« 暇だぁ・・・ | トップページ | トイレの水漏れ »

描けない未来

終身雇用

拙宅にインフルエンザが入り込み、仕方なく小生も、家の中で閉じこもっています。
たまった本を読む気にもなれず、朝のテレビを眺めていたら、かつての日本の「終身雇用制度」を取り上げていました。

世界の奇跡といわれた日本の高度成長を支えていたのは、日本型経営、つまり「年功序列」「終身雇用」という雇用形態だといいます。
つまり、身分が安定した従業員は、「忠誠心」で経営者に応え、歴史上類を見ない「発展」を実現しました。Photo

ところが、機械やシステムの発達で、「経験」が重視されなくなり、欧米型の「成果主義」が跋扈し、今までの雇用形態は一気に崩れました。

契約型社員が増え、リストラが横行し、社員の身分は保証されず、収入も激減しました。
それが社会不安をもたらし、内需の減少が構造的に定着しました。
つまり、今後このままでは経済発展が見込まれない状況です。

そこで、弊社について振り返ってみました。

弊社は、創業 55年です。現在は 三代目が実権を握っています。
小生は、初代社長に育ててもらい、現在に至ってます。

小生が入社したのは、オイルショックのときです。
入社して間もなく、弊社は‘休業’。どうなるかと思いましたが、スグに立ち直りました。
その後、バブル期を迎え、何を作っても、高く売れました。
雇用も安定し、たくさんの社員がまるで家族のようでした。

ところが、二代目社長に移り、株などに手を出し、バブル崩壊と共に会社を縮小せざるを得なくなり、リストラで乗り切りました。
そのとき、またしても半年間、休業しました。
それでも、コア技術の維持は確保しました。

その後、安定期に入り、規模を縮小したまま、利益と効率のみを追求する ISO を取り入れ、「標準化」を進めてきました。その結果、実態から離れた「最高益」を実現するわけです。
また、時代は中国・・・ということで、中国の進出に乗り出しました。

ところが、昨年の世界同時不況によって、その波を被り、国内需要は皆無となり、大胆なリストラを強行し、技術者を放出し、さらに提携先にコア技術を提供しています。

もう、その時点で、小生は弊社の未来像が描けなくなりました。
弊社の技術は、自社で育てるものですから、運転手とか事務員さんなどのように足りなくなったら他から補充できるものではありません。
三代目は、それが理解できないようです。

技術者を育てるには、最低、十年は掛かります。しかも、20歳代から始めてでは遅いのです。ある意味、技能ですから、体で覚える部分があるのですね。

そこのところが、わからないようです。

どうやら、自社ブランドのプライドを捨て、会社自体が「標準化」してしまったようです。

|

« 暇だぁ・・・ | トップページ | トイレの水漏れ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

とてもわかりやすい説明でした。happy01
本当に今の日本では若者も仕事につけず(働き盛りの年代、年寄りも)、
未来の図が描けなくて、不安でいっぱいですね。bearing
世界の奇跡といわれた日本の高度成長がまた起こってほしいものです。

投稿: にこりん | 2009年10月11日 (日) 14時31分

にこりんさま、コメントをありがとうございます。
身分が保証されないのは不安でね。
それにしても、今の若い人たちは、安く使われている感じです。
これでは、結婚したり子どもをもうけようなんて思わないでしょう。
いまでは、アジアのほうが安定した地位と賃金が確保されているような感じです。
ですから、かつての日本のような高度成長を実現しているのだと思います。

投稿: あらま | 2009年10月11日 (日) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/46453857

この記事へのトラックバック一覧です: 描けない未来:

« 暇だぁ・・・ | トップページ | トイレの水漏れ »