« よくぞ生きてくれていた | トップページ | バカンスにはならない ! ! »

負けた市長が奉仕活動

ワールドシリーズで賭け

本日も、秋晴れの爽やかな日です。
こんな日が続くことは嬉しいですね。好天を利用して、母の住んでいる母屋の補修をしています。
そこで、ラジオを聴きながら作業をしていると、こんな話題が・・・

 ワールドシリーズで対戦するフィリーズとヤンキースの本拠地の両市長が、シリーズの勝敗に地域奉仕活動を賭けている。27日、AP通信が伝えた。

 ヤンキースが敗れた場合はニューヨークのブルームバーグ市長がフィラデルフィアに出向き、フィリーズのユニホームを着てレクリエーション施設の壁絵を描 く作業に参加する。フィリーズが敗れた場合には、フィラデルフィアのナッター市長がジーターのユニホームを着てニューヨークでの奉仕活動に加わる。

 負けた側の市長は、勝った側の市長やボランティア全員の昼食を用意するという。 (共同)

Yahoo!ブックマークに登録 [ 2009年10月28日 11:54 ]

さて、本日からワールドシリーズの開幕松井選手はどんな活躍をするのでしょうか ?
それにしても、アメリカは おもしろいところですね。

|

« よくぞ生きてくれていた | トップページ | バカンスにはならない ! ! »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/46612432

この記事へのトラックバック一覧です: 負けた市長が奉仕活動:

« よくぞ生きてくれていた | トップページ | バカンスにはならない ! ! »