« 奇跡 を起こした 原動力 - 1 | トップページ | 奇跡を起こした原動力 - 3 »

奇跡 を起こした原動力 - 2

リーダーシップ -1

引き続き、チリの落盤事故からの救出劇が成功を収めた理由について考えて見たいと思います。
前回は、チリの国民性が優れていることを記しました。

今回と次回は、陣頭指揮に立った大統領の判断と、地下 700メートルに閉じ込められたリーダーの判断について考えて見ます。1

まず、落盤事故の発生から 17日目に、33人全員の生存が確認されるや、チリの大統領は自ら現地を訪れ、それを世界に向けて叫んだわけです。
つまり、この救助活動が、国家の威信を賭けた国家的なプロジェクトとして位置づけたわけですね。

それに応じるかのように、世界のマスコミは一斉に関心を寄せ、リアルタイムに世界に発信しました。
また、大統領は、現場に救助村をつくり、インターネットの設備を整えました。
そのことによって、世界は、現場では何が行われ、何が不足しているのか、正確なことがリアルタイムに分ったわけです。

その結果、世界中から最高の技術が集結しました。

日本からも、ソニーが、直径 10センチ、長さ 700メートルの穴を通ることが出来る高性能のビデオカメラを贈りました。

そのカメラが映し出す高品質の映像と音声が、救助村の家族に届けられて安心を与えただけではなく、それが高画質のまま世界に発信され、地下 700メールの様子が、詳細に共有できたのです。

そのカメラから伝わった情報が、奇跡を生んだ一翼を担ったのですね。

このように、大統領がマスコミやインターネットを最大限に利用することによって、奇跡が実現できたわけです。

しかし、反面、それが、大統領の政治利用と批判され、更に、作業員のプライバシーまでもが世界中に知れ渡ってしまいました。

しかし、チリの政治的な最高権力者である大統領の陣頭指揮がなければ、こうした奇跡が起こらなかったと思います。

外務省の広報で チリの大統領の経歴を見ると、彼は、学者であり、実業家であり、投資家で、資産家でもあるのですね。
つまり、即、実行・・・タイプの人のようです。

ところで、もし、日本で同様な事故が起きたら、菅首相は事故現場に急行して陣頭指揮を執るでしょうか ?
救助された人と一緒に 高らかと 「君が代」を歌うでしょうか ?

たとえば、尖閣諸島の問題でも、菅首相は中国を刺激するということで 中国人船長の解放が 自らの判断ではなかったと強調し、地方検察に責任を転嫁していますね。
そんな態度では、国民の信頼を得られる筈がありませんよね。

|

« 奇跡 を起こした 原動力 - 1 | トップページ | 奇跡を起こした原動力 - 3 »

話題」カテゴリの記事

コメント

大統領の人気取りだ
という意見を差し引いても有り余るほどの
行動力と世界へのアピール力。

希望や光が見えているからこそ
助かる!という精神力も続いたと
思います。


自己の保身のみの集団に
自国の未来を任せてしまった私達。
希望や誇りは持ちにくくなりますね。


それにしても
33人の方々の今後の人生。どうなるんでしょう。

いつでもそうですが
プライベートに立ち入り過ぎの
過剰なマスコミはちょっと、、、、

投稿: sue | 2010年10月16日 (土) 09時21分

こんにちは。

日本の首相でも一応現場へは行くでしょう、陣頭指揮ではなく“視察”で。
いろいろ忙しいでしょうから菅さんだけでなく他の党の首相でも同じでしょうね。
それに日本では救出するまでにいろいろ検討・手続きすることがありそうですから大変です・・・(皮肉ですよ!)。

投稿: まさたみ | 2010年10月16日 (土) 19時28分

 政治家の責任転嫁はトカゲのしっぽ切りと良く言われます。

 しかし、今回は検察組織と言う、司法3極の内、治安と正義のために行政が担当する事を許されている重要な「手足」を切り捨ててしまったように思えます。

 こんな状況を見てしまっては、他の手足や胴体も頭を見放して自分から離れて行ってしまうでしょう。

 手足も胴体も無しに、そのトカゲの頭は一体何をするつもりなのでしょうか。まぁ全然面白くもないですが、その頭が精々のたうちまわる様を生温かく見守っていきます。

 さてさて、本日6時、7時のNHKは、本日中国で起こった2000人規模(主催者発表)の反日デモをトップニュースで大々的に報じました。10月2日の渋谷だけで2670人集まった反中デモは一切報じなかったのと比べ、対応がこうも違うのはどう言う事なんでしょう。NHKはいつの間に中国国営放送となったんでしょうか。

 この状況は、何か物を壊さなければもしくは一部が暴徒化して警官隊と衝突して良い絵が取れなければデモや集会に意味は無いとの誤ったメッセージ(実際そうなのかもしれませんが)を主催者に与えるものです。マスコミは自分らがこういう事をすることで暴力の連鎖の片棒を担いでいる事を理解していないんでしょうか。

 また、本日東京で行われた集会の事も一切報じないじゃないですか。中国のデモがこれに対抗するものであるという見方が大方であるのに。

 今回のニュースを報道しないなら分かります。あぁ、大手マスコミはそう言う直接民主主義に否定的になったんだな、安保闘争の頃から進化したなと納得できたかもしれません。

 これは久々にはらわた煮えくり返る所まで来たので少々長々とコメントしてしまいました。失礼しました。

投稿: ある大学生 | 2010年10月16日 (土) 19時56分

救出された人達と地上にいて救出した社員との問題など案の定 色々な問題が噴き出てきましたね。
欲がからむことは大統領や政治家だけでなく一般市民も一緒ですね。
それにしても九死に一生のつらい体験をしたとはいえこの取材料は高いか安いか?
難しい問題ですね。

投稿: taka | 2010年10月16日 (土) 20時32分

sue さま、コメントをありがとうございます。
ちょっと出掛けていたので返事が遅れてしまいました。

本日(18日)のマスコミの報道によりますと、救助された人たちは、その体験を口外しないように緘口令を守っているようですね。
どうやら、みんなで まとまって「本」を出すようです。
スゴイ組織力ですね。

投稿: あらま | 2010年10月18日 (月) 20時02分

まさたみ さま、ありがとうございます。
ちょいと外泊していたので返事が遅れてしまいました。
さて、煩雑な手続きをしていたら間に合わなかった・・・というのが日本の公務員の姿です。
その分、民間のボランティアの働く余地が生まれています。

投稿: あらま | 2010年10月18日 (月) 20時05分

ある大学生さま、毎度ありがとうございます。
ちょいと外泊していたので、返事が遅れてしまいました。
さて、日本のマスコミは、中国に取材協定みたいなものを認めさせられて守らされていますね。
中国の都合の良いことなら報道しても良い・・・
中国の都合の悪いことは、自主的に報道しない・・・
全く中共の‘犬’です。

投稿: あらま | 2010年10月18日 (月) 20時09分

taka さま、ありがとうございます。
ちょいと外出をしていました。
さて、作業員たちの特異な体験にどんな値段がつくのか・・・
とにかく、今までの生活から一変しているようですね。

投稿: あらま | 2010年10月18日 (月) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49747800

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡 を起こした原動力 - 2:

« 奇跡 を起こした 原動力 - 1 | トップページ | 奇跡を起こした原動力 - 3 »