« 昼の散歩 | トップページ | 叛乱 »

映画 『マルタのやさしい刺繍』

村のランジェリー・ショップ

2_2 深夜になると元気になる母。
その母とお付き合いする時には、予め録画しておいた映画を観ることにしています。
今回は 『マルタのやさしい刺繍』。この映画を見始めたときは、「なんだこれは・・・」と思い、見るのを止めようかと思いました。

母の世話をしながら、しばらく観ていたら、いつの間にか この映画にのめり込んでいました。
そして、観終えた時は、清涼感を感じました。Photo
やはり、人間には、いくつになっても 生き甲斐が必要だと思いました。

この映画は、スイスの映画ということで、主人公は高齢の未亡人。
夫を亡くした彼女が夢を実現していく姿を描いています。

この映画の監督は、ぺティナ・オペルリという 35歳の新鋭の女性ということで、女性らしい映画に仕上がっています。

スイス、 2006年、89分、

|

« 昼の散歩 | トップページ | 叛乱 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ランジェリーショップとあったので目が点になってしまった

投稿: 佐為 | 2010年5月17日 (月) 23時20分

佐為さま、ありがとうございます。
ランジェリーに憧れるのは、男性よりも女性みたいです。
いろいろと示唆に富む映画だと思いました。

投稿: あらま | 2010年5月18日 (火) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/48386673

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『マルタのやさしい刺繍』:

« 昼の散歩 | トップページ | 叛乱 »