« さようなら、天神さま | トップページ | 自然の生産調整 »

醤油あぶら

切削油、魚醤

昨日も、冷たい雨の一日でした。このところ、春になったり冬に戻ったり・・・・

さて、先月から小生は職場が変わり、いわゆる 油虫 に戻った感じです。
つまり、薄暗い工場の中で、ひたすら加工機と向き合い、加工時に発生する油の微粒子が漂う中で生活をしています。
マスクは汚れ、腕の毛穴の周辺を押すと、ニュルっと油脂が毛穴から出てきます。

小生はそうした油には慣れていますが、油に慣れない人は肌荒れになるようです。慣れているにしても、そうした切削油が体に良いはずがありません。
そこで、切削油などについて少し記してみたいと思います。

Photo_2 小生が入職して間もない小僧のころ、旋盤 ( 金属を削る機械のひとつ ) の切削油に 醤油油 ( しょうゆあぶら ) を使っていたことがあります。
近所の醤油工場から捨てられる ざんさい 切削油 として再利用していたのですね。
ですから、旋盤などで鉄を削ると、醤油の香ばしい匂いが工場に広がりました。
しかし、香がすると言っても 旋盤周辺の 醤油油 は臭いもきつく、ベトベトして汚れが広がるので、鉱油が安価で手に入るようになってからは使われなくなりました。

そして、高速加工時代の今は、水溶性の切削油 (カッチング) が主流になっているようですね。
つまり、サラっとしていて、削り屑や熱を瞬時に流してしまう水溶性のものが 高速加工機に適しているようです。
しかし、刃先を尖ったまま維持するには、いまだに水溶性よりも油性の方が優れていると思います。

さて、この 醤油油 はカロリーも高いので、現在、燃料として使われているようですが、乳牛の飼料として利用できないかと、研究がされているようですね。Photo_3

ところで、今までの話は 大豆を原料にした醤油のことですが、次男が卒業した水産高校では、加工魚の ざんさい から、醤油を作る研究をしていて、さらに、その 魚醤油 ざんさい から、飼料や肥料を作る研究も進み、それが有益な環境活動として高い評価を受けているようです。

拙宅でも、次男らが製造した 魚醤 を愛用していますが、醤油と言うよりも濃い出汁の素 と言った感じです。の魚醤 は既に市販され好評を得ていますが、拙宅には 金目鯛魚醤 があります。それぞれに個性的な風味があり、たいへん美味しいと思います。

そして、次男の話によれば、その高校では 特許 も取得して、その 特許権 を地元の企業に譲渡しているようです。

そういうわけで、環境問題が話題になるとともに、醤油油も再び話題になっていると言うお話でした。

|

« さようなら、天神さま | トップページ | 自然の生産調整 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

ここずっと更新がなく、どうしたのかと心配しておりました。
元気そうでなによりです。
では

投稿: 佐為 | 2010年4月23日 (金) 07時48分

佐為さま、なんとか息していますよ。

投稿: あらま | 2010年4月23日 (金) 19時55分

醤油油と言うものを初めて知った私です。

最近ははやぶさにハマってしまってどうしたもんかなあと思っています。不死鳥はやぶさ。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm10301677←最初にhを付けてください。

投稿: ある大学生 | 2010年4月24日 (土) 07時38分

こんにちは。

以前勤めていた町工場で、なんとなく黄色い油(乾くとベトつく油、煙が出る油、独特な匂いの油)がありましたが、今思えばそれが醤油油だったのかなあと思いました。

実は昨日夜勤前にここへお邪魔して、「切削油かあ・・・」と思い出しながら仕事を始めたら、30分も経たないうちに切削水回収タンクからダバダバ流出しえらいことになってしまいました。
あらまさんに予知能力があるのかも・・・。

投稿: まさたみ | 2010年4月24日 (土) 15時02分

ある大学生さま、ありがさうございます。
6月13日が帰還予定日なんだそうですね。

http://hayabusa-movie.jp/index.html

既に書籍にもなり、それが映画化されるとか・・・

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344980158?ie=UTF8&tag=sysbl-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4344980158

涙なくしては語れないようですね。

投稿: あらま | 2010年4月24日 (土) 16時03分

まさたみ さま、体調はいかがですか ?
醤油油を切削油として使うのは、当地だけかと思っていました。
昔は「油の一滴は、血の一滴」と言って、少しでも油をこぼすと親方連中からひどく叱られたものでした。
とにかく、油が高価だった頃なので、それに代用できるものなら何でも使った時代でした。
ただ、醤油油は、塩分も高く、鉄が錆びやすかったので、切削油の代用としての期間は短かかったと思います。

投稿: あらま | 2010年4月24日 (土) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/48135263

この記事へのトラックバック一覧です: 醤油あぶら:

« さようなら、天神さま | トップページ | 自然の生産調整 »