« バスポンプ | トップページ | 暑さ寒さも・・・ »

スローハンド じゃ ダメ

評価の違い

昨日、昨年の夏にリストラされた友人が、一年ぶりに再就職したものの、またクビになった・・・なんて話をしに来ました。

もっと景気の良い話をして欲しかったのですが、どうも、小生の周りは不景気な話ばかりです。
まぁ、小生も暇でしたから、その友人の話を聞いてみました。

彼が言うには、新しい就職先で一生懸命に仕事をしたものの、その経営者から「仕事がマイペースだから、辞めてもらいたい。」と言われてしまったと言うのです。

確かに若い人と比べれば、スロー・モーションに見えるかもしれないけど、実際には、若い人には負けないぐらいの仕事量はこなしていた・・・と言います。

そういえば、以前、このブログでも、小生の仕事が スローハンド であることを記したことがありましたね。

だいたい、小生くらいの年齢の職人は、ゆったりと仕事をします。

ところが、今の若い人の仕事ぶりを見ていますと、スピーディーで動作が大きいのですね。
若くて身体が動くから、動作も自然とそうなるのでしょう。

でも、小生のような‘老兵’には、そんなに早くは動けませんし、動作も小さいかもしれません。

しかし、逆に、若い人の仕事ぶりを見ていると、無駄な動きが多いようにも感じることがあります。

ですから、小生のような年齢の職人がゆったりと仕事をしているように見えても、無駄なく ソツもなく仕事をこなしていると思います。

それが、友人をクビにした経営者には分らなかったようですね。
やはり、仕事を積んで経営者になった人と、経営学を学んで経営者になった人とは 職人に対する評価の仕方も違うようです。

|

« バスポンプ | トップページ | 暑さ寒さも・・・ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

私の場合、職人ではありません
しかし動作の大きさというのはあると思います
若い、といっても40代ですが、大声を出すわ、残業はするわ、バリバリ仕事をしているように見えるけど、アウトプットがなんもないという輩がいますね
私なんか、残業とは無縁で定時にはサット帰るし、目立つようなことはしないけど(本人が思っているだけ?)、納期遅れということは過去何年もない
まあ、年の功かな ハハハ(水戸黄門笑い)

投稿: 佐為 | 2010年9月13日 (月) 18時41分

佐為さま、ありがとうございます。
小生の若き頃は、残業なんてしたら、金稼ぎ、要領が悪い・・・なんて言われたものでした。
そこで、そんなことを言われないように定時に終って、仕事を家に持ち込みました。
つまり、家で、明日のプログラムを組んだり、仕事を深めたり広めたりする勉強をするのですね。
そうして、資格などを取りました。
時には、徹夜でプログラムを組んだものでした。
・・・というのは、佐為さまもご存知のように、当時の NC旋盤などは、鑽孔テープに記録をするのですから、訂正するとなれば、その箇所だけをやり直すのではなくて、最初から全部やり直すわけですね。
そんなかっこ悪いところは人には見せたくないという気持ちがありました。
また、刃物を研ぐ練習も、夜、工場に侵入しては、練習したものでした。
ところが、今は、長時間のサービス残業をしなければならない空気があります。
そんなでは、自己研鑽の時間なんて取れないと思います。
時代の変遷を感じてしまいます。

投稿: あらま | 2010年9月14日 (火) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49435486

この記事へのトラックバック一覧です: スローハンド じゃ ダメ:

« バスポンプ | トップページ | 暑さ寒さも・・・ »