« カッターレース | トップページ | 2度あることは・・・ »

県民の新聞、「静岡新聞」

新聞の衰退

Photo アニメ、ドラえもんタイムマシンは、のび太くんの机の 引き出し から出てくる設定となっています。

そこで、小生の机の中を見ると、昔のモノが出てきます。その中には、引き出し の下に敷く「新聞紙」もあります。

( 拙宅では、以前から購読する新聞は『静岡新聞』と決めています。なぜなら、朝夕刊セットで、2,900円/月という安さですから・・・。しかも、地方の記事が詳細ですからね。)

その新聞紙を引っ張りあげると、平成 17年 ( 2005年 ) 6月 17日 ( 金曜日 ) なんて記されています。

そこで、当時の記事を読むと、今月 立ち木問題 で辞任する 石川嘉延静岡県知事が、前回の知事選のために、小泉総裁 ( 当時 ) から自民党の推薦状が手渡されたニュースが写真入で掲載されていました。・・・もう、あれから 4年が経ったのですね・・・。

さて、その新聞の第一面には、本日 ( 当時 )発行部数 として、742,037 と記されていました。

そこで、昨日の新聞を見ると、発行部数が掲載されていません。(本日は、新聞休刊日なのでした )   どうやら、最近は発行部数を掲載しないようです。

どうして、当日の発行部数が記されなくなったのか分かりません。そこで、ネットで 静岡新聞の現在の発行部数を調べようとしたのですが、詳細な数字にヒットすることができませんでした。

とりあえず、静岡新聞は毎日 約71.7万部 発行しています(平成20年4月・ABC協会調べ)・・・なんていう記事に当たりました。

・・・ということは、3年半で、およそ 3.5万部減っていることになるのでしょうか。つまり、3.5%の減ということになると思います。

( 期せずして、3.5 という数字が 3ッ 並びました。パチンコだったら フィーバーですね。もっとも、7 の半分だから、半フィーバーってところでしょうか・・・)

この数字は、昨年の リーマン・ショック 以前のものですから、実際の落ち込みは、さらに拡大していると思います。

今、新聞業界は ネット に押されて、広告収入が減少しているといいます。

さらに、『再販問題』、『押し紙』の問題で、新聞経営の風当たりが強くなっています。

しかも、新聞の記事も、ほかのマスコミと同様、「情報操作」が著しいとして、その内容の信憑性が疑われている事態になっているようです。

しかし、そんなことよりも、貧困層の拡大で、新聞の購読を断念する世帯が増えていることが、新聞衰退の大きな原因だと思います。

自治体によるゴミ出しが規制され、がさばる新聞紙の処分に困ることもその一因かもしれません。

そうは言っても、地方で暮らしている以上、新聞の宅配は必要不可欠な実情だと思います。たとえ全国紙がなくなっても、地方紙は生き延びるのではないかと思います。

そうでないと、「釣り情報」が分からないので、無駄足を踏むことにもなりかねないからです ! ?

【資料】 広告の内藤一水社 さまのホームページによりますと・・・

静岡県の新聞発行部数

世帯数                         1,413,428 
事業所数                            190,373

静岡新聞                                      717,062
中日新聞                                       141,510
朝日新聞 ( 東京 + 名古屋)                 106,104
読売新聞 ( 東京 )                             92,172
日経新聞 ( 東京 )                             73,193
毎日新聞 ( 東京 )                             60,343

◇「世帯数」は、総務省『住民基本台帳人口要覧』(2008年3月31日現在)より抽出。
◇「事業所数」は、総務庁『2006年事業所・企業統計調査』より抽出。
◇「※」は、ABC協会未加盟のため自社公称部数(2005年版『全国新聞ガイド』-社団法人日本新聞協会-より)。
◇「全国計」の「日刊紙合計」は、自社公称部数及び非日刊紙を除き、本一覧以外の新聞を含む。

|

« カッターレース | トップページ | 2度あることは・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私の記憶が確かならば・・・
静岡新聞は地方新聞の中で最も発行部数が多いんだそうです。
30年前の話ですけど。
でもやっぱり地方紙ですよね。
全国紙は広告記事ばかりで、思ったほど読むところがないです。

投稿: まさたみ | 2009年6月15日 (月) 19時50分

まさたみ さま、毎度ありがとうございます。
今や、新聞は、ネットに押されて、その存亡の危機に陥っている ! ? ようです。
確かに、全国紙は面白くないですよね。
その点、地方紙は、タウンペーパーとして残るような気がします。
ちなみに、小生が「静岡新聞」のなかで見る欄は、「訃報」「地方スポーツの結果」「読者投稿欄」「地方の火災・交通事故」「茶市況」「入船」そして、「天気予報」。あとは、見出しを一瞥(いちべつ)するぐらいです。

投稿: あらま | 2009年6月15日 (月) 20時07分

なんか私が書きこむとまずそうですね

とりあえずご訪問したという足跡のみ

投稿: 佐為 | 2009年6月15日 (月) 22時49分

佐為さま、足跡をありがとうございました。
佐為さまのホームページの記事を読めば、新聞の衰退も尤もだと思います。
大量の紙を使用する新聞は、電子化の時代では‘長物’でありましょう。
しかし、地方に住むものにとって、新聞情報は、なくてはならないものです。
今朝の静岡新聞の第一面をみても、ヘッドラインは「浜岡原発の選択 41 」という企画連載記事でありました。
また、拙宅でも、子供たちに関係した記事が載れば、それを‘宝物’として大切に保存しています。
それよりも重宝なのが、県民の小さな声を引き出してくれることでしょう。
バスの廃止の代わりに、ボランティアが運送組織を結成して、過疎地の交通を維持できたのも、そこに住む現地のひとの声を紹介したのがきっかけでした。それによって、田舎の暮らしが便利になりました。
たしかに、「御用新聞」という側面、あるいは、記者によっては偏った主義の主張が掲載されることもあります。
しかし、それ以上に、地域の生活に密着していますから、地方紙の衰退は、ザンネンなことです。
時代の変化に応じて、新聞が衰退するのではなくて、変化、進化することを望んでいます。

投稿: あらま | 2009年6月16日 (火) 07時59分

新聞・・・止めました。

最初は朝夕刊ともにとり
次に朝刊だけに、、
今はナシです。

纏めると重いんです。
毎週毎週の古紙回収日に出す為に括るのも慌ただしく。。
それを超すと 纏めて運ぶのが
重い。

新聞屋さんは
 特別にお宅だけ玄関前に取りにきてあげますよ
な~んて言いますが、その言葉
あまり信じられません。

そういう訳で購読を止めて
しまいました。

投稿: sue | 2009年6月16日 (火) 11時28分

sue さま、ありがとうございます。
小生の住むこんな田舎でも、アパート・マンションがあり、そこの郵便受けは、配達モノで膨れ上がっていることが見受けられます。
電子化の時代。紙を大量に消費する時代は終わるのでしょうか ?

投稿: あらま | 2009年6月16日 (火) 14時22分

あらま様
新聞という紙の形にこだわらず、近隣のニュースをネットでつなぐとか、あるいはインターネットラジオとか、新しい技術を使えば地方新聞以上の情報交換、情報発信がたやすくできると思います。
そういう方向は探れないのでしょうか?

地域コミュニケーションは新聞しかないという発想自体を変えるべきです。

投稿: 佐為 | 2009年6月16日 (火) 20時30分

佐為さま、ありがとうございます。
小生は、地デジが更に普及すれば、新聞も一変すると思います。
今でも、あの地デジの‘D ’ボタンを押せば、地方のニュース・イベントを見ることができますし、双指向操作をすれば、視聴者がそれに‘参加’できます。
あるいは、ゲーム Wii を使った電子新聞ですね。あれと薄型大画面テレビとを結べば、インターネットにつながりニュースも一覧できると思います。
いずれの形態でも、インターネットが関与しています。
しかし、そのためには‘操作’が必要です。はたして、ご老人にそれができるか・・・。

また、紙を使わない、フィルム新聞も開発されています。フィルム・ディスプレイを持ち歩けば、どこでもそこから新聞記事が読めるというもの。そこからは、最新記事だげてなくアーカイブも取り出せるというもの・・・。
たとえば、有機ELと携帯電話を組み合わせれば、それが実現できます。
やはり、インターネットが関与します。
まるで、ハリー・ポッターの「魔法新聞」みたいなものですね。

そんな具合に、あらたなペーパーレス新聞が模索され、或いは、すでに実現されています。
科学技術は、人間の希望をほとんど叶えてくれますから、10年後には、スッカリ新聞の形態も変わっているかもしれません。

投稿: あらま | 2009年6月17日 (水) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45346172

この記事へのトラックバック一覧です: 県民の新聞、「静岡新聞」:

« カッターレース | トップページ | 2度あることは・・・ »