« ゲッ、パケ・ホーダイダブル | トップページ | 映画 『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』 »

保守王国の瓦解

2009年 静岡知事選、選挙結果

2009070600000501fnnsocithumb000 静岡県という「地方」は、昔からの保守王国です。
どこの市町村でも、首長も議会も、保守が占めていました。
ところが、一昨年の浜松市長選挙あたりから保守が敗れるようになり、遂に、マスコミの報道があったように、2009年 静岡県知事選は、民主党候補が自民党候補を僅差で破りました。

前回と比べて投票率が増えた分が、そのまま民主党の票になったようです。
とくに、女性が 「自民党は NO ! 」票を叩きつけたようですね。

これから書くことは、結果論ですから何でも書けるわけですが、ある意味「ショック」でもあり、ある意味「当然」かもしれません。

確かに、今までの県政は、中央からの太いパイプから、ヒトカネが大量に流れてきました。
そのお陰で、県内にはたくさんのハコモノが乱立し、その維持費が県政を圧迫し、県民ひとりあたり 300円の「森林税」を徴収しています。
そうした保守県政に対して県民は危惧感を感じたようでした。
特に、産業界が「お役所仕事に NO ! 」を表明したような形です。

こうして知事野党に転落した自民党県連は、未体験な事態だけに、動揺は隠しきれない様子です。

しかし、さらに緊張しているのが、民主党でしょう。
中央官僚とどう向き合うのか、疑心暗鬼です。

それにしても、新しい知事に当選した川勝さん。彼は選挙公示の直前に出馬を表明した新人でした。ですから、今から 3ヶ月前に、自分が静岡県知事になるとは思ってもみなかったでしょう。

逆に、これからの選挙では、民主党の推薦があれば、誰でも各選挙で当選する確率が高いということになるとおもいます。

(写真は FNNニュース動画より)

|

« ゲッ、パケ・ホーダイダブル | トップページ | 映画 『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』 »

選挙」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

思った以上に接戦でしたね。
野党分裂に近い状態なのに、それに負けてしまったのはショックでしょう。
でも今の自民党ではしばらくは無理だと思います。
民主党なら大丈夫・・・でもないんですけど。
しばらくは民主党がどのくらいまでやれるかを見てみたいと思います。

投稿: まさたみ | 2009年7月 6日 (月) 13時17分

まさたみ さま、コメントをありがとうございます。
当選した川勝さんは、実は、石川(前)知事が浜松芸術大学学長に推薦したヒトとされ、しかも、石川知事に静岡空港設置を進言したヒトでもあるそうですね。(Wikipedia より)
つまり、生粋の自民党寄りということになります。
そういう人が、民主党から出馬。
そうした意味では、自民党はダブル・ショックなんでしょうね。

投稿: あらま | 2009年7月 6日 (月) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45554039

この記事へのトラックバック一覧です: 保守王国の瓦解:

« ゲッ、パケ・ホーダイダブル | トップページ | 映画 『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』 »