« 今年の漢字 | トップページ | 奇跡 を起こした原動力 - 2 »

奇跡 を起こした 原動力 - 1

愛国心 に 信仰心

チリの落盤事故から生還した 33人の鉱山作業員ら。2
この「奇跡の生還」を果たした原因を、筆者なりに考えてみました。

まず、チリと言う国は、日本との時差が サマータイムということもあって現在 -12時間。つまり、地球の裏側に位置していますね。
しかも、巨大地震が よく発生する国です。
特に 1960年 5月 22日の地震は マグニチュード 9.5 と言われ、有史以来 世界で最も巨大な地震だったといわれています。
その地震で発生した津波が、地球の裏側から日本に届くのですね。
今年の 2月 27日にもそういうことがありました。
その津波に備えて、小生の住んでする静岡県の沿岸でも高い堤防が作られています。

次に、チリには豊富な鉱物資源があり、特に銅の生産は有名ですね。
そういうわけで、坑道の落盤事故が絶えないようです。
今回も、こうした緩んだ地質が落盤事故を起こし、絶望的な状況が作られたわけです。

そういう状態からから、作業員らはどのようにして希望を持ち続けることが出来たのか・・・。
それは、チリの国民性が高いからだと思います。
これは、世界が認めました。

テレビの映像から見るチリの人たちからは、南米特有の明るさを感じますね。
また、サッカーの強豪国としても知られ、その身体能力も抜群です。
しかし、今回の救出劇で、チリの国民が、冷静さとともに粘り強い気質をも持ち合わせていることが証明されました。
そして、リーダーを信じて組織を形成。そうした組織力を維持する能力もあり、これはスゴイことだと思います。

その組織力を維持する原動力は どこから来るのか考えてみたのです。Photo

それは、チリの国民が 愛国心信仰心 を持っているからだと思います。
救出劇では、何度もチリの国歌が斉唱され、チリの国旗が広げられました。
チリの国民が自国を愛し、誇りに思っていることが伺えます。

さらに、チリには敬虔なクリスチャンが多いそうですね。
救出劇でも、作業員らが神を口にしていました。
つまり、神を理解して信じていましたね。

ところが、こうした愛国心とか信仰心は、今の日本人にはあるのでしょうか。

Photo_2 今の日本の首相も官房長官も、日本の国歌国旗が嫌いだと公言している人たちです。

そうした人たちをリーダーに選んだ日本国民の不幸は、まだまだ続きそうです。

|

« 今年の漢字 | トップページ | 奇跡 を起こした原動力 - 2 »

話題」カテゴリの記事

コメント

救助カプセルを引き上げた神州第一号起重(上海三一集団が設計生産したSCC4000型起重機)はどの国(エンジニアがうろうろ)か皆知っていますが 映像システムを寄贈した会社はどこの国か知りません。
世界に知られているようで知られていないのも愛国心が薄いから そんなことは気にならないからでしょうね。

投稿: taka | 2010年10月15日 (金) 11時57分

taka さま、ありがとうございます。
チリの大統領は、日本にも援助の要請をし、政府はそれに応えています。
次回は、それを記事にしようかと思います。

投稿: あらま | 2010年10月15日 (金) 15時58分

 出てきてまず神に祈る彼らに違和感を覚えてしまった、宗教を知らない世代の私であります。大統領すらも普通に神を称えられる環境が想像もつきません。

 お祭りと言えば友人と珍しいファッションをして遊びに行くテーマパークのようなもの。求めるのは出店と花火と人いきれの雰囲気。

 神などと一言言っただけで奇人か変人か新興宗教か。そんな麻薬に浸かってるのはどうしようもないとでも言わんばかりの環境。

 日本は最高の社会主義国家だと言うジョークがありましたが、こんなところでもそんな感じがするような。ソ連とは全く逆ですが、人の精神と言うものを不可侵として触らないことで、その内面の奥底から動くと言う事を忘れてしまっている気がします。

 自分の意見が通らないと軽々しくそのコミュニティからの脱退を盾にその内容の変更を求める自己中心主義者たち。八百万の神々の国で、今やそれぞれに自分勝手の神が宿っているようです。ニーチェも驚くでしょう。

 ・・・3回生の後期から就職活動を始め、先輩方との最後の時間を緊密に過ごせない上に、入れ替わり立ち替わり欠席して3分の1が常にいないゼミを嘆きつつ、大学の研究が本当に社会に活きているのかを疑いつつ。

投稿: ある大学生 | 2010年10月15日 (金) 17時19分

生還した人たちが国歌を歌う!

感動しました

日本ではありえないか?

サッカーならどうかな?

スケートで日の丸をもってリンクを滑ったのを忘れません

投稿: 佐為 | 2010年10月15日 (金) 19時24分

ある大学生さま、ありがとうございます。
ニーチェが神を殺してしまい、昭和天皇が人間宣言をして、日狂組(あれ、字が間違っているかな )が道徳教育を否定し、日本はスッカリ 無神の国になってしまったようですね。
アメリカでさえ、大統領の就任式の時には、聖書に手を当てて職を全うすることを誓います。
日本でそんなことをすれば、日本の他の宗教が許しませんよね。
つまり、日本だけ信仰心のないヘンな国になっています。
「宗教はアヘンだ、弱い人間が傾倒するもの」と公言する日本人ですが、心の支えを科学に求めて以来、日本人は世界的に見て何を考えているのか分らない人種・・・と言われています。
そうした意味では、日本人は国際的な感覚を欠いていると思います。
以前は、人の心は「知・情・意」の 3つの均整が取れたものと言われたものでしたが、いつの間にか、日本人は「知」のみに傾いてしまいました。

さて、就職活動が大変ですね。
拙宅の 3回生は、6年制なので、まだのんびりとしています。

投稿: あらま | 2010年10月15日 (金) 20時18分

佐為さま、ありがとうございます。
そう言えば、4年前のトリノ冬季オリンピックで、日本が唯一手にした金メダルの凱旋スケートを、なぜか NHK は放送しませんでした。
インターネットでは、荒川静香さんが、日の丸を大きく広げた写真を掲載していましたが。
NHK は、日の丸が大嫌いみたいですね。

投稿: あらま | 2010年10月15日 (金) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49747172

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡 を起こした 原動力 - 1:

« 今年の漢字 | トップページ | 奇跡 を起こした原動力 - 2 »