« 県民の新聞、「静岡新聞」 | トップページ | うっ ! ! »

2度あることは・・・

あまりにも、可哀想で・・・

小生は「組長」です。・・・っと言っても、いわゆる隣組の組長なんですがね。

さて、昨日、家に帰ると、組内で訃報があったというメモがありました。なんでも、昨日の朝、その家のお爺さんが亡くなったとか・・・。もうすぐ 90歳ですから、大往生ですよね。

しかし、実は、その家の奥さんが、今年の正月に亡くなったばかり。さらに、昨年の 6月にはそのお母さんを亡くしています。

つまり、この一年の間に、その家では 3人の家族が亡くなっているのです。Photo_2

2度あることは・・・なんて言いますが、続けて大切な人を亡くして、その方は肩を落としていました。

ところで、こちらの田舎の風習として、その家で葬式があれば、組中の人が休んで、その葬式のお手伝いをすることが慣わしです。

それを土人衆 ( どにんしゅう ) と言います。

ところが、お葬式の施主は、今度で続けて 3回目なので、そんなに頻繁に近所のお世話になることは心苦しいということで、今回は、葬儀屋にすべて任して、近所のお手伝いは要らない・・・なんて言ってきました。

しかし、村の慣わしとして、その家で葬式が何回あろうとも、そのお手伝いをすることが「義務」でありました。

そこで、昨晩は、拙宅で組内会議を開きました。

とにかく、この組は、古参が多いので、なかなか意見がまとまりませんでしたが、結局は、施主の意思を尊重して、お手伝いをしないことになりました。

そういうことになったのは、今回が初めてです。

結局、半年ごとにお葬式を出すことになったその家では、もうこれ以上、組内の人たちに迷惑をかけることは忍びないと思ったのでしょうね。

それにしても、可哀想です。なんて言っていいか・・・。言葉が見つかりませんでした。

(写真は、安田松慶堂さまのホームページより )

|

« 県民の新聞、「静岡新聞」 | トップページ | うっ ! ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45352296

この記事へのトラックバック一覧です: 2度あることは・・・:

« 県民の新聞、「静岡新聞」 | トップページ | うっ ! ! »