
しかし、なんとか調整をして、明後日 23日に行くことにしたのですね。

ところが、昨夜から、家内の声が ガラガラです。
どうやら、風邪をひいたようです。
しかも、23日の天気予報は曇り。
楽しみにしていた紅葉狩りが危うい状況です。

どうなるでょうか ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

来年の偶数月

ぞろ目の月と日

カーラジオを聞いていたら、こんな話題が・・・・。

来年の 2月を除いた 偶数月に 特徴があるというのですね。

4月 4日、6月 6日、8月 8日、10月 10日 そして 12月 12日は、何曜日でしょうか ?

偶然なんでしようか ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

えびす構

おいべっさん2010111919510001_2

本日は、当地区の えびす構 でした。
産業、特に商売の神様を祀るということで、たくさんの事業家たちで賑わいましたよ。
また、祭りの雰囲気を味わう若者たちも沢山いました。

小生たち夫婦は若くはないですが、その雰囲気を味わう群集の中にいました。

出店では、縁起物として、飾り熊手 とか 招き猫、福笹が売られ、さらに 沿道では 鯛焼き屋 などの露店も 沢山並んでいました。2010111919500001_2

風もなく、星降る好天に恵まれて、沢山の善男善女が、景気が良くなることを祈っていましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

換気扇の掃除

そろそろ大掃除かな

さて、そろそろ師走ですね。Photo_2
早いもので、今年も第四コーナーを回って直線って感じです。

そして、本日は、風もない小春日和。
昼休みに機械の換気扇の掃除をしてみました。

換気扇の奥を見ると、ホコリ と 油 と 水分 とが、固まっていました。
そんな頑固な汚れでも、最近の工業洗剤を使えば、一発で落ちてしまいます。
スゴイですね。

そして、いままで、ゴー という音がしていた換気扇が、ブーン という音に変りました。

今から、少しづつ掃除をしていけば、年末の大掃除の時は楽勝。

今度は、フィルターの掃除です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんにゃくゼリー判決

消費者が責任を持つべきもの

PL法 (製造者責任法) に照らし合わせても、こんにゃくゼリーには、問題がないという判決が出ましたね。Photo
これは、子供に食べ物を与える両親の問題である・・・という明快な判決です。

たとえば、喉に詰まらせて死亡する例は他にもあり、餅、ご飯、パンでも、それを詰まらせて死亡する例がありました。
日常、主食として食べている食材でも、喉を詰ますことがあるのですね。
要は、食べ方に問題があるようですね。

コンニャクをそのまま子供に与えた親の言い訳として、「ゼリーだと認識していた。」というのですね。
そもそも、それが間違いですね。
自分が実際に食べてみれば、それをそのまま子供に食べさせて良いものかどうかが分るはずです。
名前だけで食品がどんなものか判断するのは間違いですよね。

それにしても、食べ物を確認しないで、子供に与えている親が増えていると思います。
つまり、これは、親が子供に食事を作らない傾向があることを示していると思います。
買ってきたものをそのまま与える・・・
これでは、食育になっていませんね。

子供を失った悲しさ、責任を他に転嫁するのではなく、自分の過失として、反省する必要があると思います。
この場合は、メーカーがこの親を 逆に訴えても良い例だ とさえ思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

トイレの神様 ♪

綺麗にすると神様が・・・

久しぶりに、昼のバラエティー番組「笑っていいとも ! 」の「テレフォンショッキング」を観ました。
小生はこの番組自体は好きではないのですが、このコーナーだけはお気に入りです。
ホストのタモリさんの話術に魅了されていますから。

そして、本日のお客さんは、シンガー・ソングライターの 植村花菜 さん。Photo
トイレの神様』でブレイク中ですね。
お話によりますと・・・
最初、植村花菜 さんは、トイレ掃除が嫌いだったそうですね。
ところが、おばあちゃんに、「トイレ掃除をすると、トイレの女神様が綺麗な女性にしてくれるよ」と教えられ、それ以来、毎日、トイレ掃除をしているそうです。

そこで、本日の 1/100 アンケートでは「子供の頃から、毎日、トイレ掃除をしている人 ? 」。
なんと、2名もいたのです。

小生も、実は、トイレ掃除がスキです。
しかも、素手でやるのですよ。
そうしないと、綺麗になった気がしないのですね。
そこで、工場のトイレは、毎日、小生がしています。

でも、家のトイレは 毎日 掃除をするわけではありません。
もし、毎日 家のトイレ掃除をしていたら、神様は小生を、カッコいい男性にしてくれたかもしれませんね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

白鵬が負けた

297日ぶりの負け

毎日、失敗ばかりを繰り返している小生が、たまに成功すると嬉しいものです。
ところが、世の中には、‘たまに失敗’するのが記事になる人がいますね。

その一人が、大リーグで活躍しているイチロー選手
彼が捕球を捕り損ねると、スポーツ欄の記事になります。
今年のイチロー選手は、エラーが多かったといいます。
・・・・・・それでも、年間、たったの 4回。

もう一人が、東横綱の 白鵬 (25)。Photo_3
昨日の取り組みを見ますと、稀勢の里(24)の張り手で カッ となったような感じの横綱でありました。
連勝が 63でストップ。
双葉山 69 には及びませんでしたが、大記録であることには間違いないですね。

相撲の神様で日本人力士であった 双葉山の記録を、外国人力士に抜かれたくない・・・と言う気持ちが、小生の中にもありましたが、一方、天皇陛下が‘お手紙’を送られたほどの好青年の 白鵬に 新しい記録を塗り替えてもらいたかったという気持ちもあったので、ザンネンとも思いました。

朝青龍が引退して、一人横綱で角界を守っている白鵬。辛い状況が続くと思いますが、頑張ってもらいたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

拉致問題、早期解決を

日本の主権問題

最近は、尖閣、北方、竹島と、領土問題が話題になっていますね。
領土は、その国の主権ですから、絶対に譲ってはいけません。

それと同様に、国民の命も、重要な国家主権の問題です。
国民が外国へ誘拐されることは、これも絶対に許されるべきものではないですよね。

しかし、国民が外国に不当に拉致されたら・・・
その場合は、国が国家の威信に懸けても国民を奪還するものですよね。
例えば、アメリカは、北朝鮮に国民が拉致されると、即刻、元大統領が迎に行きます。

ところが、日本の場合は、国民が北朝鮮に拉致されても、「そんなことはない・・・」と否定してきました。

しかし、大韓航空機爆破事件など いろいろな事件が起こり、日本人拉致が明白になると、ようやく政府が認めました。
拉致から 10年以上も経ってからですよ。

北朝鮮の日本人拉致が始まってから 今年で 35年目とも 40年目とも言います。
いまだに、多数の日本人が、北朝鮮に拉致されたままです。

例えば、1977年11月15日、当時13歳のめぐみさんは新潟市の中学校から自宅に帰る途中、北朝鮮の工作員に拉致されました。

それが、北朝鮮による拉致であったことが分るまで、長い年月がかかりました。
拉致被害者家族らは団結して国に陳情。
しかし、「国交がない」・・・が政治家や官僚の言い訳でした。

1997年、当時の橋本政権に対して北朝鮮は 横田めぐみさんの存在を認めたといいます。
2002年、当時の小泉首相が 直接 北朝鮮を訪れて、拉致被害者の一部を日本に帰国させました。
ところが、北朝鮮は、めぐみさんは既に亡くなっているとして、死亡診断書や遺骨などを送ってきました。
しかし、それは 全てウソであると判明しました。

めぐみさんの両親らは、同盟国のアメリカの大統領にも会って陳情。

その後、めぐみさんの夫であるとされる韓国人が日本の担当官と会ったり、その夫との子供の存在が明らかになるものの、めぐみさんの安否は依然として不明です。

そのままの状態が今も続いていることに、めぐみさんのご両親の心情はいくばかりでしょう。
いたずらに年月が過ぎるばかりです。めぐみさんが拉致されて、本日で 33年目と言います。
今の弱腰外交を続けている民主党政権では、解決が遠のくばかりですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

尖閣問題

中国の思惑

流出ビデオの問題で、公務員の守秘義務というよりも、政府の外交姿勢に批判が高まっています。

野党時代、情報公開を求めていた民主党。与党になっても、核の密約の公開など、情報公開に積極的だと思っていましたが、こと対中問題になると隠蔽体質になるのはなぜでしょう ?

しかし、どんなに隠しても隠し切れないのが‘人の口’。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エコポイント

何にしようか・・・

12月から、エコポイントが下がるということで、薄型テレビを中心に電化製品が売れているそうですね。
拙宅にも、本日、台所用の薄型テレビが届きました。
エコポイントが 7,000点付きましたよ。

そこで、何と交換しようか・・・。
エコポイントのホームページを見ると、たくさんの‘商品’がありますね。
そこで、商品券が便利ではないか・・・と。

結局、家内と長男の嫁さんの意見で、外食レストランで楽しめる グルメカードに・・・。

でも、これだと 6700点で 300点 余ってしまう・・・。
しかし、ポイントは貯めておくことも出来るようなので、これに決定しました。

インターネットで申請書がダウンロードできるので、便利ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義憤

毒杯を仰ぐべきか・・・

尖閣映像流出で、海上保安官の拘束が続いているようです。Photo_3
逮捕するべきか・・・、当局は悩んでいるようですね。

動機が義憤であるにしても、また「機密」が「秘密」でない状態であったとしても、国家機密を漏洩したことには変わりないので、公務員として処罰されることは仕方がないと思います。

それにしても、この保安官は、ネット上でも いまだに「勇者」「英雄」扱いです。
処罰から免れるように嘆願する声が上がっています。
小生も、官房長官は、仙石さんより sengoku38 さんのほうが ふさわしいと思います。smile

ところで「義憤」といえば、 2.26事件における青年兵士田母神論文。今の時期なら 赤穂浪士 を思い出します。
自分を犠牲にしてまでも、国家や君主のために尽くそうとする心ですね。
そして、信義に基づいた行動をして「罰」せられる。
だから、民衆の同情を買い、語り継がれていくのだと思います。

最近の内部告発のラッシュにしても、それによって、偽装や不正経理が明らかになるわけで、他に暴露する方法がないのですね。
しかし、リーク チクリ ですから、内部告発をした者の末路は哀れです。
そこに、「正義」のジレンマがあると思うのですね。

Photo_4 今回の国家機密の漏洩で、困ったのは 中国 と 仙石 さんぐらいで、むしろ国益を考えた場合、良かった面が多いと思います。

保安官の行為によって、日本の機密管理の脆弱性が暴露されて、日本の国際的信用が失墜した・・・と評する人もいるようですが、それは暴露した人が悪いのではなくて、脆弱なシステムを放置した側が悪いと思いますよ。

いずれにしても、ソクラテスが最後の弁明をして毒杯を仰いだように、この sengoku38 さんも刑に服することになるのでしょうか ?

小生は、この保安官がした行動を支持したいと思います。さらに、刑に服することも、あわせて支持したいと思います。「悪法も法」ですからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中高年のドライブ

どこに座るか・・・

秋の紅葉シーズンです。Photo_2
静岡県にも紅葉前線が下がってきました。

そこで、今度の休日に 家内とドライブに行くことにしました。
家内のリクエストで、大井川の川根路 を散策する予定です。

ところで、小生らのように中高年が、夫婦でドライブする姿が よく見られますね。
子育てが終わったり、定年になったりで、2人だけで過ごす時間が増えたからでしょう。

ほとんどが、旦那さんが運転します。
そして、奥さんがその横に座ると思いきや・・・

どうやら、横に座るケースと、後部座席に座る場合とがあるようです。
どちらかというと、後部座席に座っているケースが多いような気がするのですね。

そういえば、小生の父母が元気なころ、よく2人でドライブに行ってました。

ところが、ある日、父が交差点で交通事故を起こしました。
父の一旦停止違反でした。

助手席に座っていた母は、ダッシュボードに顔をぶつけで 大きく腫れてしまったことがありました。

それ以来、母は、父の車に乗るときは、後ろの席にしがみつくようになりました。
しかし、父が亡くなり、小生の車に乗るときは、助手席に座ります。

・・・・と言うことは、後部座席に奥さんが座るということは、交通事故を体験したのでしょうか ?
秋の交通安全週間です。
ゆったりとドライブを楽しんで行きたいと思います。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

今週の週刊文春

最初から知っていた ?

本日の朝刊の広告欄を見ていたら、今週号の週刊文春の掲載項目が載っていました。

1118

なんだ、政府は最初から知っていたのか・・・
そう思わざるを得ませんね。

やはり、政府が流出させたのか ?

昨日、神戸所属の海保職員が自白したということですが、この記事に接すると、自白の信憑性を疑ってしまいますね。

さて、どう‘落とす’のか・・・
これに失敗すれば、政権は自滅でしょうね。

もう、こうなったら「全面公開」するしかないでしょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

老朽化した消火器

役に立たない

11月 8日付けの 『静岡新聞』夕刊の 生活欄 にこんな記事が掲載されていました。

Photo

そこで、拙宅の台所を見ると、この記事にある エアゾール式簡易消火器 があるのです。
どうやら、家内が 10年ぐらい前に、ホームセンターで買ったようです。
裏底を見ると、使用期限らしい数字が記されているのですね。

Photo_2 2

「2006.09」 ・・・・と読めます。
つまり、既に 4年前に消費期限が過ぎているようです。
しかも、容器のところどころに錆が浮いています。

これは、危険です。
破裂するかもしれませんね。

そこで、試しにスプレーボタンを押してみました。

すると、チョロチョロと元気なく液体が出てきました。
・・・・これでは、消火にならない。

ナカの液体を出し切って、缶に穴を開けて、危険物として出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』

バブル破綻を回避 ?

夢のような、コメディー映画です。Go

1990年 3月 30日の 不動産取引融資規制の発表を阻止するために、タイムマシーンを使って過去に行くと言うものです。

2007年、日本の借金は 800兆円を超え、このままでは 2年後に 日本経済は破綻する・・・。
そこで、バブル崩壊の契機となった、不動産取引融資規制を阻止するために、17年前のバブル期の日本に ドラム型洗濯機のタイムマシン で行くと言う映画です。

【追加 11日】 財務省は 10日、今年 9月の末の国債と借入金を合わせた国の借金が 908兆 8617億円となり、過去最高を更新したと発表した。6月末から 約 4兆 7845億円の増加で、国民一人当たりの借金の額は 約 713万円に上がる計算になる。【静岡新聞 2010年 11月 11日 朝刊より】

なぜ、バブルが破綻したのか・・・。
その解釈にはいろいろとあるでしょうが、小生は、たとえこの不動産取引融資の規制がなかったとしても、他の面から不良債権が大量発生し、日本経済は今のように陥ってしまうと思います。

しかし、この映画は、この法律の阻止に成功して、その後の日本経済も膨らみ続けていた・・・というものです。
当然、現在に至っても、赤字国債もないということで、日本の借金も 0 ということなんでしょう。

そんな夢のような話の映画です。

1990年の日本には、今のような、液晶テレビも、携帯電話も、インターネットも普及していない時代です。
しかし、札束が日常的に飛び交っていた時代と言うことですね。

今の時代と 1990年の時代と、選ぶならどちら・・・。
拙宅の子供たちは、不景気でもいいから、携帯電話があったほうがいいということで、現代を選ぶそうです。
しかし、バブル期を知っている小生は、当然、バブル期を選ぶでしょう。
なぜなら、1990年の自殺数が 特に少ないことを見ても明らかです。

しかも、当時の小生は若かった。
だから、過去に戻りたい・・・
でも、絶対に戻れない・・・
だから人生は楽しい ? ? ?

2007年 日本 116分  監督 ; 馬場康夫  出演 ; 阿部寛、広末涼子、薬師丸ひろ子

Go_2_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画 『善き人のためのソナタ』

ベルリンの壁の崩壊の陰にPhoto

本日、11月 9日は、ベルリンの壁 崩壊の日です。
そこで、昨夜、これに関する映画、『善き人のためのソナタ』を見直しました。

この映画は、東ドイツの諜報・監視官だった人が、体制に背いて、反体制派の作家を助けると言うものです。

体制とは、いずれは内部崩壊するという一つの例でしょう。

さて、最近、日本でも 情報漏洩映像流出リーク などが話題になっています。
そこで、学生運動家だった 仙石官房長官が、公務員のリークを厳罰化しようと、国会で答弁していましたね。
実際に政権を担当すると、活動家も体制主義者になるという例でしょう。

この様子から、民主党とは自由のない体制政党であることが よく分ったと思います。

そして、遂に、ビデオ映像の流出。
民主党体制も、内部崩壊している証拠ですね。

アメリカなら、投稿者の割り出しなんて、即日、判明するそうです。
どうやら、政府・民主党は、‘落しどころ’を捜して迷走しているようですね。

2006年 ドイツ 138分 監督 ; フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演 ;  ウルリッヒ・ミューエ/ セバスチャン・コッホ/ マルティナ・ゲデック/ ウルリッヒ・トゥクール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

画像流出問題

逮捕時のビデオはどうなった ?

Photo_2 尖閣沖衝突事件のビデオが流出したことについて、政府もマスコミも黙秘し続けているのが、船員逮捕時におけるシーンを映したビデオ・・・。

一説には、中国漁船に乗り移った海上保安庁職員が海に投げ出され、その職員を船で‘轢こう’としたり、魚を突く モリ で、その職員を突くシーンがあったそうです。

ところが、マスコミも政府も、中国漁船が日本の巡視船に衝突したシーンを映したビデオの流出を問題にするばかりで、それ以上のことには触れていません。

ところで、外国船籍の船が日本の船に衝突することは珍しくありません。
Photo
今年の 1月 6日には シーシェパードの 捕鯨抗議船アディ・ギル号が日本の調査捕鯨団の監視船、第2昭南丸に衝突、航行不能に陥ったことがありましたね。(写真)

また、7 月28 日には、ホルムズ海峡を航行中の商船三井所有の巨大タンカー「M. Star」の船体が損傷した事件がありましたが、これは、、「アブドッラー・アッザーム旅団」というテロ組織が、同タンカーに対して アイユーブ・タイシャーンと名乗る男が自爆攻撃を仕掛けたと声明文を発表しました。

ですから、船の衝突については、国民はそんなに驚かないと思います。
それよりも、むしろ、なぜこんなことを政府が隠すのか・・・。そちらのほうが疑問に思います。

警察の捕り物にしても、犯人と格闘することがあるにしても、中国人が日本人の海上保安庁職員を殺そうとする事は、絶対に許されるものではありません。

そのシーンを映したビデオを見たら、国民の心に火がつくかもしれない・・・と、政府が心配しても、現実にそういうことがあるのなら、隠蔽せずに、相手国に抗議するなどして、国民の安全を守るのが政府の使命だと思うのですね。

むしろ、衝突シーン とか 流出した犯人探し を話題にして、逮捕時の問題から国民を遠ざけようとする意図さえ伺えます。

海上保安庁をはじめ、警察、自衛隊の人が、そうした政府の対応を見て、何と思っているでしょうか。
命がけで我々を守ってくれている人を、国が守ろうとしないのでは、国民が今の政府を信頼できなくなるのは当然だと思います。

もし、政府がそういうことは無かったと言うのなら、無いことの証明をしなければならないと思います。

それをしないのなら、中国人の暴挙があったと思わざるを得ないのですね。

・・・・これって、悪魔の証明なんでしょうか ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャズダンス発表会

悲願の公演

本日は、長女の通っている大学のジャズダンスクラブの公演がありました。

本当は、先月末の大学祭の日に行う予定でしたが、台風による警報が発令され、イベントは全て 中止になってしまったのでした。

大学祭は、今年で 24回目と言うことですが、中止になることは初めてで、この日のために 半年前から準備をしてきただけに、部員らは、なんとか公演が出来るように大学側と掛け合い、本日、大講堂で、予定の公演をすることが出来たのです。

例年ですと、学園祭の当日のキャンパスは、学生や来客で賑わって、ダンスの会場も満杯になるのですが、今回は、ジャズダンスクラブのみの発表会ということで、いつもの半分の入りでした。

2010110710400001

そういうわけで、本日は日曜日でしたが、家内も長男夫婦も、仕事が入っていたのを振り替えてもらって、長女の公演会を見に行ったのです。

なるべく多くの人に来てもらいたいという長女の要請を受けて、小生一家は、全員参加しました。

つまり、小生とその母、家内とその母、長男夫婦、次男とその彼女・・・合計 8人で鑑賞しました。

なんとか公演が出来た・・・という喜びが伝わってくるようなダンスで、小生らは感動しました。
約 1時間の公演でしたが、休むことなく、30人の団員が衣装を替えて、代わる代わる舞台を駆け巡っていました。

親バカと言われてしまうかもしれませんが、完成度の高い演技だったと思います。

ダンスが終了して、部員たちは目的を達成した充足感を味わっていたようでした。

2010110711230001

2010110711070003

2010110711030001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カッパ増殖中 - 3

いつの間に・・・

11月に入って以来、好天が続いています。
一年中、こんな気候ならいいのになぁ・・・と思います。

さて、本日、通りを散歩していたら、またまた カッパ が増殖していました。
今度は、クリーニング屋さんと、工務店さん。
クリーニング屋さんのカッパは、アイロンハンガー
工務店さんのカッパは、ノコギリ カナヅチを持っていました。

Photo Photo_2

せっかくですから、今までのカッパたちも改めて紹介しますね。

Photo_3 Photo_4 Photo_5

Photo_6 Photo_7 Photo_8

Photo_9 Photo_10 Photo_11

Photo_12 Photo_13 Photo_14

Photo_15

小生が確認しただけで、もう 15匹になりました。
今年の 5月に 突然に出現して以来 半年が経ちますが、誰もイタズラもされず、みんな元気に通り行く人を見守っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

モリで突くシーンは ?

尖閣流出ビデオ

政府が意図的に流出したのではないかと憶測される「尖閣ビデオ」。Photo
小生が観ようと思ったときには、既に消去されていました。
この You Tube に投稿されたビデオの長さは 約 44分間ということのようです。
先日、国会で特別に映したビデオの長さは、6分 50秒。
それよりも、そうとう長くなったとは言え、本来、海上保安庁が撮影したビデオの長さは 2時間 40分の長さと言いますから、いずれにしても編集されていることには間違いないようです。

ここで注目されているのは、船が衝突するシーンではなくて、中国人漁船員らが、海に投げ出された海上保安庁の職員を、船で当てようとしたり、モリで突いたとされる場面。

今回、流出したビデオでも、そのシーンは無かったようです。

中国の船が酒の勢いで衝突してきたことについては、国民はそんなに関心は持っていません。
やはり、海に投げ出された日本人を、中国人が殺傷しようとしたことが事実なのかを知りたいのですね。

今まで、未確認の情報でも、東シナ海で、何人もの海上保安庁の職員、自衛隊員、そして沖縄の漁民が殺傷されていると伝えられています。

そうした事実があるのなら、それを世界に公開して、中国に蛮行を止めさせるのが政府の仕事ではないでしょうか ?

そうした事実がないのなら、タイムレコーダー併記のうえ、ビデオの全部を公開すべきでしょう。

いずれにしても、また、公開されるでしょうね。

You Tube で最初に公開されたビデオはスグに消去されたようですが、その後も、これをコピーしたビデオが次々と公開されていて、消去が追いつかない状況のようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

#7119

救急相談センター

Photo_2

まず、このサービスは、東京都民大阪府民を対象としたサービスなんだそうですが、東京都民や大阪府民でなくても応じてくれるそうですよ。
なぜなら、他の道県では、こうしたサービスがないからです。

近年、救急車をタクシー代わりに使う人が増えていることが問題になっていますね。
その対策として、救急車の有料化が取り沙汰されています。

そんななか、病院に行くべきが、救急車を呼ぶべきが・・・
その判断に迷った時に、この電話番号に電話すると適切なアドバイスを戴けるようです。

子供が誤飲をしたとき、どうしたらよいのか分らない・・・
そんな時にも、この電話番号に相談すると、適切なアドバイスをいただけるといいます。

また、小さい子供を持つ母親にとって、どうしたらよいのか分らなくなることがありますね。

そんな時には、#8000 で相談に乗ってくれるそうですよ。
この番号は、子供のことだけでなく、小さい子供を持つ親の悩みも聞いてくれるそうです。
ですから、育児に戸惑ったときに、迷わず使える番号ですね。

Photo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スポーツの秋

夜でも見える

本日は、国民の祝日とあって、全国各地で、文化祭、スポーツ祭があったそうですね。

東京の神宮の杜でも、野球東京六大学野球の決勝、早慶戦。100代目主将、斉藤率いる早大が優勝しました。
その隣の国立競技場では、サッカーヤマザキナビスコ杯の決勝があり、静岡のジュビロ磐田が 12年ぶりの優勝を飾りました 。
さらに、その隣の秩父宮ラグビー場では、関東大学対抗戦があり、早大と明大とが勝ち進みました。
三会場で、合計 10万人のスポーツファンで賑わったそうですね。
地元静岡でも、スポーツ祭、福祉祭、文化祭、音楽祭と、イベントが目白押し。
晴れ渡った青空の下、あちらこちらから歓声が沸いていました。

さて、小生はと言いますと、母を連れて墓参り、そしてお地蔵さん参りをしてきました。Photo
本日は、いろいろなイベントが多いせいか、墓地には誰もいませんでした。
ですから、ゆっくりと墓参りが出来ました。
家に帰ると、母は疲れたせいか眠ってしまいました。

そこで小生は、独りで近所を散歩しました。
午後 5時になりますと、一気に空が暗くなります。
その時、近くの工場のグランドで、少年サッカーの決勝戦をやっていましたので、暫く 観てみました。

東京では、野球もサッカーもラグビーも、凄い試合をしていたそうですね。

この少年サッカーも、凄い熱戦で思わず見入ってしまいました。

Photo_2 辺りが真っ暗だと言うのに、子供たちにはボールが見えているようでした。

小生も 35歳のときまで、夜でもよく見えたものでしたが、近視になるとともに、暗くなると全く見えなくなりました。
そして、今では、夜は全く見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和主義では・・・

なぜダメなのか・・・

本日は、文化の日です。
今の日本国憲法が公布された日です。

この、日本国憲法の理念の三大柱が・・・

  1. 主権在民
  2. 基本的人権
  3. 戦争放棄

・・・と、中学校の時に教えてもらった記憶があります。

さらに、当時の社会科のセンセイから、「日本は戦争をしない国だから、外国から攻められることはない・・・」という解説まで戴きました。

暴力反対、無抵抗主義が、人として最高の理念であると言うのですね。

戦争体験者も、「戦争なんて絶対してはいけない。あんなことをするのなら、最初から負けたほうがよい・・・。」と、異口同音に言います。

確かに、暴力に遭うのは嫌ですし、それによって殺されるのは もっと嫌です。

しかし、現実の社会では、日本でも親が子を殺し、子が親を殺し、学校・会社・地域でも イジメ が横行しています。

先日も、通行人が通り魔に殺されました。

交通戦争では、沢山の人が 毎日 死んでいます。

暴力が嫌・・・だと言いながら、家庭でも社会でも暴力があるのが現実です。

これは、良いとか悪いとかの問題ではなくて、人間には本質的に「善と悪が混在している」証拠なんですね。

その人間の本性でもある「悪」を 否定・抹殺 することが果たして可能なことなのか・・・。
それは、つまり、自分自身が、完全無欠の善人になれるのか・・・という問題と同じだと思うのですね。
自分には悪があるのに 他人の悪を否定したり憎むことは 矛盾していないか・・・と、小生は 平和主義者らに問いたいのです。

暴力のない 平和 な 理想世界の実現・・・は、人間の本性に「悪」がある限り、それは無理な話だと思います。

それよりも、悪の存在を認めて、それとバランスよく向き合うことの方が現実ではないでしょうか ?

平和主義者の人たちの意見を聞くと、まるで宗教の信者のように、自分の理念に固執しているように思います。
自分の考え方が 唯一正しくて、高邁な自己思想に酔っているような印象さえ受けます。

そして、暴力や戦争を非難しています。

ところが、ご自分の「否」については、全く話しません。
恐らく、ご自分には「否」なんて無い・・・と、お考えなんでしょうか ?

小生も、戦争も暴力も嫌です。
爆死するなら畳の上で死にたいです。

しかし、残念ながら、自分の死を選べないのが人間の現実ではないでしょうか ?

そして、そうした死を選べなかった先人・先輩のお陰で、今の世の中があることも事実だと思います。

今の世界は、政治も経済も、力学的なバランスで均衡を保っている・・・という現実があります。
軍事勢力なんて、特にバランスが大事だと思います。

日本の政権が民主党に代わり、自他共に認める「柳腰外交」によって、政治的な外交バランスが崩れると、即座に、隣国たちは反応して、日本の主権を脅かしています。

尖閣諸島にしても北方領土にしても、中国やロシアは、日本の外交に舐めてかかっています。

島根県の竹島には、1954年 7月から、韓国軍が実効支配しています。

そこで自民党は、平和憲法では主権は守れないと言うことで、憲法改正の理念の下、1955年 11月に結成されました。
そして、平和憲法という足かせがありながら、憲法の拡大解釈を重ねて、現実的な対応をしてきたのですね。

ところが、民主党政権に替って、そうした対応を怠ったために、一気に、外交的に攻め込まれています。

そして、次に、軍事バランスが崩れた時に、戦争が始まるのですね。

その戦争をするのかしないのか・・・を決めるのは、日教組のセンセイ方をはじめとする 平和主義者ではないのです。

相手方が攻め込んできたら、そこで戦争が始まるのですね。

人類の歴史は、戦争の歴史です。その歴史は、今の日本でも続いているのですね。

戦後、何万人もの漁民や自衛隊員がその犠牲になっているのですが、そのことを知らない、あるいは知ろうとしない日本人が多いのに驚いています。

こうした現実を、日本人として知る必要があると思います。

【参考】

近年、ロシアの警備艇の発砲で、日本の漁師が亡くなりましたが、そうした漁師の災難は今に始まったものではありません。たとえば・・・

李承晩ライン(李ライン)

1952年、韓国の李承晩大統領が行なった、一方的宣言によって規定された領海水域。 同宣言により朝鮮半島周辺(最大二百マイル)の水域内に存在する、すべての天然資源、水産物を利用する権利を主張した。日本側はこのラインを認めず、結局65年の日韓漁業協定で李承晩ラインが廃止されるまで、韓国軍による日本漁船の拿捕が続いた。
李承晩ライン廃止までの抑留者数・拿捕された船の数および死傷者数 。

抑留者数:3929人
拿捕された船の数:328隻
死傷者数:44人

死者の中には、娘が生まれたばかりの若い漁師も居た。
赤ん坊は、生後数ヶ月で父を殺された。
抑留された被害者は、日韓漁業協定が成立する1965年まで抑留され、韓国に人質として利用された。 その年月、最大13年。
日本政府は、彼らを帰してもらうために、在日朝鮮人の犯罪者を仮釈放して、在留特別許可を与えた。その犯罪在日朝鮮人の数、472人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

文化の日

明治天皇の誕生日Photo

本日は、文化の日 ということで、国民の祝日 です。
この日がどんな日なのか、ヤフー百科事典 で調べてみました。

文化の日

11月3日。「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことが趣旨の国民の祝日。1948年(昭和23)制定。46年のこの日公布された新憲法の精神に基づき、平和と文化が強調されているが、この日を祝日としたのは、47年まで四大節の一つの明治節明治天皇誕生日)だったためもある。皇居文化勲章の授章式があり、芸術祭がこの日を中心に開催される。晴天の日が多い気象上の特異日としても有名。

 【引用終わり】

文化の日とは、今の日本国憲法が公布された日・・・だとばかり思っていたのですが、明治天皇の誕生日でもあったのですね。

明治 と言えば「富国強兵」に邁進していた時代だったと習った記憶があります。

さて、今の日本はどうでしょうか。

政権が民主党になってから、判断できない日本と言うことで、外国からは舐められています。

特に、基本的な主権問題である領土の維持・確保では、尖閣諸島での拙稚な対応で、中国からもロシアからもバカにされた感じです。

また、普天間基地問題でも、問題を振り出しに戻してしまったままで、沖縄もアメリカも困った状態が続いています。

さらに、経済的にも孤立し始めています。

民主党は、色々考えの人が、数合わせのために集まった政党で、平和主義的な要素がありますね。

日本国憲法は、戦争を放棄した まさに平和主義な憲法ですが、それでは、主権が守れないことは、今回の一連の領土問題でわかったと思います。

今一度、憲法を見直して、速やかに改憲してもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽自動車税、増税へ

減税の次は、増税へ

本日の夕刊を見て、ガッカリしました。
どうやら、軽自動車税を引き上げる構想があるようですね。

その代わり、小型車に掛かる税金を引き下げて、軽自動車と小型車との‘格差’を縮めようとするのだそうです。

281409

以前から、軽自動車の‘枠’が撤廃されるのではないだろうか・・・と懸念されてきましたが、実際的になりました。Photo_2
日本の産業を支えてきた「ケットラ」も、増税とは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

年賀状発売

もう年末

本日、事務員さんが年賀状を持ってきてくれました。2010110112590000
そういえば、先月、注文した覚えがあります。
・・・・もう、そんな時期なのか・・・。

でも、本日の最高気温は 25.3℃。
11月なのに 夏日 ですよ。
でも、日が沈むころには急に寒くなりました。

写真は、年賀状と おまけの ポスト型マグネット。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母の表情

笑いと涙

昨日、長女の通う大学で、大学祭が行われました。
本来は、一昨日が初日の予定でしたが、台風で流れてしまい、初日のイベントは全て中止。
でも、昨日の二日目のイベントは行われたので、母を連れて見に行くことになったのです。

母は、皆が集合している場所で、突然、奇声を発することがあるので、冠婚葬祭にも出られないのですが、爆音を発する学園祭の会場では、母の奇声も消されるだろうと思い、思い切って連れて行きました。

閉じ篭もってばかりの母ですが、なんとか行く気になってくれたので、車に乗せたのですね。

さて、長女のジャズダンスクラブは、初日の舞台公演は中止になりましたが、二日目の屋外ライブは、学生ホールに場所を移して開催。2010103115460001
狭いホールも、観客で一杯になりました。(写真)

大音量のヒップホップの音楽に乗って団員たちが踊りだすと、母も反応して声を発していたようでした。
そして、自分の孫が踊っているのが分る様子でした。

帰り際に、母がうっすらと涙を浮かべていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »