« さようなら、森繁さん | トップページ | 奉祝 ご即位 20年 »

子供を守る姿

敵に背を向ける

イギリス人のお嬢さんを殺害したとされる男が逮捕されましたね。

その殺されたお嬢さんのご両親は、逮捕に至るまで幾度も来日し、日本の警察をはじめ、各方面に働きかけ、駅前のビラ配りなどをして、犯人逮捕に執念を燃やしました。
そうした行動に賛同する日本人たちがボランティアとしてそのご両親の活動を手伝ったり、犯人情報の懸賞金が最高額につり上がるなど、ご両親の活動は大きな効果を生んだことは否めないでしょう。

ところで、日本人が国内で外国人に殺されたり、日本人が海外で殺されることも 残念ながらたくさんあります。
そのときの殺された人の家族の対応は、以外に消極的です。
たとえば、静岡県内でも県民が外国人に殺され、殺した犯人が母国に逃亡するケースが幾つかありましたが、殺された人の家族は、あのイギリス人のご両親のような活動はしないで、ただただ悲しむだけでした。
あるいは、日本の警察や外務省に犯人逮捕を働きかける程度で、実際にその国まで行って犯人を追うようなことは聞いたことがありません。

小生も、犯人引渡し条約の締結を促す要望書に署名をしたことがありますが、なぜ殺された人の家族が国内に留まっているのか、疑問に思ったものでした。

そのときに、30年前以上の頃に読んだ『日本人とドイツ人』という本の一説を思い出しました。

たとえば、母親が外的から子供を守る姿勢ですが、日本人は子供を囲うようにして敵に背を向ける格好をします。
ところが、ドイツ人の母親は子供を背にして敵に向き合う姿勢をするというのですね。

日本人は猫背に対して、ドイツ人は胸を張る文化だというものでした。

このように、日本人は防衛に対して消極的であることを、『日本人とドイツ人』という本が指摘していました。

あれから 30年後の日本。相変わらず猫背の男性に対して、胸を張る女性・・・

|

« さようなら、森繁さん | トップページ | 奉祝 ご即位 20年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/46741261

この記事へのトラックバック一覧です: 子供を守る姿:

« さようなら、森繁さん | トップページ | 奉祝 ご即位 20年 »