« 消費税 10% が・・・ | トップページ | 忘れてはならない日 »

懲りない NHK

『プロジェクト JAPAN 』

今晩、NHK のテレビ 『 NHK スペシャル シリーズ 日本と朝鮮半島 第三回 戦争に動員された人々 ~皇民化政策の時代~ 』を観ました。
NHKは、相変わらず、自虐史観に基づいて、デンパを流していました。

まるで、「我々の日本人の父祖たちは、朝鮮に対して大変なことをしてしまった。そのことを未来永劫に胸に刻むべきだ・・・」と、唱えているようです。

当時の日本は、アジアの解放と言いながら、他民族を徹底的に否定していた・・・と解説していました。

朝鮮は善で、日本は悪・・・。
朝鮮が正しくて、日本が間違っている・・・。
朝鮮は被害者で、日本は加害者・・・。

ところで、拙宅では、父の代から 53年間も NHK のテレビ受信料を支払っています。
でも、こんな間違った放送番組を観たくて受信料を支払っているわけではありません。

NHKは、こんな偏向番組を作るのではなくて、正しいニュースと天気予報と、為替情報、国会中継をしているだけで良いのです。

思想的なもの、娯楽番組は、民放に任せればよいのです。

|

« 消費税 10% が・・・ | トップページ | 忘れてはならない日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

また訴えるしかないですね…ホント馬鹿ですね

投稿: DEEP IMPACT | 2010年6月20日 (日) 22時08分

NHKは朝鮮系の人が多く、かれらが牛耳っているからです
そのわけは、昔採用しないと大騒ぎされて面倒だからと採用した積み重ねだと本に書いてありました

投稿: 佐為 | 2010年6月21日 (月) 05時46分

DEEP IMPACT さま、いらっしゃいませ。
コメントをありがとうございます。
この番組でも少し触れていましたが、すでに日本は韓国に対して戦後補償を終えています。
その際、韓国側は、二度と日本に対して如何なる補償も要求しないとしていました。
ところが、韓国政府は内政に行き詰ると日本に戦争の「謝罪」と「補償」を要求して、国民の目を逸らそうとします。
そこで、日本側がその真意を質すと、韓国側は誤りを認めて「二度と補償を要求しません ! 」と公式に明言します。
ところが、また補償を要求してきます。
その繰り返しです。
これは、韓国政府が補償金を国民に分配しないから起こる問題です。
どうやら韓国政府の役人らが、日本からの補償金をパクってしまったようですね。

さらに、同じ韓国人同士なのに、「日本に協力した」として差別する問題も、これは まさしく 韓国人の問題です。
よく韓国人は、日本人は韓国人を不当に差別すると騒ぎますが、それは韓国人が日本に責任転嫁しているのです。

さらに言及するなら、朝鮮王国の末裔が「朝鮮の領土と国民を日本の天皇に差し出します。どうぞ、ご自由にしてください。」と言ったことがありました。
日本の軍事的圧力に屈して述べた言葉だったので、真意ではなかったなんて言い訳しているようですが、万一、それがウソだとしても、国民を捨てて自分を守ろうとする王様では仕方ないですね。
その点、日本の昭和天皇は、敗戦後、マッカーサーに対して「たとえ自分はどうなってもよいから、日本国民をお守りください。」と述べたそうです。
その言葉に感激したアメリカは、敗戦後の日本に、おびただしい量の食料と薬品を贈ってきました。
これが、日本と韓国との差なんでしょうね。

こうした歴史的な背景を無視して、一部韓国人の発言を編集して放送するNHKの姿勢には問題があると思います。
今度の一連の放送は、韓国人に対して日本への「謝罪」と「補償」を求める足がかりになる可能性があります。
そんなことをして、日本の国益になるのでしょうか ?
本当のことを知らない韓国人や在日などは、この放送を観て、日本に戦後補償を要求出来るものと勘違いすると思います。

更に言うなら、韓国は北朝鮮の分まで、日本からの補償金をパクってしまっているのです。
北朝鮮は、日本に戦後補償を要求して来ますが、それは韓国に要求すべきものですね。

ですから、こうした番組を放送する NHK には「悪意」すら感じ取れますね。

投稿: あらま | 2010年6月21日 (月) 16時12分

佐為さま、ありがとうございます。
かつて、人権団体とか市民団体を装った彼らは、「ことば狩り」を乱発して、日本のマスコミや出版社を攻撃したことがありましたね。
その際に、大量の「監視役」が投入されてしまったと言います。
NHKも、そうでありましたか。

なにしろ、彼らは夜中でも関係なく個人の家庭を攻撃するようですね。
それに屈してしまったのでしょうか ?

そして、更に「参政権」までも獲得しようとしています。

今、韓国は、日本の領土である「竹島」を武力支配しています。
さらに、対馬まで韓国の領土だと言い出しています。

主権を侵害しているのは、日本ではなくて韓国の方ですね。

投稿: あらま | 2010年6月21日 (月) 16時30分

あらま様、お久しぶりです。

それが彼らの一部の「悪意」ではなく「真意」なんでしょう。彼らにとっては何も悪い事をしている気はないんです。
NHKスペシャル、以前も言ったように、数多くの超電波の中からまともな番組を拾い上げるのが大事だと思います。

・・・アレ?国営放送がインターネットに劣るとはいかに・・・ニュースも天気予報も為替相場も国会中継もいまやインターネットの方が凄い事やってるような・・・

正直言って制作陣の一部だけ抜き出して新放送局作りたい気分ですよ。デパートと同じでもれなくついてくるおまけは要りません・・・

投稿: ある大学生 | 2010年6月21日 (月) 17時46分

ある大学生さま、ありがとうございます。

えぇ !!
これが彼らの「悪意」ではなくて「真意」ですって・・・ ! !
ますます異常、ここまできたら変質者です。

貴兄が仰るように、ニュースも天気予報も為替相場も国会中継もいまやインターネットの方が正確で迅速です。

NHK からまともな分子を民放に移す・・・。
実は、もう始まっているようですよ。

・・・ということで、NHK は要らない ! !
という結論ですね。

何か、スッキリしました。


投稿: あらま | 2010年6月21日 (月) 21時31分

あらまさん
こんいちわ。遊びに来ました。わたしはTVの後半しか見ていなかったのです。前半では補償が済んでいると言ったのですか?
NHKも進歩したんでしょうか?事実ばかりを並べていたようですが、そのチョイスの仕方が嫌らしかったですね。

ワンセグ持っていたら受信料とれるようにしようとNHKは目論んでいるようですが、なんだかなぁ・・・で、あります。

投稿: 楽仙堂 | 2010年6月21日 (月) 21時49分

楽仙堂 さま、いらっしやいませ。
コメントをありがとうございます。

同じソースでも、編集の仕方によっては まるで反対の意味になることがあるそうですね。

この番組で NHK は、1965年に結ばれた日韓条約に触れ、戦争補償は済んでいることを示していました。
にもかかわらず、個人補償が済んでいないような言い方です。

ご存知のように、「日韓請求権協定を締結する時、日本政府は韓国人被害者に直接補償をする提案をしていたのですが、韓国政府はそれを拒否、韓国政府が補償を受け取って分配する方式を選択しました。」

また、「日韓基本関係条約」で、大韓民国が朝鮮半島で唯一の合法国家として認め、朝鮮半島の戦後補償は、韓国が一括して日本から受領しています。
つまり、統一国家の代表として、日本からの補償を受け取ったのですね。

http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/nikkankihonjouyaku.html

そうして、これ以上の戦争「謝罪」や「補償」を日本に要求しないと明言していたのです。
にもかかわらず、韓国政府から補償金を分配されない韓国人らは、日本政府に補償金を請求する裁判を起こして敗訴しています。

ところが NHKはこの番組で、個人補償について日本政府が応じるような印象を与えています。

ご存知のように、この再放送は 衛星放送で韓国でも観ることが出来るそうですね。

こんな内容の番組を観れば、韓国人らは、日本に対する要求気運が高まると思います。
そして、混乱が巻き起こる原因にもなると思います。
ある意味、これは NHKによる「煽動行為」「放送犯罪」ではないでしょうか ?

マスコミは、正しい「背景」をもとに、日韓関係についても報道すべきだと思います。

ところで、NHKの福地会長が辞意を表明していたようですね。

http://nhk-tadasukai.iza.ne.jp/blog/entry/1519188/

この機会に、NHK をやめて、その代わりに「チャンネル桜」を「国営放送」にしようという動きもあるようです。


投稿: あらま | 2010年6月22日 (火) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/48679894

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りない NHK:

« 消費税 10% が・・・ | トップページ | 忘れてはならない日 »