« 食べ残し | トップページ | プリウス 大人気 »

お寒い話

花冷え

先月の 20日ごろから咲き始めた桜なんですが、写真のように今も満開です。Photo
既に、次の番の つつじ が、咲き始めています。
( 写真 左 )

桜に限らず、今年は花持ちが良いのですね。
それは、開花しても 空気が冷たいので いつまでも花が散らないようですね。
2010040810460002 いつもの花冷えとは違う感じがします。
そのお陰で、長い時間、花見を楽しめます。

ところが、良いことばかりではないようです。
今年は、その冷気が新茶の若芽を襲い、茶農家に深刻な打撃を与えているようです。
早速、県などでは、茶農家の支援に乗り出しているようですね。

さて、寒い話はもうひとつあります。

本日、弊社のスポンサーと言う人が挨拶に来たのですが、なんと、前の会社の取引相手でした。
つまり、中国の実業家なんですね。

最近の中国では、労働者の賃金が上がり、労使間の暴動は絶えず、その結果、中国人の実業家は 安くて 確実で 安全な労働力 を求めて、外国の企業を求めているそうですね。
そのターゲットの一つが、日本の零細企業。

なにしろ、日本人は中国人と変らない給料なのに、確実な仕事をするし、サービス残業も厭いません。
しかも、文句も言わず 黙々と働いてくれます。
だいだい、日本人一人の力量は、中国人の五人分に相当するそうです。

そいうわけで、中国人の投資家たちは、倒産した日本の零細企業を漁っているようで、その一つが弊社なんですね。

Photo_2 いつの間にか、日本と中国とは逆転していました。
まさか、中国人に使われていたなんて・・・・

|

« 食べ残し | トップページ | プリウス 大人気 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

地獄の沙汰も金次第・・・とは言います。
中国もロシアもアメリカも、もはや日本人の想像の及ばぬ勢いで拝金主義と(人的なものも含めた)「資源争奪」が進んでおるようです。

といっても、日本では東大出の理系のはずのぽっぽがあの有様です。民主党は次の参院選の票集めに必死で、労組裁判に大量の和解金を出して解決したり、道路料金をこっそり値上げしたりして建設業の支持を得ようとしています。私の周辺では、前の選挙でどこに投票したかを簡単に明かしてしまい、しかもそれにとても後悔しているから今度は自民に入れるぞなどとほざく様なアホばかりです。

もう何かつまらなくなってきましたよ。何これ冗談?

投稿: ある大学生 | 2010年4月 9日 (金) 16時16分

ある大学生さま、ありがとうございます。
冗談なんでしょうか、それとも悪夢なんでしょうか ?
中国は、海外の技術や特許内容を得ようと懸命のようですね。
それに対して、日本の経営陣は、日本の技術を開示して自社の存続を図ろうとしています。
しかし、日本の技術屋たちは、安易な開示には反対です。
そうは言っても、現金を目の前でチラつかされると、グラッと揺れてしまうようです。
日本はどうなって行くのでしょうか ?
明日になって、夢から覚めるのを祈るばかりです。

投稿: あらま | 2010年4月 9日 (金) 20時42分

あらま様 今年の寒さは尋常ではありません。
ほんの1週間まえ我が家の前道路が凍ってました。
福島ではありません、千葉ですよ
いやはや、地球温暖化は本当なんでしょうか?
先日、私が地球温暖化はうそだろうなんて職場で語っていたら、温暖化対策の専門家が「君は間違っている」なんて口を尖がらせていましたが・・・

ある大学生様
お元気そうでなによりです
お互いに勉学に励みましょう

投稿: 佐為 | 2010年4月10日 (土) 07時30分

佐為さま、ありがとうこぜざいます。
地球が寒くなっても熱くなっても、その原因は CO2 なんだそうですね。
いずれにしても、世界的に C02 の排出を抑制しようとする「チカラ」が働いているようです。

今、世界は化石燃料の代名詞、オイルという言葉を使ったオイルマネーと、原子力を使ったアトミックテクノロジーとの戦いが始まっているようです。
オイルマネーの勢力は、自分たちの利益をなるべく長く温存する目的で、環境問題を提起しているようです。
一方、アトミックテクノロジーのほうは、劣化ウランを効率的に使おうというもので、ウインドウズのビル・ゲイツ氏が動き出しています。

http://www.afpbb.com/article/economy/2712240/5528408

いままで、生物の生存も、人間の産業も「燃焼」をすることで繁栄してきました。
しかし、「環境問題」が CO2 を排出する「燃焼」を抑制して、それが産業の根幹を揺るがしています。
そこで、CO2 を排出しない新たな燃焼の革命に、天才、ビル・ゲイツが名乗りを挙げています。
小生も、生物も産業も、盛んに燃焼することで繁栄するものと思っています。
劣化ウランを燃料にした 100年以上も交換不要の小型原子炉の開発。
まるで、『鉄腕アトム』です。
どうなることになるのでしようか ?

投稿: あらま | 2010年4月12日 (月) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/48032971

この記事へのトラックバック一覧です: お寒い話:

« 食べ残し | トップページ | プリウス 大人気 »