« 負ければ賊軍 | トップページ | 目標を達成してしまったら・・・ »

気がつかない夫

夫に構ってもらいたい・・・

自宅にいると、さまざまな物が宅配されてくるのですね・・・。
その中に、フリーペーパー『リビング静岡 11月 7日号』 ( 発行/ 静岡リビング新聞社 ) が新聞受けにありました。
これは「女性のための生活情報紙」と記されているように、地方に住む女性を対象にしたミニコミ紙みたいです。Family_b03

それを見ると、「日本の夫婦 スタンダード」という見出しで、夫婦ゲンカについてのアンケート結果が記されていました。
全国の 6559人から回答を貰ったようです。

まず、相手に イラッ とする頻度ですが、夫が月に数回 程度 感じているのに対して、妻側は毎週、あるいはほぼ毎日 イラついていることが分ります。

どうしてそんなに妻は イラつくのでしょうか ?

そこで、夫が発する イラッとくる言葉 BEST 10 として・・・

1. 俺は働いている                ( 主婦は年中無休よ )
2. 言ってくれればやるのに~  ( 言わなくてもやってよ )
3. 何で怒っているの ?            ( 誰のせいだと思っているの )
4. おかず、これだけ ?            ( 店、ちゃうねん ! )
5. 疲れた              ( お互いさま )
6. 何でお金ない ?                 ( あんたの無駄遣いのせいよ )
7. チッ !                ( ハッキリ言え ! )
8. 誰のお陰で飯が食える ?     (私がご飯を作っているのよ )  
9. めんどうくさい          (役立たず ! )
10. はぁ ?                             (バカにしているの )   

どうやら、夫は妻に無意識のうちに イラつかせているようですね。

そういうわけで、2/3のカップルが夫婦ゲンカをしているようです。

ケンカのきっかけは、やはり、夫の生活態度や性格が原因のようです。

ケンカのやり方としては、無視したり口をきかない方法が、言い争うよりも多いみたいですね。

そして、仲直りの方法は、いつの間にか仲直りしているのが 1/3で、次に、原因を問わず夫が謝っているようです。

それから、夫婦ケンカの県民性の特徴として、鹿児島県は スポーツ型。北海道は おっとり型。和歌山県は 家庭放棄型。そして、わが静岡県は 完全燃焼型・・・なんだそうです。

もっと詳しい情報を知りたい方は、このフリーペーパーのホームページにアクセスしてみてください。

こうした記事を読むと、笑えてきますね。
みんな、やっているんだな・・・と思いました。
でも、逆に言うと、夫が余りにも忙しくて、なかなか妻が構ってもらえない様子が伺えます。

夫は、真面目に妻と向き合うことが必要みたいですね。

|

« 負ければ賊軍 | トップページ | 目標を達成してしまったら・・・ »

話題」カテゴリの記事

コメント

おもしろいですね。
今、男の人たちにまじって仕事をしているので男性側の事情がよくわかるようになりました。
確かに家に帰ってまた家族と向き合う努力をするのは男の人にとっては大変だろうと思います。
でも家庭円満にもっていく努力をしなければ仕事をする意味もないのではないかと思うので、
やっぱり頑張って向き合ってほしいですね(o^-^o)
一日一言優しい言葉をかける習慣でもつくればよいかと・・・。

投稿: しーな | 2009年11月 5日 (木) 20時53分

言い合えて怒っているウチは
良いですよねぇ~。

言ってもどうせどうにもならないし…
どうぞご勝手にぃ。
 アナタご飯食べさせて
 私も勝手にしてますから…

なあんてなったら!! 
  腹を立てるのも無駄
と感じてね。
ずーーーっと完全無視になっちゃう。

言い合いでもヒートアップでも
した方がいいですよね。

外で働くのは大変・家事は楽
っていう発想は変えて頂かないとね。

投稿: sue | 2009年11月 5日 (木) 23時46分

しーな さま、ありがとうごさいます。
従来の日本男児は、家に帰れば殿様でしたから、何の気兼ねがありませんでした。
しかし、世の中が変わり、男女共同参画の時代ですから、男性は家の中でも気を遣わなければなりません。
もっとも、諸外国では、家庭内でも男性が気を遣うことが当たり前ですから、ようやく、日本の家庭も国際水準に達するということなんでしょうか・・・。
「めし・ふろ・ねる」の三語族は、オヤジから子供に移っているように思います。

投稿: あらま | 2009年11月 6日 (金) 15時58分

sue さま、ありがとうございます。
たまたま今回、小生は「女性向けのフリーペーパー」を手にすることが出来ました。
普段、なかなか女性の本音を聞くことは出来ないので、貴重な情報となりました。
無関心な夫に、何を言っても無駄・・・だと、妻に思わせたら、その夫は失格ということなんですね。
男性の立場では、そんなつもりではないのに、女性の立場から考えることも必要だということがわかりました。
「鈍感力」に酔ってばかりはいられませんね。

投稿: あらま | 2009年11月 6日 (金) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/46680583

この記事へのトラックバック一覧です: 気がつかない夫:

« 負ければ賊軍 | トップページ | 目標を達成してしまったら・・・ »