« スーパー戦国時代 | トップページ | 柿田川湧水 »

火種といわれる東シナ海

陸自、宮古・石垣に配備を検討

今朝の静岡新聞のヘッドラインには、「宮古、石垣に国境部隊」と記されていました。

この新聞によると、沖縄県の先島諸島周辺での中国海軍の活発な活動を踏まえ、防衛省が宮古島や石垣島に陸上自衛隊の国境警備部隊を、与那国島に陸上自衛隊の沿岸監視部隊を配備する方向で検討していると伝えています。

現在、日本の陸上自衛隊による国境警備には、韓国に対して 対馬 に国境警備部隊を置き、ロシアに対しては 稚内 に沿岸監視隊などを配備しているそうです。

中国の高官によると、最近の中国の軍事費は、公表しているものよりも 更に 1,5倍であることを認め、それに対して周辺国などでは、必要以上に軍事力を高めていると非難をしています。

防衛の専門家によると、中国軍はリスクを冒してまでも日米と衝突することはないだろうと予想しているようですが、今のように軍事力を高めていけば、いずれは日米と衝突することも辞さない状況に至ると思います。

民主党政権になり、米軍基地移設問題で頓挫するなど、日米の安全保障に問題を露呈しました。
その間隙を突いて、中国は、東シナ海で揺さぶりを掛けています。

もちろん、中国は東シナ海のガス田獲得を目論んでいるのでしょうが、それよりも、太平洋に向けた軍の航路の確保のためだと思います。

更に言えば、中国は強大な軍事力をバックに、世界的な発言権を獲得し、世界中の資源の確保など、経済力を高めようとしていることは明白です。

ところが、この新聞の書きかたによると、こうした日本の国防の強化は、地域の新たな不安を煽るので、近隣諸国との信頼を醸成してから配備のあり方を議論すべきだと論じています。

相変わらず、新聞はノー天気です。

不安を煽っているのは中国のほうなのです。それに対応しないで無防備でいよう・・・なんて 愚の骨頂ではないでしょうか。

平和主義者は、自分が攻めなければ、相手は決して攻めてこない・・・と頑 ( かたく ) なに信じているようですが、戦争をするかしないかは、平和主義者が決めるのではないのです。

そして、さらに、この新聞の読み方によっては、仮想敵対国と一緒に自国の防衛配備について協議しよう・・・とも読めますが、そんなことをする国なんてありますか ?

普通の国の普通のマスコミならば、国境が不穏になると、その詳細を報道し、国境を固めるように警鐘するモノなんですが・・・

|

« スーパー戦国時代 | トップページ | 柿田川湧水 »

国防」カテゴリの記事

コメント

身近に超良い奴がいます。そいつがいると場がなごむし、話もうまく進みます。
こいつはこの前の選挙の時、共産党のビラ配りのボランティア(率先して奴隷になる事)をしておりました。安保の認識について問えば、こっちが武器を持ってるからあっちも構えてしまう。こっちが武器を持たなければ相手も持たないに決まってると言います。
ホントに決まってるのかなんでお前が分かるんだと言ったらもうお前とは話したくないと言われるだろうなあと思いまぁその時は適当に手伝ってなぁなぁに済ませましたけれども、マスゴミに限らず信じる人達は多いんですよ。

投稿: ある大学生 | 2010年7月20日 (火) 10時11分

ほんとうにお花畑って言う人たちが。。。

民主党はみなそうみたい・・・・ORZ

投稿: 佐為 | 2010年7月20日 (火) 20時44分

ある大学生さま、ありがとうございます。
共産党員をはじめ、平和主義者というものは、これは政治ではなくて「宗教」の域に達しているようです。
つまり、理想郷の実現を盲目的に信じている。
彼らには理屈は通らないのです。
小生も幾度となく、「九条」の信奉者と話しましたが、会話が成立しないのですね。
最初から降伏したほうが、戦争で負けるよりもいい・・・なんていう始末。
日本のマスコミも その強烈な信者と来ていますから、もう、救いようがないです。

投稿: あらま | 2010年7月20日 (火) 21時13分

佐為さま、ありがとうございます。
中国海軍が、大胆な挑発行動を始めたのは、5年前ぐらいからと言います。

http://www.gamenews.ne.jp/archives/m/e/post_1600.html

それ以後、目に余る軍事行動を繰り返していますが、政府もマスコミも何故か黙殺しています。
その行動範囲は、日本の太平洋沖にも及んでいます。
実は、現在、自衛隊はその対策のために大変なご苦労をされているようです。
公式な発表もないようですが、殉職者も増えていると漏れ聞いております。

民主党に政権が移ってから、日本の国防に大きな穴が開いたままです。
そのことを国民が知らないのですね。
マスコミが伝えないから・・・
本当にこれで良いのでしょうか ?

投稿: あらま | 2010年7月20日 (火) 21時19分

そういう連中に論争をフッかけず、穏便に済ませている私みたいなのは「戦争で負けるよりも最初から降伏(もしくは逃走)した方が良い」って言ってる連中と一緒なんじゃないかと最近自分自身に幻滅しておりますが、そうかと言ってソクラテスのように社会に唾吐いて毒杯を呷り死ぬほどの覚悟も脳みそも無いのでなんだかなぁという感じです。
ところでその自衛隊の対策とやらに興味が・・・公式発表されて居ないと言う事は白書には載っていないんでしょう。どこの情報ですか?

投稿: ある大学生 | 2010年7月20日 (火) 23時44分

ある大学生さま、重ねてコメントをありがとうございます。
さて、ヘンな連中に、こちらからフッ掛けることは、あまり良いこととは思いませんが、フッ掛けられた時に、負けないほどのモノを持っていることは大切だと思います。
日本人は、まくし立てられると、なぜか弱気になってしまう傾向があると思います。
その点、大阪のおばちゃんたちは立派です。
絶対に負けませんものね。

さて、自衛隊の中国対策は白書にも載っていますし、殉職者についても、各自衛隊のホームページでも掲載されています。
ただ、それ以外の情報は、社会人体験を積むと、いろいろな方面から得ることが出来ると思います。
たとえば、元自衛隊員とか、関係者とか・・・。
公表されない情報は、そうした人たちから聞くことが出来ます。

丸腰で敵に立ち向かうことが、どんなに怖いことか・・・
平和主義者らに聞かせてやりたいと思います。

投稿: あらま | 2010年7月21日 (水) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/48922100

この記事へのトラックバック一覧です: 火種といわれる東シナ海:

« スーパー戦国時代 | トップページ | 柿田川湧水 »