« インフルエンザ、猛威 | トップページ | 富士山 »

寡黙

新しい職人像

小生が小僧の頃、先輩職人から‘寡黙’であることを教えられました。
別に、言葉によって教えられたのではなくて、先輩たちの態度が‘寡黙’であったので、職人というものは‘寡黙’であると、自分で勝手に思い込んでいるに過ぎないのかもしれません。

いずれにしても、職人がベラベラ喋ると、何かその人の仕事が軽く思えてきます。
むしろ、言い訳めいていて、好きではありません。

ところが 10年ほど前、弊社に会計事務所経由でコンサルタントが派遣され、社員ひとりひとりがそのコンサルタントと面談しました。

そのとき、その若きコンサルタント氏は、弊社の社員全員に ( 社長から事務員さんまで )、自分の仕事の内容を文章にしてまとめ、それを口頭で皆の前で発表せよ・・・という宿題を与えていました。
なんでも、言葉に出来ない仕事は偽物なんだそうです。
それが、ISO で言う 作業の標準化 ということでした。そうすることによって、その人の「力量」が分るのだそうです。

この若きコンサルタント氏の提唱は、今までの職人の常識から離れたものですから、職人たちの反発をかいました。

しかし、コンサルタント氏の宿題は社命でありますから、皆、渋々 従ったわけです。

小生は一晩考えぬいて、一言 「金属を加工すること」と書いて提出しました。
すると、「ふざけるな ! 」と、一喝されてしまいました。

そこで、今度は一週間掛けて、仕事の細部を説明する文章を書き上げました。
原稿用紙 15枚分です。

なにしろ、一日の仕事が終わってからの宿題で、一杯飲みながら考えるのでなかなか進みませんでした。しかも、文章を書くのは作業日報ぐらいなもので、長文なんて結婚式の祝辞の下書きぐらいしか書いたことのない人間でありますから、悪戦苦闘をしました。

しかし、そのお陰で、自分がどんな仕事をしているのか振り返ることが出来ました。
さらに、出張などをしてお客様に説明する時、この経験がたいへん役に立ちました。

やはり、説明できないことは偽物だと思いました。

もちろん、説明しても分らない人がいます。
その場合は、小生の説明の仕方が悪いと反省しましたが、最近の小生は生意気になり、相手が分らないのは、こちら側の説明の仕方が悪いのではなくて、相手のレベルが低いからだと思うようになりました。

つまり、どんなに噛み砕いて説明しても、分らない人には分らないのです。
その場合は‘寡黙’に戻ることにします。
そうして、小生の仕事を実際に見せて、態度で説明することにしています。

ですから、寡黙であることは、職人による最高の表現方法だと思います。
イチロー選手がどんなに喋っても、彼が一発ヒットを打った方が、説得力があるでしょう ?

|

« インフルエンザ、猛威 | トップページ | 富士山 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

私は一兵卒から出発しましたが、監督者になって部下を持つと山本五十六ではありませんが、話して聞かせて仕事をさせないとオマンマがたべられません。だから文章を書くようになりました。会って説明できるならまだ簡単ですが、外注となりますと、材料とジグと紙を渡すだけで仕事をしてもらわないとなりません。間違ったら私が悪いのです。
そんな経験をずっとしてきましたのでISOが現れた時、抵抗とか反発はなく、これは私がずっとしていたことだと思いました。
もちろん行きすぎは何事でもいけません。書類重視は意味のないことです。

まあ、何事も中庸が大事です

投稿: 佐為 | 2009年10月17日 (土) 06時59分

佐為さま、ありがとうございます。
大昔は、顧客に説明する場合は、いちいち出向いていかなければなりませんでした。
ところが、FAX の出現は、それを一変させました。
さらに、インターネットで図面が共有できて、更に更に、お絵かきソフトで同時に互いに書き換えが出来るようになり、いちいち現場に赴かなくて済むようになる筈でした。
ところが、基本的に理解できない人が増えています。
これはどういうことなんでしょうか ?
どうやらキーボードの操作は出来る人は、加工技術の経験が乏しいようです。
逆に、加工技術の経験の深い人は、キーボードの操作に疎い・・・。
西欧では、それが両立できていると思います。

そんなわけで、本日も現場に説明に赴いています。

日本は、アフター・ケアが充実していますが、それに頼る技術者が増えていると思います。
ある意味、日本は技術後進国かもしれません。
このままでは、恐らく近年じゅうに、アジアに抜かれると思います。

投稿: あらま | 2009年10月17日 (土) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/46498536

この記事へのトラックバック一覧です: 寡黙:

« インフルエンザ、猛威 | トップページ | 富士山 »