« 衆院選運動、活発に | トップページ | 戦後 21回目の衆院解散 »

法事の読経

新しいお墓

本日は、身内だけの法事がありまして、今、ようやく終わったところです。Photo

本当は、秋口に法事をお願いしていたのですが、お坊様のご都合で、二転三転して、本日ということに相成りました。

天気予報に反して、終日、太陽が照る蒸し暑い日でした。そういえば、本日は土用の丑の日です。

ところで、一族の年長者である伯父は、2日前に体調を崩して入院。伯母も、大事をとって本日の法事には欠席しました。
やはり、猛暑で梅雨の残るこの季節の外出は、お年寄りには酷のようでした。拙宅からお寺、そして墓地のコースは、距離的には短いようで、実は、お墓の前での読経が続き、その炎天下のところで立っていることは大変なことでした。

そうして、先ほど宴席がお開きになったのですが、なんとか無事に終わりました。
その瞬間、子供たちは着替えて、バレーボールや野球に行ってしまいました。
若い人たちには、どんなに暑くても体を動かさずにはいられないようです。

( 写真は、拙宅のお墓です )

|

« 衆院選運動、活発に | トップページ | 戦後 21回目の衆院解散 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

炎天下の中での法事、お疲れ様でした。
立派なお墓ができてよかったですね。happy01

ブログの更新がないと思ったら同窓会等で
いろいろ忙しかったようですね。
同窓会の楽しそうなエピソードにおもわずニヤリと
してしまいました。(笑)smile


投稿: にこりん | 2009年7月20日 (月) 02時27分

お写真を拝見して・・・だいぶ高かったろうなと推察します
私の親父が死んだのは私が29のとき、私の姉が死んでたので墓地はありましたが石碑はない、それで作りましたが、お値段がすごい
縦碑より横碑(西洋風)が石の使用量が少なく安いというのでそれにしましたが、ウン十万
まあ、親のためならしょうがない
その後私の友人がお墓を作りなおしたのですが、石碑代が三百万(1980年頃)
先祖代々の家計も大変だと思いました
でも故郷を離れた今は、お墓参りも年に1度、人生いろいろ
おお、小泉さんも引退だそうです

投稿: 佐為 | 2009年7月20日 (月) 05時59分

にこりんさま、コメントをありがとうございます。
高校時代というと、すっぱい思い出がある時期ですね。
とても楽しいひと時でした。また来年もやるそうです。

それから、お坊さんの都合とは言え、墓参は夏の炎天下でするものではないですね。

投稿: あらま | 2009年7月20日 (月) 13時08分

佐為さま、ありがとうございます。
拙宅の墓石の加工は、友人の石工にお願いしたものです。
既に磨いた石の中から選んで、名前を入れてもらいました。
彼の話によれば、今では、墓石の加工のほとんどが中国でやられているそうですね。
また、石には日本産も中国産もなく「地球産」ですから、品質はどこでも変わらないようなことを言っておりました。
・・・ってことは、この墓石は中国から来たものなんでしょうか ?
ところで、値段はそんなにしませんでしたよ。

投稿: あらま | 2009年7月20日 (月) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45677446

この記事へのトラックバック一覧です: 法事の読経:

« 衆院選運動、活発に | トップページ | 戦後 21回目の衆院解散 »