« 梅雨の中休み | トップページ | 岡田監督から学ぶもの »

岡田監督、ゴメンナサイ ! !

一億総懺悔

今年の2月には、こんな横断幕が・・・

Photo_2

「岡チャン不合格、決断セヨ サッカー協会 ! 」

太陽が西から出ることがあっても、岡田ジャパンが決勝トーナメントに残ることはない・・・と、小生は思っていました。
更にいえば、昨年、予選リーグの組み合わせが発表されたとき、デンマーク、オランダ、カメルーンには、120% 勝てないと思いました。
つまり、前回のドイツ大会よりも悲惨な結果になるだろう・・・と思っていました。

サッカーなのに、組織に拘り続ける岡田監督の姿勢には、小生も偏っていると思いました。

小生は、サッカーは格闘技だと思っていたのです。

ところが、蓋を開けてみれば、日本チームの快進撃。Photo
なんと、絶対に、絶対にありえないと思っていた決勝トーナメントに、サムライ・ジャパンは残りました。
岡田監督は、サッカーがチームプレイであることを「証明」しました。
そして、列強監督らからも、岡田采配には高い評価を受けているようですね。

そういうわけで、小生は岡田監督に謝ります。

「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、小生が間違っていました。」

ところで、現在のプロ野球の名将といえば、巨人軍の 原監督ですね。
彼は、ワールド・ベースボール・クラッシックでも優勝し、昨年度も 巨人軍を日本一に導きました。

その彼も、組織プレーに固執するあまり 成績が伸びず、巨人軍を追われたことがありました。
しかし、そうした苦難を跳ね除けて、見事に「証明」しましたね。

やはり、組織が整っていると、1+1 = が、3にも 4にもなるのですね。

もともと、日本人は、スポーツの場合、身体的にも技術的にも 他の人種には劣ると思われてきました。400

ところが、最近は、チームのチカラを発揮して、勝利を収めることが増えてきたと思います。
そのひとつが、北京五輪の 陸上 400メートル・リレー。
なんと、日本は、その競技で 銅メダルを獲得しました。
絶対にありえないことが、ありえたのです。

その時に、組織のチカラが証明されたのに、その後もそれを信じていなかった小生は愚かでした。

そういうわけで「 岡田監督、小生は愚かでした。ゴメンナサイ。許してください !

ところで、ツイッターでも こんなタグが出現。←

|

« 梅雨の中休み | トップページ | 岡田監督から学ぶもの »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

私もサッカーは期待していませんでした。sweat01
それなのに決勝トーナメントに行けるなんて、岡田ジャパン、やってくれましたね。
あまりサッカーや野球に興味のない私でも日本が勝つのはうれしいものです。happy01
決勝トーナメントはもっと大変でしょうけど、なんとか頑張ってほしいと思います。punch

でも、もし負けたりふがいない試合だったら、また「岡田監督辞めろ」とボロクソに
言われちゃうんでしょうね。sweat01
監督とはなかなか辛いもののようですね。wobbly

投稿: にこりん | 2010年6月26日 (土) 23時38分

にこりんさま、ありがどうこざいます。
勝てば官軍、総てが正しい・・・。
負ければ賊軍、総てが間違い・・・。
勝負の世界は厳しいですね。

それにしても、ここまで来るとは夢のようです。
サムライたちは、胸を張って帰国できると思います。
その時には、今まで岡田監督のことをボロクソに言っていた人たちが成田空港に集まって、土下座をするのだそうですよ。

投稿: あらま | 2010年6月27日 (日) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/48722549

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田監督、ゴメンナサイ ! !:

« 梅雨の中休み | トップページ | 岡田監督から学ぶもの »