« あぁ・・、フロッピーディスク | トップページ | 地獄の沙汰もカネしだい »

静岡空港、その後

天候不良で欠航

3 開港の前の「立ち木問題」解決のため、滑走路を短くして暫定運用している静岡空港。

暫定運用のため、無線誘導装置が使えない状態なんだそうです。

早速、危惧していた問題が露呈。

なんと、昨日( 5日 ) 、静岡空港周辺に雲と霧が発生。有視界着陸ができないので、近くの センとレア ( 中部国際空港 ) に目的地変更。また、有視界離陸もできないので欠航が相次ぎ、払い戻しに長蛇の列が発生したと伝えられています。

お陰で、タクシー・バスがテンヤワンヤだったそうです。

雲や霧が立ち込めただけで欠航・・・。これから梅雨の時期に入るだけに心配です。

はやく、暫定運用から脱することを祈っています。

|

« あぁ・・、フロッピーディスク | トップページ | 地獄の沙汰もカネしだい »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うーん

運命はきまったな

早いほうが良かったのかも

投稿: 佐為 | 2009年6月 6日 (土) 13時24分


ブログ毎回楽しく拝見しております。
ご家庭のことから社会、政治、細やかなご配慮、幅広い知識と卓見には敬服いたしております。

毎度昔話で恐縮です。
戦時中、海軍は牧之原と静浜へ飛行場を造りました.
戦後、米進駐軍は、牧之原は台地で気流が悪く戦闘機など小型機には不向きであると断念し旧地主に変換し日本一の大茶園を維持しております。
静浜は航空自衛隊基地となり国の守りに寄与しております。
気流が悪いと聞いておりましたが、霧が発生することも悪条件だったのですね。

20年前静岡空港計画当時は、ハブ空港論議が盛んで地方空港建設は止めて、羽田、成田を東アジアのハブ空港にしたほうがよいと云われておりました。
いずれもハブ空港にはなっていないようです。
ソウル(仁川)空港のハブ化に協力することが静岡空港の発展につながるとは甚だ情けない思いです。

投稿: 藤 | 2009年6月 6日 (土) 13時51分

佐為さま、ありがとうございます
「前途多難」・・・
まるで、静岡空港のための四字熟語みたいです。
防災船「希望」も 100億円まで借金が膨らんだところで漸く断念・・・なんてこともありました。
海も空も、箱は浮かばず飛ばす・・・
ハコ物行政を続ける静岡県。
静岡県の財政はどうなってしまうのでしょうか ?

投稿: あらま | 2009年6月 6日 (土) 14時47分

藤 さま、お久しぶりです。毎回ご覧下さっているということでありがとうございます。また、コメントも戴き、重ねて御礼申し上げます。
牧之原台地にあった相良油田の原油がガソリンのようだったということで、旧海軍がその地に滑走路を作ったとも聞いております。「大井海軍航空隊」といわれていたものですね。以前、その跡地を訪れたことがありましたが跡形もないですね。
http://ksa.axisz.jp/a4520OigawaMakinohara.htm
さて、ソウル空港のハブ空港とするなら、岡山空港のようなダイヤにしないと便が悪い・・・なんてテレビで言っておりました。
でも、わざわざソウル空港に行くまでもなく、そのままセントレアを利用したほうが便利ということで、何のために空港を作ったのか意味が分からないですね。

投稿: あらま | 2009年6月 6日 (土) 15時03分

蛇足で恐れ入ります。
大井海軍航空隊 http://ksa.axisz.jp/a4520OigawaMakinohara.htmを観ました。
写真は県道473号線、営門の跡で、東にかけて矢崎部品の辺りが航空隊の跡地です。
茶原の土止せにコンクリの砕いた塊が使われ今でも見られます。滑走路のコンクリをツルハシで砕いて再開墾をしたと思われます。

相良油田の資料館?で観ましたが良質な原油で灯油に近い透明度でした。
しかし採油量は少なく柄杓で桶に注ぐ程度のようでした。
それでも戦争末期は松根油を使っていたから少しは役にたったでしょう。

投稿: 藤 | 2009年6月 6日 (土) 18時18分

藤 さま、補足をありがとうございます。
小生が油田跡地を訪れたのは 30年前。今では立派な公園になっているのですね。
また、牧之原コミュニティーセンターに、航空隊の資料が残っているのですね・・・。
今度、ゆっくりと見学に行きたいと思います。

投稿: あらま | 2009年6月 6日 (土) 21時35分

5日の視程は、1200ftとの事ですのでILSがあっても cat IIa 以上でないと、着陸できません。
牧之原はよく霧が巻くので、ILSなら何でもいいというわけではないのですが、予定されているカテゴリは何なのかの記事が県のサイトなどにはないですね。

投稿: とり | 2009年6月 7日 (日) 09時59分

とり さま、いらっしゃいませ。
コメントをありがとうございます。
つまり、5日の霧は、たとえ無線誘導装置が機能していたとしても、離着陸ができないほと深いものだった・・・ということなんでしょうか ?
でも、そのぐらいの霧は、牧之原では日常的に発生するようですね。
こうした日常的な霧で欠航・・・なんてことでは、先が思いやられますね。
牧之原台地の気象が複雑であることは、前もって調査していたはずです。こうした県の対応も、今後も問題になるでしょう。
「欠航が多い」・・・なんてことよりも、「事故」が心配になってしまう記事ですね。

投稿: あらま | 2009年6月 7日 (日) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45251385

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡空港、その後:

» 静岡空港 ライブカメラ [Youtube最新動画plusニュース]
富士山が描かれた、とても美味しいロールケーキです。祝富士山静岡空港開港!祝富士山静岡空港開港! 小戸橋製菓の富士山ロール商品価格:1,500円レビュー平均:0.0 静岡空港、その後天候不良で欠航 開港の前の「立ち木問題」解決のため、滑走路を短くして暫定運用して...(続きを読む) 富士山静岡空港の旅客機撮影ポイント山の頂上を削り谷を埋めて建設した富士山静岡空港は、撮影ポイントが限られています。 1「ターミナルビル西側にある展望広場」、2「ターミナルビル3F展望デッキ」、3「ターミナルビル東側にあ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 06時21分

« あぁ・・、フロッピーディスク | トップページ | 地獄の沙汰もカネしだい »