« 今日から、裁判員制度 | トップページ | サラリーマン川柳 »

まだ現役

なつかしの名機

拙宅には、現役で使えるワープロノートパソコンがあります。

Photo まず、ワープロですが、東芝が初めて出したノート型ワープロ、JW-R10 というものがあります。実は、今でも家内が使っています。しかも、今でもインクリボンも売られているということは、実際に使用しているのは拙宅だけではないということでしょう。

購入したのは、1985年 7月 16日となっています。長男が生まれて間もない頃で、家内は育児記録をこのワープロで打っていました。

当時は、フロッピーディスクが普及し始めた頃で、実は、このワープロのメモリは、カセットテープでした。つまり、手持ちのカセットテープレコーダーにデジタル音を録音して文書を保存していたのです。

字体はゴジック体のみ。拡大、斜体、白抜きなど、当時としては驚愕の能力がありました。Pc_2

次に、ノートパソコン。これは会社がリースで借りていたものをそのまま譲り受けたものです。富士通の FMV-6366NA3/L という機種で、1999年 2月に発売されたといいます。スペックは、CPUは 256KB で、HDDはたったの 4.3GB。ところが価格は 62万 8千円という代物。当然、個人ではなかなか買えませんでした。

今でも、CAD ( 製図 ) 専用として使っています。でも、ハードディスクのガリ音が大きくなってきましたから、もうすく壊れるでしょう。

|

« 今日から、裁判員制度 | トップページ | サラリーマン川柳 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45091607

この記事へのトラックバック一覧です: まだ現役:

« 今日から、裁判員制度 | トップページ | サラリーマン川柳 »