« メモリ増設 | トップページ | カッターレース »

あしたのニッポン、2009年 6月号

深刻な雇用対策

本日の朝刊に、厚生労働省が発行した あしたのニッポン 平成 21年 ( 2009年 ) 6月号が折り込まれていました。

題して「雇用対策の拡充」。

Photo_2 

政府と労使が一体となって、この雇用危機を乗り切ろうというものなんでしょう。

それにしても、小生の住んでいる田舎の雇用は深刻です。

相次ぐ大工場の閉鎖が、地方紙のニュースになっています。失業者が街に溢れているといった感じですね。

しかし、昔の不況のときは、乞食が物乞いをしていたり、線路を歩く人の姿がありましたが、今は、そういうことは見かけません。

そうした意味では、不況もリッチ ? になったような気がします。

市の広報にもありましたが、市の経済対策雇用本部でも、市内の事業所に対して、雇用の維持を要望し、そのための助成制度を活用するようにアピールしていました。

ところが、地方財政は瀕死の状態が続き、今年の 10月から、地方税が公的年金から引き落とされることになったそうですね。(特別徴収)

国民年金を納めない人が 6割りもいて、それでは「制度」として体を成していないということで、いよいよ強制徴収に乗り出したようですね。

小生は、その方針には賛成です。

だって、サラリーマンだけ天引きで、国民年金を不払いの人は、結局は、ほかの人に迷惑になっているということですものね。

公平さを保つ上でも、仕方がないと思います。

|

« メモリ増設 | トップページ | カッターレース »

仕事」カテゴリの記事

コメント

国家破産の前に自治体破産は必至のようです
ただ考えてみれば入るより出るが多ければ赤字は当たり前
今までがどこでも大盤振る舞いということでしょう
行政が、とか、政府がというまえに、自分が払う以上を求めるのはそもそも無理です
そういう意味では静岡も空港がお荷物でしょうね

次の夕張はどこか?

投稿: 佐為 | 2009年6月15日 (月) 05時43分

佐為さま、ありがとうございます。
雇用の確保、経済対策ということで、補正予算が組まれ、ようやく政府広報として国民に発表されました。
野党などの反対で、遅すぎた感じもしますが、なんとかそれで経済が立ち直ってもらいたいと思います。
景況感というのは、多分に気分が影響するのですから、政府もマスコミもどうせ情報操作をするのなら、景気の悪い情報を流さないようにするのも‘手’だとおもいます。

投稿: あらま | 2009年6月15日 (月) 09時03分

あらま様
まさしくそのとおり
景気を悪くしているのはマスコミだと言った方がいました

投稿: 佐為 | 2009年6月15日 (月) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45334109

この記事へのトラックバック一覧です: あしたのニッポン、2009年 6月号:

« メモリ増設 | トップページ | カッターレース »