« 体調不良 | トップページ | 菅家さんに選挙権がない ! ? »

50年目の金メダル

クヨクヨしない

カーラジオを聞いていたら、素晴らしいニュースを放送していました。

1959年、アメリカでの柔道団体戦で、欠場した男子の代わりに出場して、見事、優勝に導いた女性 がいたそうです。その人は、ラスティ・カノコギさん (74) 。
ところが、女子ということがバレて、団体の金メダルが保障された代わりに、ラスティ・カノコギさんの金メダルは剥奪されてしまったそうです。

そういうこともあって、ラスティ・カノコギさんは私財をなげうって、女子の世界大会を開くなど尽力し、「女子柔道の母」と言われるようになったそうです。

それから50年目にあたり、 21日に、ニューヨークで、剥奪された金メダルが返還されたそうです。

本人のコメントによれば、「メダルが剥奪されたあと、くよくよ考えることなくひたすら柔道に取り組んできただけです」と。

草食系男子と呼ばれる世の中です。女性のたくましさを感じた話です。

【略歴】
ラスティ・カノコギさん Rusty Kanokogi ニューヨーク・ブルックリン生まれのユダヤ人。20歳で柔道を始め、62年には講道館でトレーニングを受ける。ソウル五輪の米国女子柔道チーム・コーチ。女子柔道への貢献で94年、国際女性スポーツ殿堂入り。昨年、旭日小綬章。夫は熊本県出身の柔道家、鹿子木量平さん(71)。 【毎日新聞より】

|

« 体調不良 | トップページ | 菅家さんに選挙権がない ! ? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45998676

この記事へのトラックバック一覧です: 50年目の金メダル:

« 体調不良 | トップページ | 菅家さんに選挙権がない ! ? »