« 法事の読経 | トップページ | ザンネン 皆既日食 »

戦後 21回目の衆院解散

万歳 ! ! そして、地方へ

Photo 本日 午後の衆院本会議で、河野衆院議長が解散詔書を読み上げると、衆院内で「万歳 ! 」が叫ばれ、民主党議員らは「ニヤリ ! 」と微笑みました。

さぁ、今から 40日間の選挙戦が始まりました。

落ちてしまえば「タダのヒト」になってしまう選挙。テレビに映る議員らの顔は、いくぶん強張っていたような感じがしました。

自民党にとっては崖っぷち。「経済の再生実現できるのは自民党だけだ」「防衛など安心して生活できる環境を維持できるのは自民党だけだ」をスローガンに掲げて戦うようです。

民主党は、「官僚主導の政治から脱却」をスローガンに、無駄をなくした政治をすると叫んでいます。
たしかに、民主党の中枢に座っているヒトの多くは、かつての自民党で政治権力争いをした人たちばかりで、ある意味、官僚から政権担当の場から追い出された人たちです。

ですから、自民党と民主党の結党目的を比較すると、自民党は「自主憲法制定のため」、民主党は「官僚内閣制を打開するため」という違いがあると思います。

ただ、自民党の中にも「官僚内閣制の打開」を考えて実践したしたヒトがいました。それが、途中で政権を投げ出してしまった 安部元首相です。

そんな具合で、東大法卒集団である官僚に逆らえば、政権担当の場から引きずり降ろされてしまうという現実があり、そうした実力のある官僚組織を打破することは、未だにできないでいます。
つまり、頭のいいやつには適わないのです。
ですから、本当に民主党が「官僚主導の政治から脱却」できるのかは大いに疑わしいところです。

世の中、右に傾いても左に傾いても、「お役人天国」であることは歴史が証明するところです。

ただ、国が亡くなってしまえば モトもコもありません。「日本は皆なのものだ・・・」なんて言うヒトには、政権を担当させたくないと思っています。

(写真は、ヤフー画像より)

|

« 法事の読経 | トップページ | ザンネン 皆既日食 »

選挙」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

「・・・」の次は私の思いです。

「経済の再生実現できるのは自民党だけだ」
・・・自民党の政策でたいした効果も出てないじゃないですか。
「防衛など安心して生活できる環境を維持できるのは自民党だけだ」
・・・自民党の政策で安心して生活できてないじゃないですか。
民主党の「官僚主導の政治から脱却」
・・・本当にやってもらおうじゃないですか。

私は現時点では両党ともお互い様だと思います。
でも、これから出てくるであろう各党の政策をじっくり検討できるので、いろいろ比較しながらじっくり考えたいと思います。

なんだかワクワクしてきました。


投稿: まさたみ | 2009年7月21日 (火) 20時12分

まさたみ さま、いよいよ待ちに待った国政選挙ですね。

小生は、自民党でも民主党でもなく、政界大編成を望んでいます。
そうして、今の憲法を変て、独立国家として、きちんと外交が出来る国に育てたいと思っています。
そうでないと、どんどんと国が弱っていくと危惧しています。

投稿: あらま | 2009年7月21日 (火) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45695860

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後 21回目の衆院解散:

« 法事の読経 | トップページ | ザンネン 皆既日食 »