« 必殺仕分け人 | トップページ | 電話番号 »

お墓まで持っていく秘密

喋ってはいけないこと・・・・

最近のアンケートでは、妻の 6割が、夫のケータイを盗み見しているそうですね。
その中には、見なければ良かった・・・という内容のものもあるとか・・・。
それが原因で、破局に至ることもあるようです。

さて、秘密だなんて、人間をやっていれば誰にでもあること。
それを暴露されれば、誰だって怒ると思います。

国家も同じこと。外交でも軍事でも、国民に公表できない機密があり、それが暴かれていないから安全保障が確立しているとも言えます。

また、互いに密約が守られているから信頼関係が築かれているともいえます。

ところが、日本のある不心得な自衛隊員が中国に対して、アメリカのイージス艦の機密を売った事件もあり、結局、日本はアメリカから次期戦闘機である F-22 を売ってもらえませんでした。
簡単に情報を漏洩するような組織に、軍の最高機密を売ることは出来ないわけです。

それを憂慮した小泉元首相は、「日米同盟」を強調するために、ブッシュ前大統領の前でおどけて見せたようです。そして、アメリカ軍に、グアム移転のための破格の費用を提供する約束までしたわけです。

もし、ここで、岡田外相がアメリカとの密約を暴露したら、アメリカは日本を信用しなくなるでしょう。
秘密を共有できない間柄では、もう、親友でも友達でもないと言うことですね。

小生にも、妻にも子供にも言えない、お墓まで持っていく秘密があります。

逆に、妻子にも小生に言えない秘密があるでしょう。でも、それを開示するように求めることはしません。

本当は、そういう秘密があること自体も、秘密にしておくべきでしょう。

秘め事も、人の魅力の一つかな・・・ あらま、心の一句でした。

|

« 必殺仕分け人 | トップページ | 電話番号 »

外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/46862983

この記事へのトラックバック一覧です: お墓まで持っていく秘密:

« 必殺仕分け人 | トップページ | 電話番号 »