« 心配したぞ ! ! | トップページ | ブレる民主党 »

直接首相選挙

首相を直接選べる選挙

8月 30日に予定されている国政選挙のネーミングが面白い。

前回の衆院選は、小泉元首相の下での「郵政選挙」でした。国民は、小泉劇場に沸き、圧倒的多数で与党が完勝しましたね。

今回は、何ていう選挙でしょうか。麻生太郎首相のお祖父さんに当たる 吉田 茂 元首相が、「バカヤロー解散」をしたことがありますが、それを文字って 「バカタロー解散」という人がいます。
実は、このネーミングは、自民党内でささやかれていたものと言うのですから驚きです。選挙のタイミングか最悪と言うことで、自民党の前衆院議員らは、総理・総裁に対して相当な不信感を持っているようです。

小生の地方でも、自民党の後援会長らが、敗戦を覚悟した発言を繰り返しています。戦う前からこんな調子ですから、もう勝負は見えていますね。自民党では戦えないので「自分党」で戦うと言うのです。

しかし、マスコミの関心は、誰が国会議員に選ばれるかではなくて、誰が首相になるかに関心が集まっているようです。
つまり、自民党とか公明党に投票すれば、麻生氏に投票したことになり、それ以外に投票すれば、鳩山氏に投票したことになります。

つまり、直接、国民は首相を選ぶことが出来るわけですね。

憲法では、国民は間接的にでしか首相を選べないことになっているのですが、今回の選挙は期せずして直接国民が首相を選ぶ体裁になっています。

そういう意味でも、今回の選挙は「直接首相選挙」と呼んでもいいと思います。

こんな機会は、滅多にありませんからね。・・・でも、アメリカの大統領選挙のときのような盛り上がりはないですね。
もっと盛り上がってもよいと思うのですが、選ばれる対象が 麻生氏か鳩山氏か・・・ではね・・・

これが、桝添 vs 長妻 だったら、若い世代を中心に盛り上がったでしょう。

|

« 心配したぞ ! ! | トップページ | ブレる民主党 »

選挙」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私たちが結果的に首相を選んだとしても、ここ数年のようにすぐに辞めてしまっては困りますね。
そう考えると、麻生さんも鳩山さんもちょっと心配です。

投稿: まさたみ | 2009年7月24日 (金) 19時39分

まさたみ さま、ありがとうこざいます。
以前、自民党が下野した時、熊本の殿様の末裔が総理大臣になりました。
でも、すぐに辞めてしまい、結局、自民党は社会党と連立して与党に返り咲きましたが、その見返りとして村山富市さんを首相にしてしまいました。
ちょうど、阪神大震災があったときです。
そこで、村山さんは、後世に禍根を残す「村山談話」を発表。
日本の本格的な中国に対する土下座外交が始まり、それが橋本さんの時まで続きました。
お陰で、日本は今でも多額のお金を中国に渡し、しかも、中国は、日本の企業に未払いのままでも平気だという習慣を作ってしまいました。
つまり、日本への代金は、戦争補償金だから払わなくてもよい・・・と言うのですね。
いったん、こういう習慣が付きますと、なかなか戻すことが出来ません。
そういうことが繰り返されるのかと思うと、気が滅入ってしまいます。

投稿: あらま | 2009年7月24日 (金) 20時50分

まじめな話、この未曽有の経済危機において麻生さんが頼りになると考えている
麻生さんの国際的な活動などマスコミは抹殺しているが、ものすごい実力である

ハトポッポには無理でしょう

投稿: 佐為 | 2009年7月24日 (金) 23時39分

佐為さま、ありがとうございます。
本日の『静岡新聞』朝刊のヘッドラインは、「民主政権なら概算要求白紙」とありました。
つまり、民主党のマニュフェストに従うと、予算編成に向けて、省庁が動けないと言うのですね。
現実的に、来年度の予算編成がストップしたままと言うのです。
官僚を飼い馴らそうとする民主党が、既に、官僚に飼い馴らされようとしています。
せっかく、景気対策に国が動こうとしているのに、この‘様’ですからね。
これは、深刻な問題です。

投稿: あらま | 2009年7月25日 (土) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45727366

この記事へのトラックバック一覧です: 直接首相選挙:

« 心配したぞ ! ! | トップページ | ブレる民主党 »