« 田母神さんの名刺 | トップページ | 限りなく 故意 に近い 過失 »

ジングルベル と 赤穂浪士

年末なのに・・・

小生の住む静岡の田舎でも、あちらこちらで「ホワイト・イルミネーション」を見ることが出来ます。
そのあまりの美しさに足を止めてしまうこともあります。

ところが、電飾の明るさに比べて街が静かなのですね。以前なら、この時期ですと何処でも ジングルベル の音楽がうるさいほど鳴り響いていたのでしたが、今年は クリスマス・ソング なんて聞いたことがありません。

そういえば、年末の定番だった 『赤穂浪士』 なども放映しているテレビ局が見当たりませんね。
その代わりに 司馬遼太郎の 『坂の上の雲』に人気があるようです。

もはや、定番なんてなくなった時代なんでしょうか ?

( 動画は、時の栖・ときのすみか の イルミネーション )

|

« 田母神さんの名刺 | トップページ | 限りなく 故意 に近い 過失 »

話題」カテゴリの記事

コメント

クリスマスは 外国のイベント だとしても・・・
暮れはやっぱり赤穂浪士。。。。。

。。。。あ~~~、私もすっかりオバさんだぁ。。。。

新しい時代と一緒に走れない~~~~~

投稿: sue | 2009年12月 5日 (土) 00時49分

sue さま、ありがとうございます。
我々は、我々の世代として、ご一緒に走りましょう。

投稿: あらま | 2009年12月 5日 (土) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/46933023

この記事へのトラックバック一覧です: ジングルベル と 赤穂浪士:

» 義士祭 [ガンガン日記]
赤穂浪士が吉良邸に討ち入りした日にあたる14日にやる義士祭ですが、 僕も遠くからお参りしました。 やはり、なんか物悲しいものがありました。赤穂浪士(上巻)価格: 1,995円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0著者:大佛次郎出版社:恒文社サイズ:単行本ページ数:565p発行年月:1998年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)江戸城松の廊下で起きた刃傷事件?内匠頭は... [続きを読む]

受信: 2009年12月16日 (水) 18時21分

« 田母神さんの名刺 | トップページ | 限りなく 故意 に近い 過失 »