« 山中湖 - 3 | トップページ | 映画 『EUREKA - ユリイカ』 »

中国に流れる日本人の住民票

あくまでも、お噂ですよ

これからの話題は、小生が直接 確認したわけではないのですが、99.9% 確実な情報だと思います。

よく賃貸住宅を借りる時とか 車の売買の時など、業者が印鑑証明とが住民票を求めてくることがありますね。
小生は、新規にローンを組む時など以外は、その種の個人情報の提示は危険だと思います。

複数の友人や知人の話を総合すると、そうした印鑑証明や戸籍謄本などが、中国人に渡って、他の用途で利用されているとことがあるようです。
(旅券とか、住民票の偽造、あるいは廃棄物の処理名義に使われるようです)
しかも、それが売買されているというお噂ですよ。

本人に実害が及ばないケースが多いので、気が付かないそうです。
たとえば、旅券を発行してもらうときに、自分が利用されていたことに初めて気が付くそうです。

ですから、普段の現金取引に、本当に、印鑑証明が必要なのか、住民票が必要なのか、確かめる必要があると思います。

また、免許証や社会保険証のコピーも売買されているとか・・・
レンタカーを借りる時、身分証明書が必要であることはわかりますが、そうした個人情報が流れている実態があるという認識も持つべきでしょう。

もし、重要な個人情報の提示を求められた場合、その根拠を質してみても良いと思います。

昨日、レンタカーを借りたのですが、その際に、免許証と保険証のコピーを求められました。
しかし、その根拠を質したら、「別に、コピーしなくてもいいですよ。」との答え。
「なんだ、必要がないではないか・・・」と思いました。

以前、あるバス会社に、免許証を借りたい・・・ということで応じたら、担当者が小生の名義で借金をしていました。

被害はなかったのですが、無断で借金をしたので、担当者を相手に 小額裁判を起こして慰謝料を貰ったことがあります。

また、小生の知人の中には、廃車をする際に、印鑑証明が必要だということで、実印と印鑑証明を貸したら、他の廃棄物の処理の責任者になっていたということでした。

まったく、油断 も スキ もあったものではありません。

|

« 山中湖 - 3 | トップページ | 映画 『EUREKA - ユリイカ』 »

話題」カテゴリの記事

コメント

言われる通りですね。
海外ばかりでなく日本国内でも色々な意味で信用しすぎない注意が必要ですね。
自分の身(信用)は自分で守らないと。
世知辛い世の中ですね。

ちょっとそれた話しかも知れませんが
私は海外のホテルのサウナでマッサージの時 裸体をデジカメで撮られました。
自分の身は自分で守る?!
まったく、油断 も スキ もあったものではありません。
ハハ おじさんも要注意です。

投稿: mr.t | 2010年9月27日 (月) 12時04分

ご無沙汰していました。
またヨロシク♪

投稿: コバヤン | 2010年9月27日 (月) 13時12分

mr.t さま、コメントをありがとうございます。
他人に成りすまして悪事をする・・・
そういう世の中ですから、気オつけたいものですね。
でも、気オつけようもない面もあるので困ってしまいますね。

ところで、男性の裸体の写真を撮ってどうするのでしょうか ?
小生には ? です。

投稿: あらま | 2010年9月27日 (月) 13時22分

こばやん、お元気でしたか ! !
時々、そちらにお邪魔していますが、コメントの投稿欄がないのでどうしたものかと思っていました。
今日の投稿でわかりましたよ。

投稿: あらま | 2010年9月27日 (月) 13時24分

中国では転んだ老人に手を差し出してはいけません。
他人の免許証で借金をするのは困りものですが日本のほうが安心ですね。

おじさんの裸体でもその種類の方には興味があるようです。
何でもありの中国らしいですね。

投稿: mr.t | 2010年9月27日 (月) 15時25分

mr,t さま、重ねてコメントをありがとうございます。
転んだ人に手を差し伸べると、因縁を付けられてしまうからなんでしょうか ?
無関心を装うことは、東洋人の特徴なのかもしれませんね。
その点、欧米人は、道で困っている人を見かけると、積極的に助けてくれると思います。

投稿: あらま | 2010年9月27日 (月) 19時36分

住民票は個人の招聘に必要ですし日本人のパスポートはテロリストに高値で売れるそうです。

本題からずれてしまいすみません。
その通りで手を差し伸べると因縁をつけられます。
落し物を拾うのもやめましょう。
組織で行動してますから要注意です。
観光ではめったにないと思います。

投稿: mr.t | 2010年9月27日 (月) 20時37分

mr.t さま、重ね重ね、コメントをありがどうございます。
中国窃盗団は、静岡でも 拠点を設けて活躍しているようですね。
まったく、困ったものです。

投稿: あらま | 2010年9月27日 (月) 20時52分

一昨年、大学合格の祝いに・・・と言うか両親が一度は外国に行きたいと言う願望を叶える為に、中国へ旅行をしました。

天津の空港に着き(駐車場と敷地がでかい!)、中国の高速鉄道(笑160キロが限界だそうです)に乗って北京近郊まで移動しました。その後は片側五車線(!)の高速道路をバスで移動しましたが、後輪の一つが外れてるトラックだの、テールランプがついてない自家用車だのがクラクションならしまくりの渋滞しまくりで超カオスでした。その中をすいすいと進む我らがバスの運転手には非常に驚きましたが生きた心地しませんでしたよ^^;。

夏の北京はホントにアツかったですね。40度とかなってました。冬は零下だと聞きますのでやはり砂漠化が激しいと言うのを実感しました。

そんな北京で会った人々は、どんな怪物かと思えば、結構普通に感じました。特にホテルの売店にいた女性は日本語がある程度話せ、伝わらない時は英語で話して来て非常に気さくな感覚を受けました。売っていた物の値札は全部ぼったくりでしたが、扇子値切ったら10分の1で買えましたよ。

5つ星と説明されたホテルの説明書きは、中国語と、英語と、そして日本語で3カ国表示がありました。ただ言葉遣いが全くなっていなかったので、アンケートで指摘しておきましたwwww今そのホテルの表示はどうなっているでしょうか。

万里の長城でも長城の上で屋台を開いている人がいて、名前を彫り込んでくれるキーホルダーを買いました。(やはり3分の1の値段で買えました)

そんな中国旅行で一番印象に残っているのがトイレです。父に聞いたのですが、天津空港の小便器の前には「漸進即漸文明」の文字。日本のパーキングエリアにも良くあるあれです。ただ、漸文明って言う文字が中国の気概を窺わせてエネルギーが違うと漠然と思いましたね。

ホテル1階にもトイレがありましたが、そのトイレの個室は全ての鍵が壊れていました。悪戯されたのかそれとも気づいていないのか。こういうのはまだまだだとおもいました。

最後に、私たちが帰る北京近郊の高速鉄道駅のトイレでした、一人の老人が水道の蛇口の前で何やらやっています。傍目にみていると、自動蛇口で水の出し方が分からないようでした。そのまま立ち去ろうかとも考えたのですが、蛇口と散々格闘した揚句途方に暮れる老人を放っておけず、Excuse me. May I help you? と声をかけてしまいました。

どんな返事が返ってくるかとびくびくしていると、老人は英語も分からないようで返答をくれません。オロオロし始めました。これは実践してみるしかないと、私が笑顔で蛇口のセンサーの前に手を差し出すと水が出ました。老人は非常に驚いたそぶりを見せ、満面の笑顔で私に中国語で(わかんないよ!)おそらく感謝の言葉を発し、手を洗って、トイレの前で待っていた家族と合流して立ち去りました。

心がほっこりした旅行でした。(何度も言いますが行くと子全てぼったくりでしたが。)

投稿: ある大学生 | 2010年9月27日 (月) 23時02分

ある大学生 さま、素晴らしい旅行体験記をありがとうございました。
中国には美しい自然、寺院、また兵馬俑とか万里の長城など、観光資源が豊富だそうですね。
小生の叔父は、日中国交回復以来、毎年のように中国を旅行して、骨董品を買ってきます。
残念ながら、小生は観光する暇もなく、中国を往復しただけでした。
ところで、小生はまったく中国語が分らないのですが、少しでも現地語で話そうと努力する姿勢を見せたら、急に友好的になり、小生の会話を助けようとしてくれました。
そういった体験もありましたが、総じて信用ならない人民だと思いました。
日本でも「他人を見たら、ドロボーと思え」という諺がありますものね。
ところで、老人を助けたら喜ばれたという体験があったそうですが、何もなくてよかったですね。
最近、このブログにコメントを下さる mr.t さまのお話によれば、そうした老人は助けてもらう振りをして「因縁」をつけるそうですよ。
中国の諺に「一回でも助けたら、その人の面倒を一生みよ」という内容のものがあるそうです。

投稿: あらま | 2010年9月28日 (火) 07時54分

万里の長城は日本語 ロシア語 朝鮮語 中国各地の言葉が飛び代わって観光客の多さにビックリしますね。

現地を見ると中国なりの事情が見え隠れして面白いですね。
都市ごとの違いを感じると中国の広さを実感しますね。
そして日本の良いところ 悪いところを外から見る良い経験になりますね。
日本の教育は素晴らしいことが実感しますね。
(クラックション 割り込み タン 手鼻 きりがない)
だそくですが今度ホテルに泊まったら厨房をのぞくと面白いですよ。
だが大衆食堂の厨房は見ないほうがいいです。

観光ですとめったなことはないですがそれでも気をつけて。
中国はインドネシアほど危なくないですけど なにかあるとものすごく面倒ですから。

なお製品の値段はスーパー以外オープン(自由)価格です。

投稿: mr.t | 2010年9月28日 (火) 09時41分

mr.t さま、ご教授をありがとうございます。

ほんとうに日本は、ややこしい人民を隣人に持ったものです。

さて、小生が驚いたことは、中国語にはいろいろな種類があるのですね。
北京語と広東語だけだと思っていたら、さまざまな言語が入り混じっているのですね。
日本の方言とは比較にならないほど違っていました。
発音も違えば意味も違う。
違った言語だと思うぐらいでした。
でも、漢字にすれば(文章にすれば)意味がある程度通じるようでした。
中国は、まずは、言語を統一する必要がありますね。
中国で紛擾が多い理由は、言葉による誤解が原因だと思いました。

投稿: あらま | 2010年9月28日 (火) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49574945

この記事へのトラックバック一覧です: 中国に流れる日本人の住民票:

« 山中湖 - 3 | トップページ | 映画 『EUREKA - ユリイカ』 »