« 父の遺品 -5 | トップページ | 父の遺品 -最終回 »

父の遺品 -6

面接票

昨日に引き続いて、しのぶ さんに関係したお話です。
しのぶ さんは源氏名なんでしょうか。父の葬儀の時に、そんな感じの人が数人いました。
そして、父の遺品から、この しのぶ さんに関係したモノが出てきたのです。

ところで、「QCサークル」を推進してきた父は、たくさんの人と面接をして、それをキチンと整理して残していました。
もちろん、それは個人情報ですから、当然、マル秘です。

58歳で定年退職した父は、2年間をその会社の嘱託として残り、その間、数社の下請け会社の「品質管理の指導」をしていたようです。
そして、その嘱託の契約期限が切れると、そのまま その下請け会社の「コンサルタント」つまり「顧問」として指導に当たっていたようです。
また、倒産した会社の整理をし、そこの社員の再就職の世話もしていたようです。

こうした下請けなどの社員全員と面接した時のが整理されて残っていたのです。
それを見ると、どうやらそこの社員の悩み相談も受けていたらしく、その社員のお子さんの就職まで面倒を見ていたようです。
同様に、父の通っていたらしい お店の女将さん ( しのぶ さん ) のお子さんとか、その店で働くお姐さんの再就職の世話もしていたようです。
そうした‘事実’が、面接票を見たことで分ってしまいました。

しのぶ さん の息子さんは、小生よりも年上ですが、小生が働いているこの会社に再就職してきました。小生の後輩として 20年以上も 腕の良い職人さんとして活躍しましたが、一昨年、会社の都合で転職しました。

もし、父の遺した 面接票 を見なかったら、彼が しのぶ さんの息子さんだったとは知らないままでした。
でも、それを知ってから、何か合点がいった感じがしましたが、それからも、彼とはそんな話はしませんでした。

とにかく、今でも、父が就職の世話をした人たちから、季節の挨拶の手紙が届きます。
もちろん、父は、仕事の世話に成功ばかりしていたわけではなく、せっかく紹介してもスグに辞めてしまうこともあったようです。

ただ、就職や仕事の紹介はしても、父は絶対に 人の保証人 にはなりませんでした。
そこのところは、自分の子供の保証人にもならないほど、徹底していました。

でも、最近になって、「あんたの親父さんにはお世話になった・・・」という話を聞くことがあります。
適材適所に紹介していたようなので、喜ばれる方が多かったようですね。

そうした全ての面接票は、小生が すべて シュレッダー にかけました。

|

« 父の遺品 -5 | トップページ | 父の遺品 -最終回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/47503169

この記事へのトラックバック一覧です: 父の遺品 -6:

« 父の遺品 -5 | トップページ | 父の遺品 -最終回 »