« 拘り | トップページ | 夏の熱戦 »

休みのない大学生

勉強、研究・・・Photo_2

本日から家内は一週間の盆休み・・・
・・・と、言っても仕事がないからお呼びでない・・・ということのようです。

023 そういうわけで、家内が交通事故で怪我を負った次男の看護、小生が認知症の母の介護という生活スタイルが固定したような気がします。

また、別居中の長男夫婦は、長男がスーパーに、嫁さんが介護施設で働いていて、ともに 変則・長時間労働で アップアップ しているようです。
自治会の組長なんかも引き受けているようで、超多忙な生活をしているようですよ。

さて、マイペースな長女は、大学近くのアパートに戻り、勉強や研究に勤しんでいるみたいです。
夏休みだと言うのに、ご苦労なことです。T_science_a15
とにかく、研究に忙しいと言うことのようで、今年は、講師を勤めている塾の合宿にも参加できないようです。

それにしても、現代の大学生は勉強しますね。

小生は大学の経験はないのですが、文学博士の友人のところには遊びに行ったものでした。
まさか、彼が博士号を取るなんて、当時は思ってもみませんでした。

当時の大学生の雰囲気は、虚脱感が漂っていましたね。
学生運動も終わり、「しらけ」 が流行語になっていた時代です。
当然、学生らは授業をサボって、マージャンに明け暮れていたようです。
気骨 ? の残っているヤツは、『花の応援団』で、青春を謳歌していたようです。
そんな大学生活をしていても、企業は青田刈りをするほど、大学生に求人が殺到していた時代でした。

また、小児科医と外科医になった 2人の友人は、学生時代も勉強していたようで、遊びに行ったら邪魔な顔をされてしまいました。

それと同じぐらいに、今の大学生は、学部を問わず勉強しているようですね。
そうしないと就職が出来ないそうです。

大学は、学んだり研究をするところでもありますから、勉強するのが当然でしょう。
我々の時代が、異常であった・・・と言うことなんでしょうね。

|

« 拘り | トップページ | 夏の熱戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先輩に聞くと、大学で何を勉強したかは、専門職に就かない限りはあまり重要じゃないんだとか。むしろ一般職に就くなら、英語以外何も勉強せず文章の書き方と人との柔らかい接し方だけ勉強しておいた方が使い勝手が良いとか言われました。

大学の存在意義って・・・。

弁護士とは言わないまでも、司法書士と行政書士の免許をとって、どこかの事務所かマスコミを志します。免許の方は意外といけそうです・・・。

投稿: ある大学生 | 2010年8月 9日 (月) 12時00分

ある大学生さま、ありがとうございます。
資格は、何でもいいですから、あるほうがいいですよね。

さて、小生の時代の大学生は、マージャンなどで人間付き合いを学んだそうです ?
その前は、書生とか居候をして他家のご厄介になりながら、人間学を学んだようですね。
今の大学生をみると、サークル活動やアルバイトなどを通して、人間性を磨いているようです。
そういうわけで、生身の人間と接することが大事ですね。
小生は、留学できるのなら、なるべくした方が良いと思っています。
貴兄のように、先輩に可愛がってもらえるような人ほど、社会に出ても伸びていくように思います。
是非、頑張ってくださいね。

投稿: あらま | 2010年8月 9日 (月) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/49101952

この記事へのトラックバック一覧です: 休みのない大学生:

» 早速〜〜〜移転第一弾!!新作♪ [花ギフト館のブログ]
花の事なら『花のギフト館』へ♪ [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 12時30分

« 拘り | トップページ | 夏の熱戦 »