« 美脚の秋 | トップページ | エンジン警告灯 »

キンモクセイにも異変

今年は香が薄い 

今年の猛暑で、稲作にも異変があったと報じられています。
そう言えば、例年になく 花の咲き方が違っていますね。

ところで、今年は何か寂しい・・・と思ったら、いつもなら漂ってくるキンモクセイの香がないのですね。

散歩をすれば、あちらこちらから漂ってくるモクセイの香が楽しめる季節なんですが、今年はそれがないのです。

拙宅のキンモクセイも元気がないのです。
その代わり、今も尚、セミの抜け殻が モクセイの葉にしがみついています。

2010_3

今までの咲き方 (左)と、今年の咲き方 (右) とを比較すると良く分りますね。

Kinmokusei 2010100508180000

|

« 美脚の秋 | トップページ | エンジン警告灯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ええ!?
東京駅近辺でもきんもくせいの香りはけっこうしますよ
この香りをかぐとなんだかとてもうれしくなります

投稿: 佐為 | 2010年10月 5日 (火) 18時02分

佐為さま、ありがとうございます。
東京駅近辺にキンモクセイがあるのですか ?
もっとも皇居にはありそうですね。
拙宅のキンモクセイは、全く薫らないわけではないのですが、例年と比べて香が薄いのですね。
近所のキンモクセイもそんな感じでした。
これが匂わないと、秋になった気がしません。

投稿: あらま | 2010年10月 5日 (火) 19時01分

春は沈丁花
秋は金木犀

季節の移り変わりを感じる香り。

色々あった今年も
もうすぐ終わりです。

投稿: sue | 2010年10月 6日 (水) 09時08分

「桂林は金木犀のふるさとで金のほかに銀とか色々あるよ」と聞いた時”静岡県の木”のふるさとが中国の田舎かと思ったことを思いだしました。

投稿: taka | 2010年10月 6日 (水) 12時31分

sue さま、本当に時の過ぎるのは速いですね。
でも、香りとともに季節の移り変わりが楽しめるのも、日本独特の文化で良いものですね。

投稿: あらま | 2010年10月 6日 (水) 12時44分

taka さま、ありがとうございます。
‘お茶’の木も、昔、お坊さんが中国から持ってきたものなんだそうですね。
そうしてみると、中国が原木で、日本で茂っている木が多いですね。
その中国の森林が破壊されていると言うことで、大きな問題になっているようですね。

投稿: あらま | 2010年10月 6日 (水) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49654285

この記事へのトラックバック一覧です: キンモクセイにも異変:

« 美脚の秋 | トップページ | エンジン警告灯 »