« エンジン警告灯 | トップページ | 2人の日本人にノーベル化学賞 »

エンジン警告灯 - 2

ノックセンサーの交換

さて、前回に引き続き、家内の車の修理の話題です。

早速、ディーラーに車を診てもらったら、「ノックセンサー」 ( 写真 - 右 ) に異常があって、交換の必要があるそうです。( 17番 ) ←3

見積もってもらったら、部品代と交換費とで、 15,540円
前金でお願いしますと言うことでした。
その前金を支払えば、それから部品を頼んで、2~ 3日後には 修理ができると言うことなので 頼んできました。
とりあえず、そのまま乗っていても大丈夫ということです。

2 (そのセンサーは、エンジンブロックの裏側にあるということで、結構、交換に手間取るそうですね。 でも、工具次第で、簡単に交換できるそうです。 写真 -左 )

そういうわけで、財布が 一気に軽くなりました。

さて、ネットで スズキのノックセンサーについて調べてみました。
結構、頻繁に交換しているようですね。

|

« エンジン警告灯 | トップページ | 2人の日本人にノーベル化学賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

エンジンの不具合ではなくセンサーの問題ですか。
自動車はセンサーやLSIや電子部品の塊で複雑ですね。
電気自動車の修理は電気屋・・なんてね。

投稿: taka | 2010年10月 6日 (水) 12時12分

taka さま、コメントをありがとうございます。
今のハイブリットカーは、今までのエンジン自動車修理工では直せない部分が多く、頭を抱えてしまっているようですね。

センサーの不具合・・・
・・・これも、メーカーが仕掛けた‘時限爆弾’なのかな・・・
なんて勘ぐってしまいます。

投稿: あらま | 2010年10月 6日 (水) 12時42分

こんにちは。

交換費・工賃だけでもかなりの額ですからこういうのはできれば自分で交換したいところですけど、そのたびに工具を買ってこなければいけないので結局何もできない・・・。
本当はガレージを建てて車を保管したいんですけど今は無理ですねhappy01
ずっと無理かな・・・。

投稿: まさたみ | 2010年10月 6日 (水) 19時54分

まさたみ さま、ありがとうございます。
この程度の‘故障’なら、小生が乗る車だったら、交換しないで乗り過ごしてしまうと思います。
でも、家内が乗る車ということで、センサーの不具合には不安が付きまとうので、交換することにしました。
こうしたセンサーの交換は、メーカーの‘隠し技’が潜んでいることが多いので、ディーラに頼むことにしました。

マイ車庫が欲しいですね。
拙宅は、カーポートで我慢しています。

投稿: あらま | 2010年10月 6日 (水) 20時14分

結果的にはサンサーの半断線のような感じで車本体の不具合ではないようでよかったですね。
あらまさんの言われているこの手のタイマーで有名なソニーの設計に聞いたことがありますが返事はありませんでした。

それにしても自動車の故障は少なくなりましたね。
昔に比べるとエンジンルームは部品でいっぱいですね。

投稿: taka | 2010年10月 7日 (木) 08時44分

taka さま、ありがとうございます。
このノッキングセンサーが不具合でも、別に走行には問題ないようですね。
ただ、それを外せば、ずっとエンジン・チェックランプが付きっぱなしと言うことで、それを消すにはコンピューターのプログラムを書き換えなければならないようです。
結局、正常品と交換しないとチェックランプは消えないようです。
なんとも、面倒な仕組みですね。

確かに、自動車の故障が少なくなりましたが、電子制御になってからは素人には手が出ないところが多いですね。

投稿: あらま | 2010年10月 7日 (木) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49663840

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン警告灯 - 2:

« エンジン警告灯 | トップページ | 2人の日本人にノーベル化学賞 »