« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

季節外れの彼岸花

鮮やかな紫色

本日は、ハロウィン。10月の末日です。
また、長女の大学の学園祭があります。
そういうわけで、出掛けたいのですが、母の部屋の片付けが残っています。

せっかくの好天で、「干すには持って来い」の日和です。Photo
かび臭い布団や毛布、マットレスを干しています。

さて、その物干し場に、紫の花を見つけました。
どうやら、お隣さんからその種が舞って来たようです。
そのお隣さんに伺うと、この花は 彼岸花 の一種のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結納

面倒 ?

一週間後に長男の「結納」を控えているのですが、結納の品が届きません。Kaori
そこで、当人に問い質したところ、まだ、結納の品を準備していないといいます。

どうやら、先方で、結納はしなくて良いと言っていたようです。
しかし、小生が「婚約するために結納を交わすことは当然・・・」と言ったことで、急遽、結納をすることにしたんだそうです。
でも、結納という儀式を簡略化して、結納金を納めるだけにしたいので、他の品は揃えない・・・ということでした。

そんなことがあるのでしょうか ?

そこで、友人に聞くと、結納を交わすのは当然だといいます。
ところが、最近、結婚式を挙げた人に聞くと、結納なんてしない・・・なんて言います。

そこで、インターネットで調べてみますと、6割が結納をしないで食事会で済ませ、3割が結納をし、 残りの 1割が、結納も食事会もしないらしいですね。

更に調べてみると、結婚式さえ挙げないカップルが増えたとか・・・

Photo どうやら、それが現代の志向で、それが エコ なんだそうです。

世の中、変わっていたのです。
まるで、浦島太郎の気分です。

まあ、「結婚の形式は、あんたたちの自由にしなさい」と言ってはいたんですが、長男たちカップルは小生の意向を尊重してくれたようです。

そういうわけで、昔のように 9品を揃えることはしないで、インターネットで検索した 簡略した形式で結納をすることになりそうです。

そのときの口上は、小生が述べるのだそうですが、どう言ってよいのやら・・・

長男が言うには、インターネットで注文する「結納金だけの簡略セット」のなかに、儀式の次第が記されていて、その中に、口上の仕方も記されているんだそうです・・・Raccoon_a17

頭が混乱してきました・・・
どうやら、小生は田舎の古タヌキのようです。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゴミ屋敷

まったく・・・

昨日から、母の住んでいる母屋の掃除に取り掛かっています。Dec03_a17
いわゆる‘ゴミ屋敷’状態で、食品も衣料品もゴチャゴチャで、さらに使用済みの紙おむつなども含まれていて 異臭 を放っています。

昨年、シッカリ片付けて、さらに今年の 2月もある程度片付けたのですが、また元通りの‘ゴミ屋敷’です。

小生が片付けているその隣で、母は散らかしてくれています。
まぁ、病気だから仕方ないとは言え、やっきり してしまいます。
これでも母は、一緒になって お片付け をしているつもりなんでしょうか。

本日は、小生を識別できていますので、安定した状態です。
しかも、秋だというのに暑いぐらいの好天です。

この機会を利用して、なんとか本日中に掃除を終わらしたいところです。
明日は、娘の大学の学園祭で、ジャズダンスを踊るところを見たいですからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バカンスにはならない ! !

野暮用が溜まっていた・・・

せっかくの 1ヶ月の 長期休暇・・・
旅行にも行きたい、本も読みたい、釣もしたい・・・

しかし、現実には、母の介護が待っていました。Dec03_a18
まずは、放ったらかしにしておいた母の住んでいる母屋。その掃除からしなければなりません。

家内が世話をしていた頃は、それでも綺麗でしたが、一年間以上も放ったらかしにしていたら、ゴミ屋敷
しかも、食べ物と衣服が混ざって散らかっています。
まず、仕分けをして、使えるものと捨てるものとを分け、使えるものは綺麗にします。

・・・本当に、何もしていないのですね。
最近は、叔母が母の世話をしてくれていたのですが、それは話し相手ということで、ゴミ屋敷には手がつけられなかったようでした。

奥の部屋を見ると、なにやら怪しい健康食品の山。
どうやら、叔母が母に買わせていたようです。
母にサプリメントを買わせることで、叔母にもボーナスポイントが溜まる仕組みのようです。

・・・なるほど、こう言うことだったのか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

負けた市長が奉仕活動

ワールドシリーズで賭け

本日も、秋晴れの爽やかな日です。
こんな日が続くことは嬉しいですね。好天を利用して、母の住んでいる母屋の補修をしています。
そこで、ラジオを聴きながら作業をしていると、こんな話題が・・・

 ワールドシリーズで対戦するフィリーズとヤンキースの本拠地の両市長が、シリーズの勝敗に地域奉仕活動を賭けている。27日、AP通信が伝えた。

 ヤンキースが敗れた場合はニューヨークのブルームバーグ市長がフィラデルフィアに出向き、フィリーズのユニホームを着てレクリエーション施設の壁絵を描 く作業に参加する。フィリーズが敗れた場合には、フィラデルフィアのナッター市長がジーターのユニホームを着てニューヨークでの奉仕活動に加わる。

 負けた側の市長は、勝った側の市長やボランティア全員の昼食を用意するという。 (共同)

Yahoo!ブックマークに登録 [ 2009年10月28日 11:54 ]

さて、本日からワールドシリーズの開幕松井選手はどんな活躍をするのでしょうか ?
それにしても、アメリカは おもしろいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくぞ生きてくれていた

幸福丸の生存者

本日も、秋晴れの爽やかな天気です。そこで、昼ごろから、友達と釣りに来ています。
2009102813250000
( 写真 = 手前のイスで、小生は釣をしていました )
平日だというのに、たくさんの太公望が釣り糸を垂れていました。
だいたい昼下がりに海岸に来ても、魚なんていません。
ですから、ここにいる人たちは、釣を目的というよりも、暇つぶしであることは明らかでしょう。

Photo_2 そういうわけで、友達と四方山話をしていたら、ラジオで、先日の台風 20号で、24日 夕から不明だった 第一幸福丸が今朝 発見されたことを報じていました。
その中から、3名が生存していて救出されたことが伝えられると、釣仲間から歓声が上がりました。

よくぞ生きてくれていた・・・

あの大シケで、生存者がいたことは奇跡的だと思います。
残念ながら、船長の死亡が確認されたそうです。

このところの燃料の高騰で、船を持つ漁民にとっては厳しい操業が続いています。
この第一幸福丸も、佐賀県唐津市の鎮西町漁協に所属している漁船ですが、金目鯛を追って伊豆諸島にきて操業していたそうです。

未だ不明の 4名の乗組員が生存しているように祈っています。

昼飯は、友達と一緒に、小生が世界一美味しい定食屋  (写真) だと思っているところで、刺身定食を戴きました。

2009102813220000_2

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

護衛艦衝突

たるんでる

昨夜 8時ごろ、関門海峡で、日本の護衛艦 くらま が 韓国のコンテナ船と衝突して火災を起こしたといいます。Photo

護衛艦 くらま といえば、今年の 8月に行われた 第 62回 清水みなとまつり のときに、清水港に寄港しました。そのときは、あいにくの雨で体験乗船は中止になりました。

さて、報道によれば、その くらま は船首部分が大破して炎上。乗組員 3名が軽傷などを負ったといいます。韓国船には怪我人はいなかったようです。

関門海峡では、互いにスライドする際には、設定された航路の右側を航行する 港法則 があるようです。

また、海上衝突予防法では、互いに進路を横切る場合は、相手を右舷側に見る船が回避動作を取ることなどを規定しています。

しかし、いずれにしても、護衛艦はどんな事情があろうとも、衝突してはいけないのです。
なぜなら、日本の護衛艦は、船舶はもとより、魚雷を回避できる装備が整っているからです。

小生も、幾度となく護衛艦の航行に立ち会いましたが、その動きの俊敏なことに驚きました。

ですから、たとえ相手側が航行違反をしていたとしても、護衛艦は衝突回避をしなければならないのです。その能力があるのですから。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

米びつの掃除

ゲッ ! !

会社が休業中・・・ということで時間がありますので、早速、たまった家事をしています。
本日は、台風一過の爽やかな秋晴れです。

まずは、洗濯層の掃除。2009102710310000
外側から見ると綺麗でも、内側から見ると カビ だらけ・・・
重曹などを使って、カビ取りをしています。

そうしている間に、ちょうど米びつが空になったので、米びつの掃除・・・
家の中で綺麗に見えても、外に出して見ると、米びつの汚さに驚きます。
こんなところに米を入れていたなんて・・・
早速、ペーパータオルで乾拭きをして、天日で乾かしています。(写真)

それから、買い物です。
家具などの家財の補修をするために、ホームセンターに行きました。

平日だというのに、シルバーの人たちで賑わっていました。
小生みたいな人が多いのですかね・・・

とにかく、ホームセンターの商品を眺めているだけで、時間が過ぎるのも忘れてしまいます。

帰宅後、干していた米びつを見ると、まだ くすんでいます。
シッカリ汚れを取るには、乾拭きだけではダメみたいですね。

時間があるので、今度は水でシッカリと洗いました。

手抜きはダメというお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月の防災訓練

本格的なものに・・・

小生の住んでする静岡県というところは、近々大地震が来るということで「災害強化区域」に指定されています。Photo
そういうわけで、毎年、地域住民が全員参加する総合防災訓練が、年に 2回も行われます。

第一回目は 8月の下旬に行われ、比較的大きな地震があった直後だけに いつもよりたくさんの人が参加しました。
第二回目は 12月の上旬に予定されていて、今回は、より具体的な訓練が行われるということのようです。

そこで、昨夜、小生の区域の組長会議でも、その防災訓練のことが話題になり、どの家を「倒壊」したことにするか、あるいは、どんな人を「怪我人役」にするのかが問題になりました。

すると、「どうせ助けるなら、婆さんよりも若い娘の方がいい・・・」なんて具合に話が脱線し、「おまえのところの娘を出せ」とか、「あんたのところの上 (かみ) さんが美人だから、それを出せ」とか、「おまえのところの奥さんは太っているから、担ぐのか大変だ・・・」なんて具合になってしまいました。

こんなことが他所 (よそ) に知れたら、女性蔑視と非難されるでしょうが、女性の組長さんも負けずに、「どうせ助けられるなら、イケメンに助けてもらいたい・・・」なんて話になりまして・・・

結局、何もまとまらずに、次回に持ち越しになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人を残すは上

天爵を修める

今年の野球界は イチロー選手の年だと思いきや、ここに来て 野村監督 の話題が沸騰しているようです。

書店では、イチロー語録よりも 野村語録のほうが平積みされているとか・・・
その野村語録 ( ぼやき ) の集大成とも言えるのが、「人を残すは上」。
昨晩のテレビ番組でも、野村監督は、「野球界で人を残せたことが、非常に幸せだった」と感謝していました。

この「人を残すは上・・・」という言葉は、中国の故事とも言われていますが、どうやら 後藤新平さん (写真) のものらしいですね。Photo
つまり、「財を残すは下。されど財なくんば事業保ち難く。事業を残すは中。事業なくんば人育ち難し。人を残すは上なり。」という言葉を引用しているようです。

意味は、「 人を残す > 仕事を残す > カネを残す 」というような 比較論 ではなくて、「組織があるからこそ教育が出来る」という意味のようです。

この言葉については、いろいろな解釈があるでしょうが、小生は以下のように理解しています。

つまり、「野村監督一人では人を育てることはできなかった。チームがあるから人を育てることができた・・・」という、野村監督謙虚な心の現われのように感じます。
人を育てるということは、単に先輩とか先生の功績ではなくて、そうした人を育てる場とか機会があるからこそ教育が出来るのだ・・・ということを示していると思います。

これは、野村監督解任 ( 本当は任期満了 )した 三木谷社長への ‘ボヤキ’ なんでしょうか ?
つまり、「 IT 成金で事業を立ち上げても、人を残さなければ意味がない・・・」という忠告なんでしょうか ?

まぁ、そこまで深読みする必要はないようです。
テレビ映像から見た野村監督は、「人を残せば、金は追いてくると言っていたように、人に教えることが出来るほど修行を積めば、地位・名誉・財産なんて勝手に追いてくるものだ・・・ということを述べているように思いました。

また、こうした‘功績’を残すことが出来たのも、仕事への‘愛’があったからこそ出来た・・・とも述べていました。

この言葉を聞いて、小生は、孟子の「天爵を修めて、人爵がこれに従う」という一説を思い出しました。

孟子曰(いわ)く、天爵(てんしゃく)なる者あり、人爵(じんしゃく)なる者あり。仁義忠信、善を楽しみて倦(う)まざるは、此(こ)れ天爵なり。公卿大夫(こうけいたいふ)は、此れ人爵なり。
古(いにしえ)の人は、其(そ)の天爵を脩(おさ)めて、人爵之(これ)に従えり。今の人は、其の天爵を脩めて、以(もっ)て人爵を要(もと)む。

簡単に言えば、人格を形成した分だけ、それに伴って名声や財産がついてくる・・・という意味なんだそうです。
つまり、カネとか名誉のために、自分の人格を陶冶するものではない・・・という教えなんですね。

逆に言えば、金や地位を獲得しても、それに見合った人物でなければ、それらはスグに失ってしまう・・・と言うことなんだそうです。

いずれにしても、事業にしても組織にしても、人を残さなければ継続しないということなんですね。そうした意味では、野村監督は野球界に大変な功績を残したことになると思います。

現代の風潮として、金儲けをしたら、サッサと解散させてしまう傾向があります。
そんな社会では混乱するばかりで、安心して暮らせませんね。

野村監督の一つの‘ボヤキ’から、いろいろなことを連想してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノムさん、ありがとう

管理野球の魁

Photo
昨日の試合終了後、両チームのナインから胴上げされた 野村克也 監督 ( 74 )。
敵も味方もなく、ノムさんとの別れを惜しんでいました。その中には、相手チームの梨田監督もいました。

母子家庭で育ち、テスト生として入団。そして数々のタイトルを獲得して超一流選手に。
プレイイング・マネージャー ( 選手兼監督 ) として活躍しました。
ところが、女性を取るか野球を取るかの選択に、女性を取った野村さん。
その結果、野球組織から干されてしまいました。
そんなところにも人間としての魅力を感じました。

解説者から再び専任監督へ。弱小チームを強豪チームにする請負人として、管理野球 ( ID 野球 ) を展開。データーを駆使する手法は、他の産業界の手本にもなりましたね。

そして最後は、五年前に創設された楽天イーグルスの監督に。
創設 2年目の楽天イーグルスに 3年契約で優勝を請け負うということで監督に就任したノムさん。しかし、あまりにも弱いチームに呆れてしまったそうですが、それでも 1年間契約を更新して今年 2位まで登りました。

当然、我々も本人も‘続投’すると思いましたが、楽天の社長 三木谷さんによると 来期からはブラウン監督にお願いしていて、野村さんには 3年契約の名誉監督に就任してもらうということでした。それについて野村さんは、監督を解雇された感じでガックリきたが、名誉監督就任を「断る理由はない」と言っていたそうですね。( 名誉監督でも、給与は支払われるということなんだそうです )

メディアでは「解任」と報道していましたが、実際は「任期満了」ということのようですね。

( 写真は、負けて胴上げされたのは初めてと語った野村監督 = 札幌ドーム )

某テレビ局のコメンテーターも言っていましたが、こうなったら、野村さんには、アメリカのメジャーリーグの監督として活躍してもらいたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

南田洋子さんの死

夫婦の介護

Photo_2 昨晩のテレビのバラエティー番組 『金スマ』で、南田洋子さんが亡くなる 2週間前の様子を放映していました。   ( 写真は、長門裕之さん撮影 )

南田さんの場合は、肝機能障害による認知症だったそうでが、小生の認知症とオーバーラップして観てしまいました。

一般的に、南田洋子さんのように認知症になると 4~5年で亡くなるケースが多いのですが、拙宅の場合は、今年で15年間も認知症をやっています。
ここまでくると、認知症なのか老化による退化なのか区別が難しいようですが、専門医の診断によると、既に自分ではコントロールできない状態で、精神障害なんだそうです。

ところで、最近の傾向として、夫婦の一方が介護の必要な状態になった場合、夫は懸命に介護をする反面、妻は介護を放棄してサッさと離婚してしまうケースが多いようですね。

Senior_a12_3 それほど男性は律儀で、女性は無情ということなんでしょうか・・・

( もちろん、夫の介護に懸命に尽くしている奥さんもたくさんいます。たとえば、大島 渚 監督を介護している 小山明子さんなど )

そういえば、ある市長さんが妻の介護を理由に市長を辞任したことがありました。
小生の周りでも、老後を奥さんの介護に費やしている男性がいますし、かつての mixi 仲間もそんな感じで互いに慰め合っていました。
その時の書き込みの内容は、若いときは散々に奥さんに迷惑を掛けたので、その奥さんに感謝の気持ちを込めて介護をしているというものが多かったと思います。
男性なら誰でも、若い頃は よその女性に フラッ と来ることがありますものね。

そうした浮気性といいますか 男性の性 ( さが ) は、昔は 男の甲斐性だと諦められていたようですね。でも、今では大罪なんですね。
もっと昔は、たくさんのを抱えて、その勢力を誇示した時代もありました。
それが否定された弊害 ? として、側室制度を廃止した皇室は、すぐに男系男子の存続が危なくなってしまいましたね。

( そうした男性の性に対して、キリスト教の十戒 でも 仏教の教義でも、男性の浮気性を戒めています )

話が脱線してしまいましたが、亡くなられた 南田洋子さんの旦那さんの 長門裕之さんも銀幕のスターでしたから 浮いた話がたくさんありました。
あの時代は、太陽族といわれ 「もはや戦後ではない」 なんて言われた世代です。
つまり、映画 『夫婦善哉』 のように、男性のことを旦那・・・なんて呼んで、ちやほや した時代ではないのですね。
ですから、男性が フラッ・・・とすると糾弾される時代の魁 ( さきがけ ) ということで、長門さんの浮気は非難されました。

浮気が非難され、また後輩にも越された長門さんは「暴露本」を出版。それでスッカリ男を下げましたね。

そんな長門さんでしたが、最期はシッカリと妻の介護を尽くしました。1_2
また、そんな長門さんに対して、南田さんは最期まで「長門をよろしくお願いします・・・」と言っていました。

そんな姿をテレビで見ると、深い夫婦の愛情を感じました。
最期の南田さんは、確かに美しい顔でしたね。
やはり、女性は男性に愛されてこそ、美しくなるものだと思いました。

ところが、逆に、夫が要介護状態になると、サッサと離婚する妻が多いようです。
今では、そうした離婚が認められているんだそうですね。

世の中、変わったものだと思います。

暴力的な夫から離婚することは仕方ないと思いますが、介護が必要になった状態で見殺すことが認められるなんて、小生には納得できない部分があります。

拙宅の母の場合も、かつて亡父が脳梗塞で倒れて、介護が必要な状態になったのですが、それを放棄して家内に押し付けていました。

なんでも、かつての父の浮気が許せないというのです。

本来は、妻であるべき母が父の介護を主にすべきでした。
しかし、病気を装って、介護を放棄した母を見ていると、小生は ズルイ と思いました。
でも、家内は小さい子供を抱えながら頑張って父を介護してくれました。

そんな母なんですが、結局、本当に認知症として診断されるようになってしまうのです。
父が亡くなると、今度は母の介護をすることになるのですか、そんな ズルイ 母の介護をするなんて、それが素直に出来ないのは当たり前だと思いました。
ですから、母から見れは長男の嫁、つまり小生の家内の苦悩は相当なものだと思います。
それでも、よく頑張ってくれたと、感謝しています。

やはり、すべき人がそれをしないと、その歪は拡大して、本人だけでなく、末代にまで及ぶと思います。

そうは言っても、介護をするということは、子供を育てることと違って、楽しいものではありませんし、ウツ になっていまいますね。
ましてや、老々介護は大変です。最近は、認々介護といわれるように、認知症の老人が認知症の伴侶を介護するケースが増えているようですね。

高齢化社会の日本・・・。どうなって行くのでしょうか・・・。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

来月からプー太郎 ?

仕事がない ! !

地域の零細企業が壊滅的状況の中、御多聞に漏れず、弊社も来月から 休業 をすることになりました。Bne483

実は、既に先月の中旬に発表があり、そして、今月の 20日から実質的な 休業 に入っています。
とりあえず、来月一ヶ月間だけの 休業 ということですが予断は許しません。

翻って見ますと、小生が入職してから、これで 3回目の休業処置です。
とりあえず、休業中は 基本給の 2/3 を補償するということですが、基本給の設定のない ? 小生はどうなるのでしょうか・・・・。

いつものことですが、休業後には大半の人材が戻ってきません。
でも、今回の大不況は求人がないので、恐らくそんなには辞める人は少ないと思います。

ところで、休業中といえども、雑用は溜まっています。
名ばかり役員の小生は、そうした雑用を 無給 でしなければなりません。
同族会社の宿命でしょうか・・・・。

Traffic_b09 ところで、弊社は昨年から拠点を海外に移しているのですが、その海外組みは、超多忙なんだそうです。あちらは休業どころではありません。

そこで、小生にもあちらに行けないか・・・という話は以前からありましたが、家庭の事情もあり、現実的には無理ですのでお断りしています。

それよりも、こちらの方でのんびりとしたいと思っています。Family_c04_2

以前の休業の時は、バスタンクローリーアルバイトで急場をしのぎましたが、今回はその気力もありません。

そんな のんびりした小生を見て、早速、長女が 「韓国旅行に連れて行け ! ! 」といいます。

今年、開港したばかりの静岡空港では、上海や韓国旅行のキャンペーンをしているそうですね。

そういえば、最近、家族旅行なんてしたことがありませんでした。
既に、家内と次男は、パスポートの更新を済ませたそうです。

先日、小生が「家族旅行も、たまにはいいかも・・・」なんて言い終わらないうちに、長女は予約したようです。

でも、長男は結納と結婚式を控えているので参加できそうにもありません。
既に、新婚旅行は沖縄を予約してあるそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日限地蔵尊

母の信仰

昨日は、会社を休んで母の相手をしました。

まず、天気がよかったので、部屋の敷物を 夏物 から 冬物 に交換しました。

その後、母の好きな 「日限地蔵尊 ( ひぎりじぞうそん ) 」 にお参りに行ってきました。

この日限地蔵 は日本各地に存在しているようで、「日を限って祈願すると願いが叶えられる」と言います。

2009102209570000 静岡県では、金谷の日限地蔵尊が全国的に有名ですが、拙宅の近くの川縁にも 日限地蔵 と呼ばれているお地蔵さんが建っています。
( 写真の建屋のなかに 3体のお地蔵さんが安置されています )

母は、このお地蔵さんが大好きで、どんなに機嫌が悪くても、ここに連れて来ると治まります。
たとえば、夜中に騒いでも、ここに連れて来れば大人しくなってくれます。

そして、お地蔵さんが祀られている台に上って、体を摺り寄せます。2009102210010001
こうすると、安心するようです。(写真 右)

本当は、こんなことはしてはいけないのですが、ブレーキの効かない母は、こうして実際に地蔵尊の御本尊と体を合せないと、祈ったことにはならないようです。

どうやら、自分の体の痛いところを、お地蔵さんに触れさせると治癒する・・・と信じているようです。 ( 今回は、左ひざが痛かったようですね )

もし、こんな姿を他人に見られたら不審に思われるでしょう。逆に、新たに 体の痛いところをこのお地蔵さんに当てると痛みが消えるというご利益 ( りやく ) があるとして広まってしまったら、参拝に来る人が同様な行為をするようになり、この地蔵を保存している人に迷惑がかかります。

そういうわけで、母をこの地蔵尊に連れ出した時は、あたりに人がいないことを確かめてから参拝しています。

でも、ある日、見知らぬおばあさんに見つかってしまったことがあります。

その時は、とっさに 「お賽銭がお地蔵さんの方に転がってしまったので・・・」なんて、ウソの言い訳をしたことがあります。

そういうわけで、昨日は、母と秋のドライブをしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くせ字

治らない

小生が書く字は、右上がりのクセ字です。Japanese_a17
でも、自分で言うのもナンですが、英語の筆記体の字は綺麗だと思っています。

家内もクセ字に苦しんでいて、最近でも硬筆教室に通ったことがあります。

また、小生の三人の子供たちも、ミミズが のたくった ような字を書きます。

とにかく「字は体を現す。」・・・と言うことで、綺麗な字を書く人は印象も良いですね。

実は、小生の母は美しい字を書きます。
母の子供の頃の「習い」を見せてもらったことがありますが、毛筆でサラサラとした女性らしい字を書いていました。
とても子供の字とは思えないような美しい書体です。

その母も認知症になってからは、ほとんど字を書きませんが、ときどき調子の良い時には自分の名前を書くことがありますが、今でも綺麗な字を書きます。

そういうわけで、小さい頃からの字のクセというものは、大人になっても続くということなんですね。

ですから、子供の頃から下手な字を書いている小生は、大人になっても治らないわけです。

そこで、書道教室を開いている後輩の話によれば、とにかく 丁寧に心を込めて書くことが大切なんだそうです。
ですから、年賀状などは、印刷に頼らないで、ヘタでも自分の字で書くことが大切なんだそうです。
( 耳が痛いです・・・)

ところで、本当に硬筆の字が下手な拙宅の長男ですが、高校生の時、某全国紙主催の全国高校生の書道コンクールで、「特選」に選ばれたことがあります。
その賞を長男が取ってきたとき、思わず 「うそっ」と、叫んでしまいました。

自分の子供を信じていない親なんて・・・と、思われるかもしれませんね。

でも、あんな下手な字を書く長男が、そんな大それた賞を貰って来るなんて、考えられません。
しかも、書道なんてやったことがなくて、たまたま授業で書いた字が選ばれてしまったようです。

でも、他にも書道に関する賞状を貰ってきているところをみると、どうやら、ホントらしいです。

Arithmetic_a20 確かに、長男は丁寧に書いています。
毛筆だけでなく、工業の図面も非常に綺麗で、また美術のレタリングも綺麗です。
親バカと思われるかもしれませんが、高校生の時からプロ級の出来栄えでした。

当の本人は、そんなことなんて全然関係ないという感じで、工業高校では野球やロボット研究会で高校時代を過ごしていました。

どうやら長男は、書道についても文字を書くというよりも、デザインを描くという感覚で、丁寧に書いているようです。やはり、丁寧に心を込めて書くことが大事なんですね。
長男を見習いたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

活躍する団塊の世代

地域の安全のために

小生の自治会を見ると、「アラ還」つまり、団塊の世代といわれる人が巷に溢れています。Photo
そうした人たちは、今のような不景気ですから、地方にあっては なかなか仕事になんて就けません。

そこで、当方の自治会に住んでいるこうした人たちは、地域のために役に立とうということで、自ら自警団みたいな集団を結成して地域のパトロールをしています。

朝と夕方は、通学路の警備を買って出てくれています。
そのお陰で、父兄による横断歩道の旗振りがなくなりました。

さらに、夜警団を結成して、深夜の街頭に繰り出して、タムロしている若者たちに声を掛けて帰宅するように指導しています。
そのお陰で、以前は、中学生の父兄が当番制で地域の夜警をしていましたが、今では、そうした人たちにお任せしています。

また、チカンの出そうな暗闇には、蛍光灯を設置したり、警告の看板を設置したりして防犯に努めています。

とにかく色々な職種を体験した人たちの集団ですから、その経験は豊富です。
看板も、プロの看板師がいますから出来栄えもプロ級であることは勿論です。

また、警察官や警備員の経験者もいますから、防犯対策は徹底しています。
特に、夜警では、そうした人たちの経験が活かされます。
経験者は一目見て、その若者が犯罪に巻き込まれそうなのかが分るそうです。
そして、緩急を区別して適切に注意しているそうです。

Photo 先日も、夜間ランニングの女性がチンピラ風の男性らに声を掛けられた時、不審に思った自警団の団員が大声でチンピラ風の若者たちを威嚇したようです。

そのあまりにも大きな声に驚いた若者たちは、一目散に逃げたといいます。
その大声を出した人は、普段は温和な自転車屋さんのオヤジさんというのですから驚きです。

最近は、大人が子供に襲われる時代なのか、子供が悪いことをしているのを見ても 見ぬ振りをする大人が多いようですね。
でも、一般に、アラ還の世代の男性は、小さいときから大声を出す訓練を受けているようですから、とっさの時には信じられないぐらいの大声が出るようです。

ところが、それより一世代下の小生の世代の男性は、一般に声が小さいようですね。
ですから、とっさのときには大声が出ないようです。
残念ながら小生も、大声を出すことが不得意です。

また、戦争を経験した 80歳台の人たちも大声を出すことが出来ます。
そうした人たちは、マイクがなくても、大勢の人たちの前で話すことが出来ますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バス協会の欺瞞

ウソだっ ! !

民主党が掲げる高速道路無料化について、バス協会が異議を申し立てたようです。
バス協会も、トラック協会と同様に、高速道路の無料化に反対なんだそうです。

でも、小生は知っていますよ。Photo
小生が観光バスのアルバイトをしていた 15年前、バス協会は有料道路代が高すぎると文句を言っていたではないですか ?

とにかく、「日本の有料道路代や燃料代が世界と比較して余りにも高い。ドイツのアウトバーンは無料ではないか・・・」と言うことで、高速道路を無料に出来なくても、せめて償還した有料自動車道を無料あるいは半額にして欲しいということで、バスの運転手をはじめ整備士たちにも署名を集めたではないですか。
小生もそれに署名をしたのを覚えていますよ。

たとえば、東名高速道路で、静岡から東京に出る場合、小生の乗っている軽自動車なら 3,300円。普通自動車なら 4,100円。ところが、大型バスになると 1万 1千円 になるのですね。
こんなんでは、やっていられない ! ! ・・・なんて、叫んでいたではないですか ?

そうしたバス協会などの運動の成果で、全国の有料自動車道路の無料化が進みました。

ところが、「無料になると一般の利用車が急増して、渋滞になるようになった。これでは運行に支障が起こる。」なんて、バス・トラック協会などが言い出しました。

でも、最近、休日の自家用車の道路代を一律 1千円 にしたわけですが、確かに以前と比べて渋滞は増えましたが、それでもバブル全盛期の車の量と比べれば、まだまだ少ないと思います。

また、マイカーの運転は疲れますので、最初のうちはマイカーを運転していても、スグに営業車を利用するようになると思いますよ。
ですから、高速代を無料にしてもバス協会が言うほどの損害はないと思います。

今回もバス協会は、無料化反対の署名を乗務員らに求めたようですが、乗務員らがそれに署名したところで彼らの所得が増えるのでしょうか ?

それよりも、首都の環状道路を整備してもらいたい・・・。その方が切実です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

違法なサイト

シャッター音の無音化 ?

昨日のゴルフ、日本オープンの最終日。Photo_4
石川 遼 選手が、カメラのシャッター音に気が散って、スコアを崩したことが報道されていました。
確かに、シャッター音が気になる時ってありますね。

そこで、デジタルカメラには「無音モード」があるのですが、ケータイのカメラにはそれがありません。
なんでも、盗撮防止のために、ケータイシャッター音は消すことが出来ないようになっているんだそうです。

なのに、ケータイのシャッター音を消去する裏技として、110番に電話する方法が記されているサイトがあります。 ( 以下のサイトの内容は、ウソです ! ! )

http://tool-4.net/?id=THE&pn=6

http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/nabokohu/?pnum=0_7

http://copipe.cureblack.com/copipe/2008/05/10/2183

http://juspion.livedoor.biz/archives/51284332.html

これらは、単に 110番にダイヤルするだけで、シャッター音を消すことなんて出来ません。
明らかに、悪質なサイトですね。

騙されないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーディオ

音の世界

アウトドア
の趣味が‘釣り’なら、インドアーの趣味が‘オーディオ’である小生。

ところが、年齢を重ねると、聞こえる音の範囲も狭まって来るようです。Photo
具体的には、高音が聞こえないのですね。

たとえば、オーディオのテスト用の CD というのがありまして、それには、高音から低音までさまざまな音域の音が収録されています。

その CD を聞くと、今まで聞こえていた 1万ヘルツの音が小生には聞こえないのです。

( 一般にヒトは、20 ~ 2万ヘルツの音が聞こえるということです。)
聞こえないのでボリュームを上げると、子供たちは「ウルサイ ! ! 」と怒り出します。
若い人たちにとっては、この音はたいへん不快な音に聞こえるようです。

でも、小生がこの CD を購入した 20前は、確かに 1万 5千ヘルツの音は聞こえていました。

そういうことで、小生の耳は聞こえが悪くなっているようです。

そんな小生なんですが、相変わらず家の中では、自作の真空管アンプで、大口径のスピーカーで音楽を楽しんでいます。

ときどき、子供たちの i ポット などと小生の真空管アンプをつないで新しい音楽を聞くことがあるのですが、いつもヘッドホーンで聞いている子供たちは、まるで違う音楽を聴いているみたいだと驚いています。

つまり、ヘッドホーンで再生される音は、小生の耳のように音域が狭いようですね。しかも、重低音が誇張されて、せっかくの中音のいいところが犠牲になっています。

ところが、大きなスピーカーの木製のエンクロージャー  ( 箱 ) から発生する音は、音が区別されて忠実に再生されています。

しかも、真空管アンプで増幅された音には、キンキンとした嫌な感じがなくて、透き通った綺麗な音がします。

Photo_2 ですから、「空気が再生されている」という喩えがあるように、大きなスピーカーで再生された音を聴くと、部屋全体が変わってしまいます。

つまり、そこに楽器があって演奏者がいて、その音を出す時のブレス音とか、演奏者が動く時に衣服がすれる音までが聞こえるのです。

そういう音が、普段、聴いている i ポットの中にもあるのですね。

ダウンロードされた音の中にも、そうした緻密な音が収録されているのですから、それを再生しないでは もったいないと思います。

また、最近のテレビのデジタル放送では、素晴らしい音を放送しています。
特に、映画などは、オーディオを通して聞くと、迫力満点ですよ。
さらに、凍った湖のシーンでも、無音が忠実に再生されるので、そうした雰囲気がオーディオを通して感じることが出来ます。

特に高級な機器をそろえなくても、物置などにしまい込んだ昔のオーディオ機器でも十分に楽しめると思います。

そして、そんなに音量を上げなくても、近所に迷惑を掛けることなく、楽しめると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

富士山

安心する形

Photo

静岡県に住んでいる小生は、何千回と富士山を見ているわけですが、毎回、新鮮な感動を覚えます。

本日も、出張の帰りに富士山を望みました。

また、長野県の某ドライブインで、日本三大奇祭の一つ、御柱祭りの練習をしていました。
6年毎に開かれるということで、来年の大祭に向けて地元の青年たちが練習していました。

2009101814580001_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寡黙

新しい職人像

小生が小僧の頃、先輩職人から‘寡黙’であることを教えられました。
別に、言葉によって教えられたのではなくて、先輩たちの態度が‘寡黙’であったので、職人というものは‘寡黙’であると、自分で勝手に思い込んでいるに過ぎないのかもしれません。

いずれにしても、職人がベラベラ喋ると、何かその人の仕事が軽く思えてきます。
むしろ、言い訳めいていて、好きではありません。

ところが 10年ほど前、弊社に会計事務所経由でコンサルタントが派遣され、社員ひとりひとりがそのコンサルタントと面談しました。

そのとき、その若きコンサルタント氏は、弊社の社員全員に ( 社長から事務員さんまで )、自分の仕事の内容を文章にしてまとめ、それを口頭で皆の前で発表せよ・・・という宿題を与えていました。
なんでも、言葉に出来ない仕事は偽物なんだそうです。
それが、ISO で言う 作業の標準化 ということでした。そうすることによって、その人の「力量」が分るのだそうです。

この若きコンサルタント氏の提唱は、今までの職人の常識から離れたものですから、職人たちの反発をかいました。

しかし、コンサルタント氏の宿題は社命でありますから、皆、渋々 従ったわけです。

小生は一晩考えぬいて、一言 「金属を加工すること」と書いて提出しました。
すると、「ふざけるな ! 」と、一喝されてしまいました。

そこで、今度は一週間掛けて、仕事の細部を説明する文章を書き上げました。
原稿用紙 15枚分です。

なにしろ、一日の仕事が終わってからの宿題で、一杯飲みながら考えるのでなかなか進みませんでした。しかも、文章を書くのは作業日報ぐらいなもので、長文なんて結婚式の祝辞の下書きぐらいしか書いたことのない人間でありますから、悪戦苦闘をしました。

しかし、そのお陰で、自分がどんな仕事をしているのか振り返ることが出来ました。
さらに、出張などをしてお客様に説明する時、この経験がたいへん役に立ちました。

やはり、説明できないことは偽物だと思いました。

もちろん、説明しても分らない人がいます。
その場合は、小生の説明の仕方が悪いと反省しましたが、最近の小生は生意気になり、相手が分らないのは、こちら側の説明の仕方が悪いのではなくて、相手のレベルが低いからだと思うようになりました。

つまり、どんなに噛み砕いて説明しても、分らない人には分らないのです。
その場合は‘寡黙’に戻ることにします。
そうして、小生の仕事を実際に見せて、態度で説明することにしています。

ですから、寡黙であることは、職人による最高の表現方法だと思います。
イチロー選手がどんなに喋っても、彼が一発ヒットを打った方が、説得力があるでしょう ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インフルエンザ、猛威

劇的に拡大

インフルエンザの拡大が止まりません。
どうやら弊社の半数の社員が発症しているようで、出張要員が足りません。
・・・ということで、小生も明日からの休日も狩り出されることになりました。

ところで、新型インフルエンザによる死亡例がマスコミで発表されています。
インフルエンザの特効薬 タミフル が効かない耐抗性のウイルスが拡大しているのでしょうか ?
そうした変異したウイルスに対抗して、新たな特効薬が開発されているようです。
そのひとつが、ペラミビル。一回の注射で、タミフル 5日分の効果があるそうですね。
現在、臨床試験が行われているそうです。Photo

また、長女の通う大学でも、インフルエンザの感染を抑制する物質の合成に成功したと、地方紙が伝えていました。
現在、動物実験の準備に入ったそうです。
なんでも、お茶に含まれている カテキン の一種、エピガロカテキンガレート ( EGCG ) の構造を基に研究を重ね、より安定した化合物の合成に成功したということです。
その感染抑止効果を調べたところ、EGCG よりも 30~60倍も強かったそうです。

静岡県はお茶の産地ということで、お茶に含まれる カテキン の研究が盛んです。
カテキンには、抗菌、抗アレルギー、抗がん、血圧上昇抑制などの効果があることが分っています。
そこで、大学を始め、民間でも盛んに研究され、新商品が出回っています。
また一つ、あたらしい効能が期待できそうです。

そうしたこともあり、静岡県民は、お茶でうがいをする人が多いですよ。
静岡県内のある小学校では、蛇口をひねるとお茶が出てくところもあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンモクセイの香

窓から漂う2009101315030002

拙宅のキンモクセイがその香を出しています。
まるで、家中が香水に包まれたようです。

他の家よりも少し遅く咲き出しました。
暫くの間、楽しめそうです。

ところで、キンモクセイの花言葉は 「謙遜、真実、変わらぬ魅力」 なんだそうですね。
この香をかぐと、なんとなく分るような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新聞週間

静岡で第 62回新聞大会

本日の朝刊はいつもよりも重いのでよくみると、新聞週間の特集刷りが 2部も増刊されていました。Photo_3

どうやら明日から「新聞週間」ということで、低迷が続く「新聞購読」について再考するようです。

なにしろインターネットで新聞記事が検証できる時代です。いままで無条件に信じていた新聞記事が、情報操作されたいたり思想誘導に使われていたことが周知され、新聞の信頼が揺らいでいます。

Photo_2 特に、全国紙の A 新聞は、その偏りが余りにもヒドイので、常に インターネット の餌食になっているようです。 ( イラストは、朝日民主主義人民共和国 ? の国旗 )

それに加えて経済の不活性化で、新聞の発行部数は激減し、広告収入インターネットに抜かれてしまいました。

そういうわけで、今後の新聞の使命責任を探ろうということで、第 62回新聞大会が 静岡 で開催されるのだそうです。

それに合せて小生が購読している『静岡新聞』も本日から 3日間、特集記事を連載するようです。

とにかく、全国紙の落ち込みは悲惨なようですね。ところが、そのなかで地方紙が頑張っているようです。

静岡新聞』も、そのコンテンツを見ると、地方に関する情報が大半を占めています。

地方のイベントはもとより、市民スポーツの結果とか釣り情報に至まで、知りたい情報がすぐ分ります。

また、青少年の教育にも重視しているようで、理科離れが叫ばれてから、敢えて子供向けの科学情報を発信しています。

そういうわけで、静岡新聞は地方紙としての存在をフルに利用して、健闘しているようです。

大量の紙を使用する新聞は、エコの時代に反していますから、今後は形を変えていくことになるでしょうが、その変貌ぷりが楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パンデミック

新型インフルエンザ

きょうも、秋晴れの爽やかな朝でした。

さて、先週、家族がインフルエンザに感染したことを記事にした瞬間、このホームページの来訪者の数が激減しました。
そして、インフルエンザが去ったことを記事にしたら、来訪者の数が元に戻りました。

このホームページを見ると、インターネットを通じてインフルエンザ・ウイルスに感染するとでも思われたのでしょうか ?

さて、連休明けの本日、長女が受診した病院に、『登校許可証明書』の作成をお願いしに行きました。
これがないと、大学に復学できなからです。

それにしても、病院はインフルエンザの患者でいっぱいでした。
せっかく隔離室を準備していても、インフルエンザの疑いのある患者が平気で病院の待合室に入ってきます。

インフルエンザの疑いがある場合は、予め病院に連絡して、隔離して受診することになっているはずなんですが・・・。

また、インフルエンザに罹っても、病院に通わせないで、そのまま学校に行かせる親がいるそうです。
学校では、毎朝、学生・生徒を検温し、感染の疑いのある人は家に返す処置を採っているようですが、子どもが家に返されても何もしない親が多いそうです。

働いているので、子どもを病院に連れて行く暇がないのでしょうか・・・。
結局、その親も感染して職場に行くので、インフルエンザは、ますます広がるわけです。

電車でもバスでも、明らかに高熱を出して元気のない人が乗っています。
そういう姿を見ると、国民の意識は薄いというよりも、生活のために休めないのが実情なんでしょうか・・・

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋祭り

爽やかな秋晴れ

本日は日本に高気圧が張り出して、全国的に爽やかな秋晴れなんだそうです。Photo
この日は、近所の鎮守の杜のお祭りです。

インフルエンザで休んでいた長女もスッカリ治り、元気よく大学に登校していきました。
小生も、インフルエンザにうつらなかったようで、本日の祭りに参加しています。

小生の担当はチョウボロ (山車) 曳きでしたが、それは昨日でしたので他の担当者に代わってもらい、本日は焼きソバ売りの手伝いをしています。

2009101210500000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水港に二隻の帆船が

日本丸 と 海王丸

来る 15日に、静岡県の清水港に、美しい帆船 「日本丸」と「海王丸」が揃うそうです。

2隻が同時に寄港するのは 10年ぶりのこと。しばらく滞在するようですね。
今から楽しみです。

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トイレの水漏れ

無料 ! !

昨日、拙宅の水洗トイレから水が洩れていました。Photo
見ると、タンクの下から水が伝わってきています。

そこで、いつもお世話になっている工務店に電話しましたが繋がりません。
仕方がないので、便器のメーカーに直接、電話してみました。

丁寧な応対で、修理を手配してくれました。
ただ、7年前の便器ですので、保障期間が過ぎているから、有料の修理になるということでした。
そして、間もなく修理屋さんが来てくれました。電話をして一時間足らずです。

便器のタンクと本体のパッキンが原因ではないかと、そこを見ましたが別に異常はありませんでした。
どうやら、タンクと本体を取り付けるプラスチックスのボルトが逆向きについていて、それが緩んだのが原因だったようです。

とれあえず、パッキンを全て取り替えてくれて、しかも調整をしてくれました。
お陰で、ハンドルの部分のガタがなくなりました。

そこで、修理代を払おうとしたら、無料でいいといいます。

なんでも、製品の年式とか修理内容で、無料になる場合があるそうです。
有料だと聞いていたので、何か得をしたような気分です。

作業時間は、わずか 30分でした。

あまりにも早い対応に、驚きました。
ちなみに、この便器のメーカーは TOTO です。

( イラストは、横浜市水道局より )

| | コメント (4) | トラックバック (0)

描けない未来

終身雇用

拙宅にインフルエンザが入り込み、仕方なく小生も、家の中で閉じこもっています。
たまった本を読む気にもなれず、朝のテレビを眺めていたら、かつての日本の「終身雇用制度」を取り上げていました。

世界の奇跡といわれた日本の高度成長を支えていたのは、日本型経営、つまり「年功序列」「終身雇用」という雇用形態だといいます。
つまり、身分が安定した従業員は、「忠誠心」で経営者に応え、歴史上類を見ない「発展」を実現しました。Photo

ところが、機械やシステムの発達で、「経験」が重視されなくなり、欧米型の「成果主義」が跋扈し、今までの雇用形態は一気に崩れました。

契約型社員が増え、リストラが横行し、社員の身分は保証されず、収入も激減しました。
それが社会不安をもたらし、内需の減少が構造的に定着しました。
つまり、今後このままでは経済発展が見込まれない状況です。

そこで、弊社について振り返ってみました。

弊社は、創業 55年です。現在は 三代目が実権を握っています。
小生は、初代社長に育ててもらい、現在に至ってます。

小生が入社したのは、オイルショックのときです。
入社して間もなく、弊社は‘休業’。どうなるかと思いましたが、スグに立ち直りました。
その後、バブル期を迎え、何を作っても、高く売れました。
雇用も安定し、たくさんの社員がまるで家族のようでした。

ところが、二代目社長に移り、株などに手を出し、バブル崩壊と共に会社を縮小せざるを得なくなり、リストラで乗り切りました。
そのとき、またしても半年間、休業しました。
それでも、コア技術の維持は確保しました。

その後、安定期に入り、規模を縮小したまま、利益と効率のみを追求する ISO を取り入れ、「標準化」を進めてきました。その結果、実態から離れた「最高益」を実現するわけです。
また、時代は中国・・・ということで、中国の進出に乗り出しました。

ところが、昨年の世界同時不況によって、その波を被り、国内需要は皆無となり、大胆なリストラを強行し、技術者を放出し、さらに提携先にコア技術を提供しています。

もう、その時点で、小生は弊社の未来像が描けなくなりました。
弊社の技術は、自社で育てるものですから、運転手とか事務員さんなどのように足りなくなったら他から補充できるものではありません。
三代目は、それが理解できないようです。

技術者を育てるには、最低、十年は掛かります。しかも、20歳代から始めてでは遅いのです。ある意味、技能ですから、体で覚える部分があるのですね。

そこのところが、わからないようです。

どうやら、自社ブランドのプライドを捨て、会社自体が「標準化」してしまったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暇だぁ・・・

やることがない ! !

インフルエンザ 4日目の長女。102
熱も 35.8℃ に下がり、元気いっぱいです。
でも、声はガラガラ。これでは外に出られません。
そうでなくても、熱が下がってから 2日間は、外出しないように医師から言われています。
大学へは、医師の登校許可書をもらってから来るようにと、大学のホームページに記されているようです。

そんなわけで、暇を弄 ( もてあそ ) ばしている長女です。
メールも、mixi も、ビデオもゲームも、飽きてしまったようです。

旅行のパンフレットを見ては、ため息・・・

本来ならこの連休中は、もうすぐ学園祭ということで準備に追われて忙しい筈だったそうです。

Baikinman300 ところで、小生も、喉がいがらんできました。 ← これは方言でしょうか ?

今のところ、体温は 36.0℃ で、発熱はしていませんが、恐らく感染はしているでしょうね。

小生も本来なら、このたび長男が嫁さんを貰う相手の家に挨拶に行く予定でした。
また、神社の秋祭りの準備もあります。Photo
それが、全部キャンセルです。みなさんにインフルエンザをうつしてはいけませんものね。
そこで、小生は、溜まっていた読書とビデオ鑑賞をすることにしました。

でも、長女は友達と遊ぶことも出来ないし、「やることがない ! ! 」と、騒いでいます。
そんな暇があったら、部屋の片付けでもすればよいのに・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タミフルの効果

早ければ早いほど

昨日、39.2℃の高熱を出した長女。簡易検査で A型のインフルエンザであることが判明しました。
Photo 早速、処方された タミフル を服用したところ、今朝は 37.1℃ まで下がりました。
インターネットで調べてみると、その 37℃ 台の熱が数日続いて、平熱に戻るのだそうですね。
それから、2~3日で完治ということで、医師から登校許可が下りるのだそうです。

発熱してから一週間程度の間、周囲に感染させる力があるというのですから、小生は常に感染の危険性に晒 ( さら ) されているわけです。いまのところ、小生の体温は 36.1℃ ですから、発症していないようです。潜伏期間は 1~2日程度といいますから、どうなるでしょうか ?

とりあえず、マスクをしながら出社していますが、いつの間にか、マスクを外しています。( どうやら、家族がインフルエンザに罹っているのは小生だけではなかったようです )

それにしても、タミフルの効果は抜群ですね。さすが、特効薬です。

そういえば、6年前にも、次男が A型のインフルエンザに罹ったことがありました。
ちょうどその頃、タミフルが出回りはじめた頃で、次男もそれを服用しました。

すると、スグに熱が下がったのですが、しゃべっていることが変だったので、医師の指示で 2日間で服用を中止しました。まだその頃は、タミフルによる異常行動が報道されていませんでした。
とにかく、次男の言動が異常に思えて心配してしまいました。
( 長女は、今でも次男に後遺症が残っていると からかいますが、もちろん後遺症はありません )

ところが、その一週間後、今度はその長女が学校で 38℃ の高熱を出したので、家に返されてしまいました。203
翌日は、バレーボールの大会が控えていました。
( 当時の長女は、バレーボールは中学生の日本代表の腕前でした。)

ちょうど、次男のタミフルが余っていたので、それを飲んだところ、たちどころに熱が下がりました。
そんなわけで、長女は翌日の試合に元気に出場しました。
( 医者の検査を受けなかったので、インフルエンザかどうかはわかりません。もし、インフルエンザだったら、周囲にウイルスを撒き散らしたことになりますね。 )

今回も、熱が出た時点で医者に行けばよかったのですが、長女はインフルエンザではない・・・なんて言ってました。自分は、人よりも抵抗力があるから、絶対にインフルエンザには感染しないという過信があったようです。
あの時に行っていれば、もっとはやく治ったかもしれません。

・・・ということで、高熱の場合は、インフルエンザを疑い、スグに タミフル とか リレンザ を服用すれば、重症に陥ることはないだろう・・・というお話でした。

ですから、インフルエンザに罹ったら、患者本人だけでなくその家族にも、タミフル とか リレンザ が処方されれは、感染の広がりは抑えられ、重篤になることは少ないと思いますが、そう簡単な問題ではないのでしょうね。タミフルが効かないウイルスもあるといいますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

火事だ ! !

子どもたちは、大喜び

2009100814410001
本日は、台風が来るということで学校はお休み。
ところが、その台風は、明け方に上陸して、10時ごろには快晴です。
学校は休みで、しかもいい天気。
そんな暇を弄 ( もてあそ ) んでいた子どもたちに一大事 ! !

なんと、拙宅の隣の工場でボヤ騒ぎがあったのです。
ちょうど、長女のインフルエンザで、病院から帰ってきたときです。

何やら、白い煙がモクモクとしているではありませんか。
どうやら火事みたいです。

「うー、うー」とサイレンを鳴らしながら、消防車が駆けつけました。
それを聞きつけた子どもたちが、一斉に集合。

なんと、拙宅の家の前には、消防車と子どもたちで ごった返し ました。

ボヤは消防車が来るまでに工員らによって消し止められ、延焼はありませんでした。

( 写真は、消防車を前に、ポーズをとる近所の子どもたち )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザがやってきた ! !

A型ですって

新聞・テレビでも、新型インフルエンザが蔓延していることが伝えられている中、どうやら拙宅にも新型インフルエンザがいらっしゃったようです。

008 昨日の昼、大学生の長女が、大学で発熱。そのときは、38.1℃。でも、非常に元気。
そして今朝は 39.2℃。それでも全く元気です。
でも、その高熱は明らかにインフルエンザだと思い、近所の掛かりつけ医に相談したところ、隔離室のある病院を紹介してくれました。
そこで簡易検査をしたところ、 A型のインフルエンザと判明。今話題のインフルエンザの特効薬 タミフルを処方してもらいました。Photo
長女は外出禁止となり、仕方がないので、家の中でメールをしたりゲームをしています。

長女が休んでいる部屋は、認知症の祖母とは棟が離れていますが、小生を介して感染すると困るので、祖母の介助は叔母に頼むことにしました。

ところで、家族にインフルエンザの患者が出たということで、小生は今度の祭りも出られないので、他の役員にそのことを連絡。そして、会社に連絡したところ、マスクを着用して出社してくれといいます。

でも、会社のマニュアルでは、家族がインフルエンザを発症した場合は、出社を控えることになっていたはずです。
ところが、既に、弊社は蔓延していたというのです。

・・・というか、もう、既に対策が取れないほど、一気に広がっていたというのですね。

新型インフルエンザの毒性が通常型のインフルエンザと同じということで、特に対策を採らないということで、会社間では暗黙の了解となっているようです。

そんなこと、小生は知らされていませんでした。

また、昨日の『静岡新聞』によりますと、国が新型インフルエンザのワクチン接種に関する基本方針を決めたことを受けて、静岡県では市町担当者会議を開いて、ワクチン接種の実施体制を早急に構築するように求めたそうです。

でも、既に静岡県内では、約 60の学校、幼稚園などで新型インフルエンザによる集団感染が確認されていて、学級閉鎖、感染者のみ自宅療養などの対策がとられたようです。

事業所などでも、高熱による欠勤が増加していて、電車・バスの車内で感染しているようです。

恐らく、小生も既に感染しているのでしょうね。。エイメン。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理系と文系

信頼できるのは

銀行で待っている間、週刊誌をめくっていたら、理系」と「文系」を比較した記事がありました。

小生は学歴がないので、文系でも理系でもありません。ですから、こんな話題はどちらでもよいのですが・・・Photo

とりあえず、「どちらが信頼できるか・・・」という記事みたいなので、読み進めていきました。

どうやら、総理大臣の鳩山さんが工学博士号を持っていることや、副総理の菅さんが東工大の物理学科を卒業していることから、その話題が出発しているようです。
つまり、政界では、理系出身の代議士が多くなっているというのですね。

以前は、理系の人は文系よりも勉強量が多いとか、その割には生涯賃金を見ると、文系の方が有利だとか、文系よりも理系の方が算数ができるから頭がいい・・・なんて言われたものでした。

おなじ「利口」でも、理系は「ワイズ」、文系は「クレバー」とか
知識は、理系は深く、文系は広く・・・とか

理系は理屈っぽいが、文系は社交的だ・・・とか

まぁ、いろいろと書いてあります。

最後に、人間的に、文系理系 と どちらが信頼できるか・・・
答えは、理系 のほうが誠実・・・なんだそうです。

そうかなぁ・・・ ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒ッ ! !

急に 秋

Photo_3 今まで夏服だった人が、今朝は冬服で出社して来ました。
昨日から、急に寒くなったような気がします。

それにしても、秋雨が冷たいです。
小生も昨晩、遂に、毛布を出しました。

さて、家内が、スーパーマーケットのバス旅行に当選したと喜んでいます。
家内は、毎年のように当たります。Photo_4
昨年は、名古屋の水族館。今年は、山梨県の八ヶ岳なんだそうで、今回も、ペアではなくてシングルなんだそうです。
ですから、今回も一緒に連れて行ってもらえません。

ところで、山梨の友人によれば、今年の紅葉は良いといいます。小生は、来月の末に、その友人が経営している山梨県の県境の温泉に行く予定です。
毎年、行く予定でいるのですが、いつも流れてしまいます。
今年こそ、行きたいと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

美女と話すと若くなる

たった 5分間だけで

カーラジオを聴いていたら、こんな話をしていました・・・Photo_3

アメリカのカリフォルニアの某大学の研究なんだそうです。
男子学生 149人に試したところ、美女と たった 5分間話すだけで、男性ホルモンが分泌され、若返ることが確認されたんだそうです。

ここで大切なポイントは、‘女性’と話すのではなくて、‘美女’と会話するところ。

しかし、こんなことは研究するまでもないと思いますよ。男なら、誰だって‘美女’の隣に居るだけで、ハッピーですよね。

でも、小生の場合は、逆効果かもしれません。
なにしろ小心者ですから、美女を目の前にすると、ドキドキ・・・
( どこからか、「ウソだ ! ! 」と、叫び声が聞こえてきそうです )
家内に見られていないかと、一層、ドキドキ・・・

でも、その家内を見ていると、
たとえば、テレビの「イケメン・パラダイス」なんて番組を見ているときの家内の顔は崩れています。
ましてや、年末の、イケメンと共にテレビで新年のカウントダウンをする時は、本当に幸せそうです。
ですから、本物のイケメンが家内の目の前に現れれば、家内は死んじゃうでしょう。

そういうわけで、このリポートの信憑性は薄いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

酒と睡眠薬

不眠症

Photo 昨日、中川元財務大臣 ( 享年 56歳 ) が自宅で死亡していたのが発見されたと言います。

小生もたいへん尊敬していた方でしたから、非常に残念です。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

ところで、死因は不明ということですが、ご遺体から 睡眠薬 の成分が検出されたと報道されています。
中川氏は 8月の衆院選で初めて落選したショックで、不眠症の治療を受けていたようです。

そういえば、小生が推していた前自民党議員も、親子代々の政治家で、今回の選挙で初めて落選しました。そのショックで、今も閉じこもりの状態なんだそうです。

議員の先生がたにとって、‘ただの人’に戻ることが、そんなにも恐ろしいことなんでしょうか ?
普段から‘ただの人’である小生には分らない心理です。

ところで、一億総ウツ状態 と言われる日本。夜、眠れない人が多いようですね。
そのために、寝酒を飲んで肝臓を悪くする人が多く、インターネットでは、睡眠薬とが違法のドラッグが大量に流通していると言われております。

ところが、体というものは‘慣れる’もので、毎日服用していると、 も効かなくなってくるようです。

そこで、 を飲み合わせて命を落とす人も増えているとか・・・
今回の中川氏の例も、そんな感じなんでしょうか・・・

どうも、最近の日本人は、すぐに凹んでしまうような気がします。
国民性が草食化しているのでしょうか ?

そういえば、「北朝鮮のように、周りを全て敵に回しても、権益を獲得していることを、我々は学ぶべきである・・・」と言って、辞任を迫られた市会議員がいました。
国民を絶望のどん底に陥れている北の将軍様を称えることには同意できませんが、それにしても、日本人はもっと、たくましく なれないものでしょうか。

このところ、格差社会だとか不景気だとかで、日本人の自殺者が増えていると言いますが、外国を見れば、それでも日本は恵まれていると思います。 「上を見ればキリがない。下を見てもキリがない。」・・・昔からそう言われているではないですか。

日本人の男性の 5人に 1人が、女性の 4人に 1人が老人という日本。
お年寄りには、いつまでも気丈であって欲しいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画 『五線譜のラブレター DE-LOVELY』

夫婦の愛

秋の夜長は、眠れないものです。Photo
そこで、ビデオ鑑賞することにしました。
この映画も、以前、 NHK BS-2 で放送されたものを録画したもので、実話をもとに製作されたそうです。
最初は、手紙などを書きながら観ていたのでしたが、結局、内容に引き込まれてしまい、最後は感動していました。

この映画は、コール・ポーターというアメリカの作曲家の半生を描いたもので、妻・リンダとの夫婦愛がテーマだと思います。

小生は、コール・ポーターの音楽は、映画などでよく聴いていましたが、彼を意識したのはこの映画が初めてです。
そして、夫婦の愛について、再認識させられました。

ところで、小生の結婚式のとき、仲人さんが「夫婦になったら、与える一方、許す一方、それでいい」と言っておりました。

つまり、夫婦の間とは、無意識のうちに相手に求め合う間柄なんだそうです。
ですから、意識の上では、相手が何をしても許して、そして、相手が何を求めているのかを常に考えて、それを一方的に与えるものだ・・・というのですね。

聞いているだけで、疲れてしまう内容ですが、確かに、キリスト教でも仏教でも、夫婦愛についてはそんな感じで教えているように思います。

この映画を観ていても、妻・リンダは夫の性癖 ( 同性愛 ) を受け入れて結婚しました。
ところが、それが許せなくなり、離れて暮らすことになります。

相手に何かを求めた時は、結局、離れて暮らすことになります。
そして、許すことによって、また新たな愛が始まっていきます。
夫婦の間とは、そんなものなんでしょう・・・

小生も、妻と別居して 1年半になりますが、妻に求めすぎてはいなかったかと、反省させられました。

いえ、それよりも更にヒドイ ‘無関心’であったかもしれません。

振り返ってみますと、認知症がひどくなった母は、妻に対して攻撃的です。
それには、目に余るものがありました。
そこで、岳父が亡くなった時を契機に、妻に実家の家業の手伝いに行かせました。
妻がストレス解消の機会を欲しがっていたと感じたからです。

ところが、そうしたことについて、友達は反対しました。
「奥さんを実家に帰したら、ロクなことがないよ・・・」と。

確かに、毎日、実家に帰れば、姑や旦那への不満が口に出てくるでしょう。
それが昂じて、姑や旦那に対する反抗心が芽生えると言います。

はたして、妻の場合も、そういう感じです。
反抗心では介護なんてできませんよね。

それが妻自身を苦しめることになり、耐え切れなくなったようです。

そこで、小生は、妻に対して実家の手伝いに行くことを止めるように願いましたが、妻は聞き入れませんでした。
結局、妻は、実家の方から、暇を理由に‘解雇’されてしまい、行き場を失ってしまったのです。
そこで、今では、賄いさんのアルバイトをしています。

毎日仕事があるわけでもなく、結局、別居することになったのです。

ところが、来春、長男が結婚することになり、来週、相手の家に挨拶に行くことになっています。

現在、妻は、このままでいいのか、そうとう悩んでいるようです。
でも、小生は無理に同居しなくてもよいと思っています。

今のままで母と一緒に暮らしたら、妻は崩壊してしまうでしょう。

そこで、再び、結婚式の時の仲人さんの言葉を思い出します。

親子の愛は、自然の愛。夫婦の愛 や 嫁姑の愛 は人工の愛。人工の愛の場合は、常に「感謝」という潤滑油を注がなくてはならない・・・

そこで、小生は、妻に対して母に感謝の気持ちを持つように、言葉に出さなくても、知らず知らずのうちに要求していたと思います。それが、妻にとっては大変な苦痛だったと思います。

ところで、一般的に、相手に何かを求めたら、求められた方も苦痛でしょう。
求めた方も、要求が達成されなかったら、不満に思うでしょう。

だから、成り行きに任せたいと思います。
この映画を観て、そう思いました。


2004年 アメリカ・イギリス 125分 監督 ; アーウィン・ウィンクラー 出演 ; ケビン・クライン、アシュレイ・ジャッド

| | コメント (3) | トラックバック (0)

祭りだ、祭りだ

鎮守の杜

秋といえば、フェスティバルです。
学園祭、文化祭、そして、10月 12日は、当地の村の神社の秋祭りです。
自治会では、この祭りに全面的に協力する予定で、小生は‘ちょうぼろ’の担当です。

ちょうぼろ’とは山車 ( だし ) のことで、子どもたちは、その周りで踊ったり笛を吹いたりします。
そこで、祭りが迫った本日と明日、子どもたちや大人たちが集まって、合同練習をします。
最後の仕上げです。

今の子どもたちは、スポーツ少年団とか塾通いで、なかなかこのような地方行事に参加しにくい環境です。
でも、中老会とか体育員会婦人会の呼びかけで、なんとか子どもたちの定員まで集まりました。
子どもたちは、お揃いの法被を着て、ねじり鉢巻腰紐を下げて、婦人会の人にお化粧をしてもらいます。

そういうわけで、今から終日、神社に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃぶ台反し

星一徹は一回だけ

今のオヤジは友達みたいですが、以前のオヤジは怖かった・・・。
そのオヤジが怖かった理由の一つが、「ちゃぶ台反し」。

Photo_4 以前のテレビドラマで 向田邦子さんの 『寺内貫太郎一家』というのがありましたが、寺内貫太郎を演じる 小林亜星さんが、よく ちゃぶ台をひっくり返していましたね。

また、スポコン劇画 『巨人の星』 に登場する 星一徹 も、ちゃぶ台反しをやっていました。

どうやら、ちゃぶ台反し は、頑固オヤジの象徴みたいです。Photo_2

でも、調べてみますと、どうやら、星一徹 のちゃぶ台返しは、たった一回だけ・・・という研究成果があるようです。

おもしろいですね。

Photo_3 ところで、この ちゃぶ台反し の爽快感を味わおうと、ちゃぶ台返し をゲームにしちゃったそうですね。

ストレスが溜まった方は、是非どうぞ。
でも、幼い頃に父親に ちゃぶ台反し をされたことがある人や、夫にされたことがあるご婦人の中には、返って、このゲームはストレスが溜まるかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

庭の花

2009071716530000 2009071716560000 2009092110180001





20090921102900012009092109550000_2 2009072214060000





2009092911140001

2009090215260002

2009091916370000_2





拙宅の庭に咲いている花たちを写してみました。

ところで、皆様のパソコンでは、どんな具合に写っていますか ?

こちらの設定ですと、下の写真のように、3行 3列で並べて置いたのですが・・・。

Photo

ところが、娘のパソコンで見ると、ズレて写っています。娘のパソコンと小生のパソコンは、同じ機種で同じ画面の設定です。

パソコンの機種が同じでも、微妙に違って写るようですね。

また、画面の設定方式によっても、色々に写るようですね。

小生の画面の設定は 1024 × 768 ピクセルです。

どうしたら、投稿したイメージで、全てのパソコンに画像をお見せできるか、思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中秋の名月

月より団子

Sep02_a24 明日、10月 3日は、2009年の 十五夜 なんだそうですね。
その 十五夜 より美しく月が観れるという 十三夜 は、10月 30日なんだそうです。

さて、観月に欠かせないアイテムといえば、ススキ 団子
その団子についてのお話です。

静岡の月見団子と言えば、丸いピンポン玉のようなものでなくて、潰れています。
これをへそ団子(へそも ち)」と呼んでいるそうです。

小生は、月見団子を敢えて潰した理由を、葬式団子と区別するためだと思っていました。家内は、「火が通りやすいように真ん中を窪めている」んじゃないの、と言います。


ところが、一説によりますと、徳川家康公の幼少時代、彼はたいへん食が細かったそうです。
そこで、付き人が、団子を潰してそこに‘へそ’を作って、そこに餡を載せて食べさせようとしたんだそうです。
つまり、餡をのせるために窪みを作ったというのですね。これが、へそ団子の由来と言うのです。

このように、静岡県人は、なんでも徳川家康に結び付けてしまう傾向があると思います。

丸いお月様を見ながら、丸い団子を食べて、お腹も丸くなる・・・Oct02_a25
なんともいい季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯をしながら・・・

静岡県でも

本日から、静岡県でも自転車に乗りながら携帯電話を操作すると、5万円以下の罰金なんだそうです。

既に、熊本県とか大阪府などでは、施行されているそうですね。Photo_2

でも、実際に、自動車を見ると、道行く自動車の 10台に 1台は、携帯電話を掛けながら運転しています。
その取り締まりをしているところも見たことがありません。

そんな具合ですから、はたして自転車の取り締まりも徹底されるのか疑問です。

小生も、以前、携帯電話を掛けながら走っていた車に追突されたことがありました。
怪我はありませんでしたが、小生の車は工場に送られてしまいました。

どうか、自動車自転車を運転される方は、運転中は絶対に携帯電話を操作しないようにしましょう ! !

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »