« ‘信頼’を貶める | トップページ | 倒産の理由 »

銀行の ISO

銀行に EMS は必要か ?2010031515070001

新しい会社の近くで‘つくし’を見つけました。
3月も中旬になり、明日は彼岸の入りなんですね。

さて、先月、ISO に関して小生の愚考を披瀝しました。
しかし、今、読み直すと ヒドイ 内容ですね。
とにかく格子だけを簡単に記したので、内容が飛躍していました。
そこで、改めて、記し直したいと思います。

さて、最近、銀行関係者と話す機会が多くなりました。
それは、3週間後に結婚式を控えた長男の結婚相手の両親が 銀行マンなので、その関係もあるかもしれません。
しかし、実は、今月からお世話になっている会社のことで 銀行と相談しなければならないという事情があるのです。
そこで、友人とか従弟とかが支店長をしている銀行に行くわけですが、彼らから聞く話は ボヤキ ばかり・・・。
不可能なノルマを抱えて、うつ病に陥る同僚支店長たちの話ばかりをしています。

ところで、その銀行の支店長をしている彼らは、企業の経営指導もしていて、ISO認証のお手伝いもするんだそうです。
実際に、その銀行も 環境マネジメントシステムである ISO 14001 を取得しているようです。
銀行の ISO といえば、「金融サービス」の ISO/TC 68 だと思いましたが、なんと 環境マネジメントシステム  ( EMS ) を取り入れているのですね。

ところが、小生が会った支店長たちは、得意先に対して ISO 取得のお手伝いをしているのに、自社の ISO には疑問を抱いているんだそうです。
「銀行に ISO なんて必要なんだろうか ? 」Symbol_k01

「そもそも、環境に配慮した金融とは 一体何だろうか ? 」

支店長たちがそんなでは、銀行の ISO マネジメントシステムは 最初から破綻していると思わざるを得ません。

銀行が EMS を実践している具体的事例として・・・
紙・電気の節約は もちろんですが、クールビス、自転車の活用などが挙げられるそうです。
しかし、銀行マンが クールビス をするには、社の内外共に抵抗があるそうです。
Photo 特に、女性の行員が、地元の衣装を着ることは抵抗があるようです。
その胸元が開いた衣装は、男性客には人気がありますが、着せられた女性行員は嫌がっているようです。( 写真、開いた胸元を締めて撮影に臨んでいます )
また、ある銀行では、女性の制服を廃止して、普段着で仕事をしていましたが、それもスグに制服が復興しました。

やはり、スーツでビシッと決めなければ、信用してもらえない職種のようですね。

|

« ‘信頼’を貶める | トップページ | 倒産の理由 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

毎度!
私は銀行もISO14001と無縁ではないと思います

しかし
銀行に限らず、製造業であろうとISOと会社の従来からの仕組みや本来業務との関わり、整合性を取っている人は非常に少ない
私自身、まっとうになったと言えるのは10年かかりました

ということで、疑問を感じているならやめた方が良いです
お金も節約、労力も減る
そして結果はカワリマセーン

良かったですね

投稿: 佐為 | 2010年3月18日 (木) 19時47分

佐為さま、ありがとうこざいます。
環境に配慮した金融が、「貸し渋り」「貸し剥し」であるならば、われわれ零細企業にとっては迷惑なものです。
零細企業は、ゴミとして排除されてしまうのでしょうか ?
冗談はさておき、銀行というところも、ISO でいう システムマネジメント が理解されていない典型だと思ったので、記してみました。

投稿: あらま | 2010年3月20日 (土) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/47824927

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行の ISO:

« ‘信頼’を貶める | トップページ | 倒産の理由 »