« エンジン音の設定 | トップページ | シャツ・イン派 »

明るくなった

別居の効果

家内が別居をはじめて、ほぼ、一年がたちます。その間に、一ヶ月ほど戻ってきたことがありましが、やはりムリなようでした。今も、近くのアパートで別居を続けています。

Family_c04 介護の生活も、15年も続けていれば、心身ともに喪失してしまいます。とくに、認知症の介護は、大きなストレスが溜まります。

面倒は、「みんなで看る・・・」なんて言うものの、結局は、特定の一人の女性に負担が偏ってしまうものだと思います。

そんなわけで、家内を襲った精神的、肉体的負担は相当に大きかったと思います。

別居した当初、親戚の連中は「親戚会議」なるものを開いて、家内のことを「親不孝」「兄嫁の資格なし」なんて、陰口をたたいて、「私たちが代わりに面倒を看る ! 」なんて、言っておりましたが、実際は、何もしてくれません。

それどころか、小生の弟などは、小生のいないときに、母の言うことを聞いて、せっかく廃止したプロパンガスを再開させてしまったこともありました。

そのお陰で、母は、自分が毎日風呂に入っていると思い込んでしまい、プロパンガスを再開して以来、一度も風呂に入ろうとしません。

仕方がないので、体を拭いてあげています。

そうした周囲の無責任な対応には呆れてしまいましたが、認知症の実態は、経験者でないとわからないようですね。

認知症とは、本人も周囲も、なかなか認めたがらないもののようです。

とにかく、母は、相変わらずブレーキが外れた生活を続けていますが、症状が安定しているように思います。

昨夜も、近くの‘ほたる公園’に行って、蛍を一緒に観てきましたが、周囲の迷惑になるので早々に帰ってきました。

でも、蛍の幻想的な光は、母を慰めてくれたようでした。

ところで、家内のことですが、別居してから、顔つきも穏やかになり、明るい性格が戻ったと思います。Photo_2

しかも、ポツチャリ体型が、さらにポッチャリとなりました。

そうした様子を見ると、家内の状態を見過ごしてきて申し訳ないと思いました。

( そこで、家内の体重が 50kg 未満になったら、静岡空港から海外に行こうという約束をしました。)

ところで、近頃の家内は、おかずを作ってきてくれては、母に食べさせているようです。

しかし、まだまだ同居は無理だと思います。

最近の小生は、ムリに同居しなくても、このままズッと別居でも構わないと思っています。

病気になるほど介護をする必要なんてありませんものね。

でも、その「別居」が新たな問題を生んでいます。

それは、長男の結婚・・・。長男は、彼女と、同棲生活を 2年も続けています。そこで、互いに結婚を希望しているようですが、相手の親が反対しているようです。それは、小生の家庭の問題が原因のようです。

もちろん、長男たちも、ほかのアパートで暮らしていて、結婚してもわれわれとの同居の要請はしないつもりです。でも、生身の人間ですから、何があるか分からないですからね。

そんなわけで、家族バラバラな我が家であります。

でも、この『別居』という選択は、ベストかは分かりませんが、以前よりもベターなことは確かだと思います。

(イラストは、イラストポップさまより)

|

« エンジン音の設定 | トップページ | シャツ・イン派 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

何も言えません
無理せず、頑張ってください(意味不明)

投稿: 佐為 | 2009年6月12日 (金) 19時17分

色んなスタイルがあっていいと
思います。

家族という形はこうあるべき・・
長男の嫁としての態度は・・

そういうのに型ハメするあまり
大切なものが見えなくなって
しまったら
その方が悲しいです。

あらまさんの奥様
あらまさんのお気持ちに
心強くいられる事でしょう。

口で言うだけなら簡単に何でも
いえますが
実際にあらまさんのように行動
できる方は
そういません。

素晴らしいですねぇ。
感動です!!!!!!

投稿: sue | 2009年6月13日 (土) 01時19分

想像ができないほどですね。
奥様と旅行いけますように。

ご長男さんのお相手の家族とお話が出来るといいですね。
表面的にみれば確かに家族がバラバラに暮らしていて、ということになりますが、仲の良いご家族であることがわかれば反対しないんじゃないかと。
就職の心配の後はまたそういう心配事も出てくるんですね・・・。

投稿: しーな | 2009年6月13日 (土) 02時17分

佐為さま、ありがとうございます。
無理をしないように努めています。

投稿: あらま | 2009年6月13日 (土) 08時57分

sue さま、ありがとうございます。
親の扶養が長期化した長寿社会のひとつの問題ですね。
これからますます認知症の人が増えていくでしょう。
現在の認知症の人を扱う施設を見ると、「悲惨」の一言で、とても自分の肉親をそこに預ける気はしません。
でも、自分が認知症になって、家族に迷惑をかけるようになったら、施設に入れられても仕方がないと思います。
もう、若い世代が年寄りを支えるには、限界に来ていると思うことがあります。

投稿: あらま | 2009年6月13日 (土) 09時05分

しーな さま、ありがとうございます。
家庭の問題が、子供の負担になっているということは、親にとっては苦しいですが、仕方がないと思っています。
すべてが円満・・・ということにはならないようですね。

投稿: あらま | 2009年6月13日 (土) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45314693

この記事へのトラックバック一覧です: 明るくなった:

« エンジン音の設定 | トップページ | シャツ・イン派 »