« でかっ | トップページ | 計算尺 »

CAM

小生のお仕事

昨日、にこりん さまとお会いした際、小生の仕事の内容を少し説明しました。

ちょうど、にこりん さまのお知り合いの方が CAD (コンピューター製図) のお仕事をしているということですので、小生もそんな仕事もしているということを申し上げました。

もちろん、それは間違いないですが、もう少し言えば、今、携わっているのは CAM という仕事です。

これは、CAD で作った図面を元に、実際に機械加工するためのプログラムをつくる仕事です。

ちょいと専門的ですが、そんなことを会社の中や家に持ち帰ってやっています。

小生が入職したときは、旋盤とかフライス盤、セーバー、プレナー・・・なんていう ( 汎用 ) 工作機械で、金属を加工していました。

そのうちに、コンピューター制御の NC とか CNC 加工機、あるいは放電加工機みたいなものが現れたので、CAD CAM をやるようになったのです。

このところの不況なので、現在は、弊社独自の加工データーを、一般にも通用するようなデータに変換することをやっています。

つまり、いままでの専門の職人さんの技術が、コンピューターの発達で体系化、標準化されたということになります。 ( すみません、この表現では、更に分からないかもしれませんね。書いている本人でさえ、いまだに分からない分野です。)

しかしですね、こういう仕事は職人には合わないですね。なかなか好きにはなれません。

・・・というか、こんな仕事を続けていたら、ナーバスになってしまうと思います。非常に緻密で根気が必要です。・・・と言いますか、短気な職人には我慢ならんところがあります。そんなわけで小生は、時々気晴らしに、仕事中にインターネットで遊んでいるわけです。

もちろん、小さい企業ですから、実際に NC機のセットアップもしなければなりません。つまり、コンピュータープログラムに沿って、工具をセットするのです。( つまり、 机上の仕事を現場の仕事に変換する仕事です。) それが、また緻密なんですね。小生のような「老眼」には疲れるものです。

でも、こうした仕事があるお陰で、仕事の合間に中座できるので、母の介護が可能なわけです。

いわゆる、フレックス制という雇用体型ですね。連続的に拘束されるのではなくて、ある程度、自由な時間に仕事が出来ます。もちろん、残業手当がないので、会社側としても安く人材を使えるし、小生も助かるわけです。

ただ、昨年からの不況で、弊社の NC機器はすべて移設してしまいました。そんなわけで、会社での小生の存在価値が薄くなって、肩身の狭い思いをしているわけです。

|

« でかっ | トップページ | 計算尺 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

>ちょいと専門的ですが、そんなことを会社の中や家に持ち帰ってやっています。

あらま様
別件ですが、いまどきそれじゃあセキュリティ上大問題ですよーーーーーーーーーーーーーーー

投稿: 佐為 | 2009年6月21日 (日) 18時33分

佐為さま、ご心配をありがとうございます。
もちろん、web とつながっていない、独立した環境で操作をしています。
小生が何台もパソコンを持っているのは、そのためです。
ですから、いつまでも古い MAC を捨て切れなかったのでした。
こんなに古い CAD ソフトで、データをフロッピーに保存していたこと自体が、異常でありました。
まぁ、後継者のいない、零細企業にはよくあることですか・・・

投稿: あらま | 2009年6月21日 (日) 18時49分

こんにちは。

CADとCAMの違いがわかりませんでした。
私は「G90G54G00X0Y0・・・」からは毎日飽きるほどお世話になっていますが・・・。
でも自分で機械の操作盤でプログラムを作成する事も結構ありますよ。

投稿: まさたみ | 2009年6月21日 (日) 22時57分

まさたみ さま、ありがとうございます。
今の製図機械は、製図したら自動的に加工プログラムまで出来てしまいますからね。
すごい時代だと思います。
しかし、機械で作ったプログラムでそのまま実行したらとんでもないことになってしまいますよね。
やはり、材質と工具に合わせてプログラムの内容も変えていかなければなりませんね。
そこに人間の経験と技術が光ると思います。
切り込み量、送り量を変化して、なるべく早く、しかも工具の磨耗が少ないように適当値を探さなければなりませんね。

最近は、タップたても安定して折れなくなりました。
本当に、時代は変わったと思います。

小生は、プログラミングに関しては、フライスのようなエンドミル加工よりも、バイトを使った旋盤加工が難しい気がします。
必要に応じて、成形バイトなどの治具をつくりますが、そのほうが仕事としては楽しいです。

ワイヤ・カットは時間がかかるので、その合間に、仕事をサボってインターネットをブラウザしていました。

投稿: あらま | 2009年6月21日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45408248

この記事へのトラックバック一覧です: CAM:

« でかっ | トップページ | 計算尺 »