« 南こうせつ サマーピクニック in つま恋 | トップページ | 多数決の意味 »

妻の努力

無理をしないで

認知症と診断され、要介護 3の母。
父が、脳梗塞を発症したとき、母の病気が顕著に現れました。
あれから、15年になります。
母の症状は、一進一退。一見、普通に見えても、ブレーキの効かない車と同然。
常に、介助が必要な状態です。
しかも、攻撃的ですから、その介護の継続にはストレスが重なります。

長男の嫁として、そして、三人の子どもの母として頑張りましたが、遂に限界。
ドクター・ストップが掛かりました。
そうして、昨年から、別居生活がはじまったわけです。
妻は、近くのアパートに次男とともに住み、小生は、長女と一緒に住んでいます。

ところで、他のアパートで同棲していた長男も、来春の結婚が決まり、また、高校三年の次男も、来春から他県での就職が決まりました。
それから、長女も来春から、大学の近くのアパートを借りて、研究に没頭する予定です。
そういうわけで、来春には、妻が戻る予定です。

しかし、妻の受けた精神的ダメージは 相当なもので、小生は 無理をしてまで同居することには疑問です。
それでも、妻の意思は固く、来春の同居に備えて、毎週一回は、母の介護に参加してくれています。そして、その前には、かならず墓参をして、先祖の力を借りているそうです。

人間としての責任感がそうさせているのでしょうか。
子どもたちの成長にしたがって、いつまでも“停滞”していられないと感じたようです。

そうした妻の意思につられて、長男も結婚に踏み切った側面があります。
長男の嫁さんになる人は、介護施設で介護士として働いているようで、結婚後は同居して母の面倒を看てくれるとも言っているようですが、小生は、長男夫婦との同居は考えていません。

高齢化が進み、介護も、10年 20年が当たり前の時代となりました。
こんな時代を誰が予想したのでしょうか。

|

« 南こうせつ サマーピクニック in つま恋 | トップページ | 多数決の意味 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/46249867

この記事へのトラックバック一覧です: 妻の努力:

« 南こうせつ サマーピクニック in つま恋 | トップページ | 多数決の意味 »