« 原始家族 フリントストーン | トップページ | 賃金未払い »

ゆで卵

コロンブスの卵は美味しい

ビデオに録画した映画でも観ようと思ったら、一昨日放送された NHK の『ためしてガッテン ! 』という番組が映りました。

どうやら家内が録画したようです。
(家内は、この番組が大好きなようです)

そこで、今回のテーマは『ゆで卵』。Photo_3
これを剥 (む) きやすくて、美味しく食べる方法を教えてくれました。

キーワードは、二酸化炭素
二酸化炭素は環境問題でスッカリ悪玉にされてしまいましたが、ゆで卵の場合でも、二酸化炭素は悪玉扱いでした。

どうやら、卵の殻を スポッと抜けさせるには、卵の中の二酸化炭素を取り除けば良いみたいです。

つまり、産みたての卵は、二酸化炭素が多いようです。
二酸化炭素が多いと、卵の殻はスンナリとは剥けてくれないし、しかも美味しくないそうです。
そこで、時間が経つにつれて、卵から二酸化炭素が抜けて、一週間から二週間ぐらいの卵が美味しくて、卵の殻も楽に剥けるということです。

ためしてガッテン ! 』では、産みたての卵でも美味しくて剥けやすくするために、卵から二酸化炭素を抜く方法を教えてくれました。

それが、コロンブスの卵Photo_5
コロンブスは、卵を立てさせる方法を示しました。
それは、卵の底を軽く割るという方法でしたね。

実は、ゆで卵を美味しく殻も剥けやすくするためには、コロンブスの卵のように中身が出ないように、底を軽く割ると良いみたいです。

その理由は、卵の底には ‘気室’という空気が入っている部分があり、そこを割ることによって、茹 (ゆ)でたときに二酸化炭素が出やすくなるそうです。

2010100410220000_2 実際に、底を割った卵を茹でてみると、割れた底から ブクブクと泡が出てきます。
殻も ツルン ! と剥けて、しかも美味しいのですね。

右の写真が、実際に茹で上がった卵の底ですが、気室の部分を割っても中身が出てくることはありませんでした。

これからは、新しい卵を コロンブスのようにして美味しく戴こうと思います。

さて、卵のイラストを描いたわけですが、卵を正確に描くということは案外 難しいのですね。Photo_4

そこで小生は、ウインドウズのペイント機能を利用して、楕円を組み合わせて見ました。
なにか、ズングリとした卵の形になってしまいましたね。

|

« 原始家族 フリントストーン | トップページ | 賃金未払い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

なるほど~底を割るといいんですね。
あとちょっと古くなっちゃったかしら?と思う卵はゆでるとおいしく頂けるのですね。
これは使える!

投稿: しーな | 2010年10月 1日 (金) 05時33分

色々な意味をもつコロンブスの卵ですがまたまた面白い発見ですね。
美味しいゆで卵には二酸化炭素が悪玉ということですが黄身も悪玉として扱われていますね。
運動選手は白身を食べて黄身は捨てるとか。
もったいないと思うけど・・

投稿: mr.t | 2010年10月 1日 (金) 10時37分

しーな さま、ありがとうございます。
底を割る時は、中身が出ないように、ソッと割ってくださいね。
卵が古いほど美味しい・・・というのは、ナマの鮪もある程度置いたほうが美味しいという理屈と似ているのかもしれませんね。

投稿: あらま | 2010年10月 1日 (金) 12時41分

mr.t さま、ありがとうございます。
卵は全ての栄養が含まれている完全食品ということで、黄身も重要な部分らしいです。
硫黄が含まれているとか、コレステロールが高くなると言われていますが、そんなこと無いそうですね。
黄身を捨てるなんて、勿体無いですね。

投稿: あらま | 2010年10月 1日 (金) 12時43分

言わずもがな、卵は学生の味方です。

ただ私は目玉焼き、卵焼きがデフォルトでゆで卵はあまりやったことありませんでした。たまに破裂するのがトラウマで・・・。

今度試してみますね~。

ちなみにマメ知識を一つ・・・ゆで卵は机の上でぐるぐる回転させて、止めると止まりますが・・・、生卵を回して一瞬止めても再び廻り始める!不思議!生卵は生きている!

投稿: ある大学生 | 2010年10月 1日 (金) 17時58分

ある大学生さま、ありがとうございます。
その方法は、その卵が 生卵か ゆで卵かを見分ける方法になりますね。

投稿: あらま | 2010年10月 1日 (金) 18時11分

生卵のにせものには笑っちゃいますね。
手間だと思うけど安いですね。

ところで にせものはゆで卵になるかな。
スクランブルができるのだからできるのですね。
二酸化炭素の味への影響は?

投稿: taka | 2010年10月 1日 (金) 19時19分

taka さま、ありがどうございます。
何でもアリの中国では、卵のニセモノも有名ですね。

http://qdweb.blog65.fc2.com/blog-entry-31.html

卵のニセモノは、ゼラチンと石膏などで出来ているといわれています。
中国では、卵は 1ヶ 3円ぐらいでしょうか。
ニセモノはそれより安い。

さて、同じニセモノでも、日本の「カニ蒲」は立派だと思います。
中国の卵は、食べるとニセモノだと分りますが、日本の「カニ蒲」は食べてもニセモノだと分らないですね。

投稿: あらま | 2010年10月 2日 (土) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49607506

この記事へのトラックバック一覧です: ゆで卵:

« 原始家族 フリントストーン | トップページ | 賃金未払い »