« 映画 『病院で死ぬということ』 | トップページ | 山中湖 »

ネットの書き込みを記事にする新聞

ネタが逆転 ?

以前は、新聞記事をネタにネット界が騒いだものでした。
しかし、最近は、ネット上の書き込みを新聞記事にしているようです。

そこで、本日の『静岡新聞』朝刊の第一面の記事を引用してみます。

中国、拘束の邦人は人質

【北京共同】 中国河北省の軍事管理区域で中国当局者が建設会社フジタの関係者の日本人 4人を拘束した問題で、中国国内では漁船衝突事件と直接結びつける見方が大半だ。拘束直後の 24日、日本側が船長の釈放を決めたことから、中国側の「人質」の効果があったと受け止められている。
 
 日本政府は問題の性質の違いから漁船衝突事件との関連性を否定する姿勢を示しているが、中国人のジャーナリスト、安替氏は「船長を釈放しないから中国が 4人を人質に取ったのは明らかだ」と指摘。インターネット上でも日本人拘束が伝わると「 4対 1で中国が攻勢に転じた」「船長の釈放も近い」といった船長逮捕への対抗措置と見なす書き込みが相次いだ。

 中国当局が交通違反など軽微な罪で日本人を拘束すれば、報復的な色彩が露骨で当局の強引な手法が批判される懸念もあった。だが「軍事管理区域の侵入」は当局にとり格好の容疑だといえる。中国で機密窃取スパイへの警戒心は強く、国民の支持は得やすい。

 24日午後、船長の釈放決定のニュースが伝わると「 4人を拘束したら日本はすぐ釈放した。(外務省などの)抗議よりよっぽど効果がある」との書き込みも見られた。

中国政府は、4人の日本人の拘束を対抗措置とは言っていませんが、このように インターネットの書き込みを根拠に、共同通信社は「拘束は人質」であると報じているのですね。

こうした日本政府の弱腰な対応で、中国はまたひとつ外交カードを得たようですね。
何かあれば、国内の日本人を拉致すればよいのです。
その拘束する理由は何でもいいのです。

そして、その拉致した日本人に「助けて ! 」とメールを送らせれば、日本は何でも言うことを聞くことが確認できたわけですね。

加えて、こうした情報をインターネットの書き込みとして流し、それを報道させる。
つまり、ネットと報道機関を巧みに利用した外交戦術ですね。

・・・なんて、小生は深読みしすぎでしょうか ?


 

|

« 映画 『病院で死ぬということ』 | トップページ | 山中湖 »

話題」カテゴリの記事

コメント

某地方新聞の県内記事は全国紙の数日遅れが多かった気がします。
ネットの書き込みを利用するのは学習能力がついた結果でしょうか。
世界では他にも拘束されたり行方不明者がたくさんいますが。

それにしても日本の価値は?ですね。
中国の態度を見ると日本は要不要?

投稿: mr.t | 2010年9月25日 (土) 11時42分

mr.t さま、コメントをありがとうございます。

以前から 共同通信社は、中国のスポークスマン的な存在ですからね。

さて、中国の人民は、基本的に「俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの」という考え方だと思います。
同様に中国という国家もそういう考え方みたいですね。
周辺国は俺のもの・・・みたいな。

そこで、中国にとって、日本は利用価値のある国だと思いますよ。
だから、民主党に政権が移ってから いっそう揺さぶりを掛けて試しているようですね。
一方、地球儀を見ると、日本は 海側の中国を囲うような位置にあります。つまり、外洋に出るのに邪魔な位置にあります。
だから、昔のような冊封制度まででなくても 最恵国以上の待遇で中国に接するように手なずけているようにも思います。

そこで、とりあえず 天皇を手なずけようと。
つまり、天皇を思い通りにしようと、色々と試みているようですね。
江沢民のように不敬な態度を取ってみたり、昨年の 習近平のような格下の者と会わせたり・・・
天皇に対して優越的な態度を取れば、中国は日本を越えたと思うのでしょうね。

姑息な人民の集合ですから、名前の通りいつまでも「中国」で「大国」にはなれない国だと思います。

投稿: あらま | 2010年9月25日 (土) 14時09分

世界では良くある事です。ですので、そういう方面にもちゃんと記者を派遣して記事にできるよう努力しています。

しかし、日本に戦争は起きないと信じている(真)連中はそんな事しませんし、これで一難去ったと安心している事でしょう。

イチゴののったショートケーキ並みに甘いと思います。そんなに甘いとくどい上に主食にはなれません。

投稿: ある大学生 | 2010年9月25日 (土) 20時40分

ある大学生さま、ありがうございます。

日本の新聞は、ネット情報には‘信憑性’が薄いと決め込んでいるようです。
・・・ということは、日本の新聞は、まだまだ世界に遅れているということなんでしょうか ?

今後、新聞は衰退の一途を辿ると思います。
それを防ぐために、ネットとどのように融合するのか・・・新聞は、今、試行錯誤を繰り返しているわけですね。

投稿: あらま | 2010年9月25日 (土) 20時58分

おっしゃる通り日本は甘いですね。

そして日本はなんでも一番と勘違いしてますね。
携帯電話がいい例ですね。

投稿: mr.t | 2010年9月25日 (土) 22時21分

mr.t さま、重ねてコメントをありがどうございます。

外交の最終手段である‘戦争’を禁じている憲法の下では、日本は世界と協調して生きていかなければならないと思います。
ところが、どうも日本は‘孤高’みたいになっているような感じがします。
小生は、ある程度のプライドは持ってもいいと思います。
ただ、一番怖いのが‘弱腰’です。‘丸腰’で‘弱腰’が一番虐められるタイプだと思うのです。

投稿: あらま | 2010年9月26日 (日) 05時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49555300

この記事へのトラックバック一覧です: ネットの書き込みを記事にする新聞:

« 映画 『病院で死ぬということ』 | トップページ | 山中湖 »