« たまる一方 | トップページ | 日本の「神様」は、認知症 »

スローハンド

呼吸法

ちょいと留守していました。
遊んでいたわけではありませんよ。

Photo_2 さて、知らない間に、日本を代表するような企業が タイへン なことになっていました。
日本航空 とか、トヨタ とか・・・

日本航空の場合は、殿様経営が続いていたので 自業自得 だと思いますが、トヨタはアメリカの陰謀にスッポリと はまった 感じがします。
自動車の販売台数で GM を抜いたところが、アメリカ人の琴線に触れてしまったのでしょうか。
それで、あんな リコール が広がってしまったと思います。
アメリカ人の焦りが感じます。

それと、日本式の ISO では世界に通用しないというところでしょうか。
トヨタが大好きな 管理版方式 は、あくまでも国内限定ということなんでょう。
親企業の一方的な都合の方式では、受け入れる側にも限界がありますものね。

日本の企業は、見えないところでも シッカリ と良い仕事をしていますが、普通の国では、見えないところでは何をしているか分りませんから。

そんな世界的な事情の中で、管理版方式を進めてきたこと自体にムリがあったと思います。

さて、小生の仕事は、国内では その ISO に虐められていましたが、そこから離れると自由に仕事が出来ました。

やはり、技術には、ある程度の「解放」が必要だと思います。
そうした意味では、アメリカも中国も、規格に縛られることを嫌いますから、日本のような息苦しさは感じません。

しかし、外国の技術者にも徒弟制度のような階級みたいなものがあり、職人の厳しさは存在していて、それが個人の成長を抑えてしまっているような気がしました。

ところで、小生の仕事の様子を観ていた かの国の職人さんたちは、小生のことを「スローハンド」と評していました。
小生は、もう 50歳を過ぎた ポンコツ ですので、小生の仕事が ノロマ だと言っているのかと思いました。

後日、それが、褒め言葉だと知りました。Photo
つまり、アメリカのギタリスト、エリック・クラプトンの技法、「スローハンド」を小生に当てたようです。
彼らの説明によると、これは、太極拳 と同じ 呼吸法 なんだそうです。
つまり、ゆっくりそうに見えても、リズムは崩れることなく、逆に成果が上がっているというのですね。
小生の作業を観て、そんな印象を持ってくれたようです。

( 「スローハンド」で検索しますと、企業や店舗の名称として使われているぐらいですから、そんなに悪い意味ではないようです。)

でも、小生の実感としては、歳をとって 若い頃のような動きが出来ないので、ゆっくりと作業をしただけです。

それでも、やはり彼らには小生のマネが出来ないようです。
こちらは 30年以上もやっていますから、小生のやっていることを そんな短時間で体得されてしまったら、こちらの立つ瀬がなくなってしまいますものね。

しかし、小生が接した若者は、素直で真剣でしたから、いずれは我々の技術を盗むでしょう。

日本で、我々の技術を盗んでくれる人がいないのは残念ですが、これが現実なんでしょうか。

そういえば、日清紡も、静岡県の島田工場を閉鎖して、生産拠点を東南アジアなどに移すそうですね。

日本の空洞化は、進むばかりです。

|

« たまる一方 | トップページ | 日本の「神様」は、認知症 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい。 あらまさんのブログを開けても更新がないのは寂しいです。 トヨタのアクセル ギアーは、トヨタ製ではなくて、 他社の製品がリコールと発表されてますけれど。 アクセルの箇所を見て、トヨタと明記してあったら取り換え必要なしと発表されています。これは、GM及びオバマ政権の嫌がらせですよ。

ISOでは我が家の自営業も泣かされています。こちらが規格を変えなくても、部品会社が絶えず新製品を出してきますから 書類の整理だけで仕事ができなません。ですから一切止めました。故に日本とヨーロッパへはわが社は販売できません。 アメリカ国内、中国、メキシコやインドです。あれは零細企業泣かせです。   

投稿: 一滴 | 2010年2月 1日 (月) 01時52分

あらま様
毎日更新がないか見ておりました
お元気でなによりです
では

投稿: 佐為 | 2010年2月 1日 (月) 07時02分

一滴さま、ご無沙汰してしまいました。
コメントをありがとうございます。
さて、ISOとは名ばかりで、これは日本固有の規格化なんですね。
つまり、コストダウンをするための手法で、それが「空洞化」を導きました。
従って、価格破壊を進めるたびに、経済も社会も徹底的に破壊してしまったのが 日本で言う 「 国際標準規格 = ISO」です。
今、その見直しが検討されているようです。
やはり「持続性」を求めるのなら、単純な功利主義だけでは ダメ ということなんですね。
結局、「規格化」は、「寸法」ぐらいに留めておいて、手法や流通にまで広げたことには無理があったということなんでしょう。

日本でも、ISO が浸透するに比例して、虐め社会が進んできました。
権力の強いほうが弱い方を徹底的に虐める社会です。
ISO にも そろそろモラルを導入する段階に来ているのかもしれませんね。

投稿: あらま | 2010年2月 1日 (月) 09時36分

佐為さま、ありがとうございました。
弊社は、また、組織改変をすることになり、小生は、昨年倒産した関連会社の再建に関与することになりました。
ですから、今までのように、のんびりとしていられない状況になりましたが、なるべくこのブログの更新をし、佐為さまのホームページにも訪問したいと思います。

投稿: あらま | 2010年2月 1日 (月) 09時42分

お帰りなさいませhappy01

あらまさんがいない間に日本はガタガタになってしまったようです。
あの日本航空が!
あのトヨタが!
・・・ですからね。
唯一の明るいニュースは“貴乃花親方の当選”だけです。
あっ、これはあらまさん帰国後のニュースですか・・・。


投稿: まさたみ | 2010年2月 1日 (月) 19時08分

便りの無いのは良い報せと言います。もっと落ち着くべきですね。

こちらはもう期末テストです。ゆっくりまったり行きましょう。

PS:就職・・・?最近何を目指せばいいのか・・・

投稿: ある大学生 | 2010年2月 1日 (月) 19時21分

まさたみ さま、ありがとうございます。
日本の看板企業がこんなことになるなんて、夢にも思いませんでした。
一寸先は闇・・・は、政治の世界だけではないようですね。
いま、BS-TBS の吉田 類さんの『酒場放浪記』を見ながら書いています。
今晩は、再放送で、東京編でしょうか。

こういう世の中です。
ある大学生も仰っていますが、ゆったりと構えるしかないですね・・・happy01

投稿: あらま | 2010年2月 1日 (月) 21時33分

ある大学生さま、ありがとうございました。
お陰さまで、なんとか生きて戻ってきました。
さて、ある大学生様は、恐らく、小生の長女と同じ頃大学に入られたと思いますから、いよいよ次の進路を考える頃でしょうか・・・
いずれにしても、進級試験に頑張ってください。
拙宅の娘も、珍しく勉強していますよ。scissors

投稿: あらま | 2010年2月 1日 (月) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/47443113

この記事へのトラックバック一覧です: スローハンド:

« たまる一方 | トップページ | 日本の「神様」は、認知症 »