« 父の遺品 | トップページ | 父の遺品 -2 »

ペダルの吸い付き

品質管理では カイゼン できない

トヨタ車のアクセルペダルが戻らなくなる恐れがあるということで、その問題に該当する世界中のトヨタ車がリコールされることになったそうですね。
なんでもトヨタでは、採算を度外視して、リコールを徹底展開させるそうです。
同社の品質管理を担当している 副社長氏は、これを機会に、尚 一層の 品質管理を徹底させると誓っていました。

ところで、今も、パナソニックが 昔~し製造した 石油ファンヒーター の リコール を呼び掛けていて、そのことが、逆に、顧客の信頼を勝ち取っています。
そこで、トヨタもそのマネをしているのでしょうか ?

しかし、パナソニック ( 旧 松下電器 ) 製  のファンヒーターのリコール問題は、国内の問題で、トヨタのその問題は国外の問題です。単純な技術的な問題ではなくて、アメリカの国民感情が反映した問題だと思います。
ですから、トヨタの副社長氏が言うように、品質管理の徹底で、小生はその問題が解決されるとは思いません。それでは返って問題を深刻化すると思います。

そもそも、アクセルペダルの問題を考えた場合、これは本当に製造者の責任なのか、検討が必要だと思います。

まず、この問題は、アメリカの部品会社が製造した部品に不具合があり、それを採用している トヨタやフォードなどのメーカーが作った車に、事故が発生する恐れがあるというものらしいですね。

そこで、トヨタは関連会社に対する マネジメントシステム に甘さがあったと反省し、それを強化すると言っております。
こうして、フォードなどと比べて、製造責任を重んじる会社として、ピンチをチャンスにしようとする目論見が、こうした一連のトヨタの対応から感じ取れます。

しかし、そもそも、いわゆる「ぺダルの吸い付き」は、こんな問題に発展されるべきものなんでしょうか ?

ペダルが戻らない・・・ということは、車だけでなく、ペダルスイッチなど、以前から起きている現象です。
その原因を辿れば、ペダルという構造の宿命的なもので、どんなにカイゼンを重ねても、解決しない問題です。

つまり、人間が作る機械の宿命です。絶対・・なんて、ありえないからです。
これは、技術屋なら誰でも認識しているものではないでしょうか。

これを問題化したことに、アメリカの したたかさ を感じるのです。

今回の問題は、アメリカの自動車業界の回復に、日本車が邪魔なので、それを排除する目的で「つくられた問題」だと思いますよ。

さらに、もうひとつは、トヨタが世界展開する、トヨタ式の製造管理方法に対する反感です。

特に、宗教色の強い地域、正義感の強い地域ほど、そのトヨタのやり方には反感を持っているようですね。
ですから、トヨタは、自社の方針を強固にするのではなくて、基本的な反省をすべきでしょう。

このまま、強硬な姿勢を貫くと、トヨタが抱える下請け企業が総倒れとなり、日本の経済は沈没してしまうと思います。

とにかく、単純にリコールする・・・と表明するだけでは、相手の思う壺です。
相手の「不道徳的策略」にたいして「聖人的姿勢」で臨むのは、愚の骨頂ではないでしょうか。

きちんと、主張すべきところは主張しなければ、同様な問題が、他にも飛び火してしまうと懸念してしまいます。

|

« 父の遺品 | トップページ | 父の遺品 -2 »

外交」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

トヨタは今回の事件(!)でさらに管理でガチガチになると思います。
それは親会社のトヨタ自動車よりもその下請企業に向けて・・・。
今後は新社長がどう動くか注目したいですね。
今は正直言ってわが社の親会社がこういう立場にならないように願うだけでありますbottle

投稿: まさたみ | 2010年2月 3日 (水) 20時14分

まさたみ さま、ありがとうございます。
またしても、出た杭が打たれてしまいました。

既に、各方面に「お達し」が出ているようですね。

乾いた雑巾を絞ったら、引き千切れてしまった・・・
もう、そんな感じです。

投稿: あらま | 2010年2月 3日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/47465560

この記事へのトラックバック一覧です: ペダルの吸い付き:

« 父の遺品 | トップページ | 父の遺品 -2 »