« 北、再核実験 | トップページ | パスポートの写真 »

組長会議

権力争い

本日は、26日。組長会議定例会の日です。

各地域の組長が勢ぞろい。・・・と、言っても 893 サンのことではありません。

自治会の組長の集まりです。

ゴミの問題、公害の問題、外国人の問題、防犯問題、防災の問題・・・。そして、自治会主催の運動会、旅行、文化祭、親睦会、地域調査など、議題は盛りだくさん。

神社の祭り、その集金から、子育て支援、介護援助などなど、さまざまな事が話し合われました。

その中で、頭を悩ますのが外国人の問題。アパートに住む外国人が、自治会に加入しないどころか、ゴミは捨て放題。夜遅くまで騒いでいます。

子供を学校に行かせない。その子供が車を運転。交通事故を起こしたけれども、無車検・無保険で、被害に遭った住民は「泣き寝入りか・・・」なんてことも話題に。

そういえば、近所の在日○国人 ( ○の中に入れるのは‘中’でも‘韓’でも、お好きな文字を入れてください )は、豪邸を構えているのですが、自治会に加入していません。

○国人一家は、自治会の一斉川掃除の時も出て来ません。もちろん、自治会費も払いませんし、自治会の行事にも参加しません。

そんな人たちに「地方参政権」を与えよう・・・なんて言う日本人がいます。

そんな話を聞くと、情けなくなります。

外国人だから、可哀相だから、日本人と同等の権力を与えよう・・・なんて、どこからそんな発想が沸くのでしょうか。

地域住民としての義務を果たさず、子供を学校に行かせないで、どうして「投票権」「立候補権」なんてものが与えられるのか・・・。

小生は不思議です。

しかも、それを日本人の側から提案しているんですよ。

小生は、理解できません。

|

« 北、再核実験 | トップページ | パスポートの写真 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

組長!お疲れ様です!
年間の行事予定など立てる時期ですね。
こちらでも、自治会に入らない若い世代のことが課題にでますが、外国人だとまたややこしいですね。
親が自治会に入っていなくても、子供は自治会の子供会の行事に参加しますから、子供会の世話人が話しが流しにくく苦労したり、どこまで話しを流すべきなのか悩んだり。
それが子供を学校にも行かせない外国人だったら
もっと話が複雑ですね。
確かに市民として地域参加してない外国人に参政権は要らないと思います。

投稿: しーな | 2009年5月27日 (水) 00時01分

あらま様
大変さが目に浮かびます

ところで
>子供を学校に行かせない。その子供が車を運転。交通事故を起こしたけれども、

いったい何歳なのですか????

投稿: 佐為 | 2009年5月27日 (水) 05時40分

しーな さま、ありがとうございます。
若い人たちの中には、市税を払っているのだから、自治会費は払わない・・・という人たちがいます。
でも、ゴミの収集は、市が委託する業者がしていても、ゴミ置き場の管理・衛生は自治会がやっています。
つまり、よい環境で生活するために、市の行政と市民の自治会との協力で成り立っていますね。
ですから、自然に町の美化意識を持つと思います。
ところが、外国人の多くは、市税も払わず、自治会にも入りません。
そういう人たちは、自治会のルールなんて守りません。
そんな人たちに、なぜ「参政権」を与えようとするのか、意味が分かりません。

投稿: あらま | 2009年5月27日 (水) 07時42分

佐為さま、今回の事故は、11歳の少年ということでした。前回は、9歳の少女。いずれも交差点での衝突でした。
事故を起こした子供の家庭は、その日のうちに‘夜逃げ’して行方知れず・・・。
警察も捜査してくれません。
小生は、最近、平日休みが多くなったので、平日に外国人の子供がウロウロしていることに気がつきました。
外国人労働者の解雇が進み、子供を学校に行かせる金もないし、帰国する金もない・・・
そうした外国からの子供たちを、自治会で支援しようという話が上がっています。
もちろん、防犯目的なんですが、日本人って、どこまでも親切なんですね。

投稿: あらま | 2009年5月27日 (水) 07時51分

こんにちは。

日本やその地域のルールに従ってやるべきことをやっている外国人には、ぜひ選挙にも参加してほしいですね。
でも、「外国人が・・・」という前に、まず私たち日本人がしっかりしなければと思います。
私の町内でも、日本人なのに自治会の草刈に参加しない人や自治会費を払わない人はいますからね。

投稿: まさたみ | 2009年5月27日 (水) 13時14分

まさたみ さま、コメントをありがとうございました。
小生は、まさたみさまの今回のご意見には同意できません。
地域のルールを守っていれば、そこの住民として認められるので、地方参政権を与えよう・・・というのが、前浜松市長の考えでした。
そんなことを言ったので落選したんだと思います。
まず、基本的なことから考えてみましょう。
「参政権」というものは市民や国民に与えられた権利ですね。
もし、参政権が欲しければ、ちゃんと「帰化」して、日本人となるべきです。
日本国民になれば、日本国民としての義務が生じます。
教育、労働、納税、そして社会保険料の支払いも義務となります。
さらに、住民票が出来ますので、地域の義務が生じます。
地方税、介護保険などを支払わなくてはなりません。
ですから、日本国民は、国民としても市民としても、その義務を果たさなくてはならないわけですね。
地域に住めは、納税だけでなく、草取り、防犯のための夜回り、交通指導、などなど、さまざまな‘当番’が回ってきます。
消防・防災なども市民の有志が「団員」となって主体的に参加しています。そうして、互いに協力し合って生活の環境を整えていますね。
でも、やはりキツイのは納税、社会(国民)保険や介護保険料。
日本は中福祉国家を目指しているので、その保険料も半端ではありません。最近、つくづく日本は重税国家だと思います。
それから、保険証を持っていない外国人の公立病院の未払い金が、その経営を圧迫しています。
こういう書き方をすれば、「外国人差別だ ! 」と、非難をする人がいます。
でも、義務を果たした人に権利が与えられるという「原則」は、揺るぎないものだと思います。
外国人登録をしただけで、「参政権」を戴こうと言うのは、ちと、虫が良すぎると思いますよ。

投稿: あらま | 2009年5月27日 (水) 16時51分

再びこんにちは。

私の説明が足りませんでした。
申し訳ありません。
「日本やその地域のルール・・・」には、もちろん“納税”その他の私たちと同じ義務も含んでいます。
義務を果たしてこそ権利を与えられるべきです。
私が思いますに、前浜松市長は某大企業会長兼社長の考えで落選したんだと思っています。
こちらは企業ぐるみ選挙がひどいですから、その人の考えが下の経済界や企業まで影響されやすいようです。
「はい。わかりました。」で投票しちゃう人のほうが問題なんですけど・・・。

投稿: まさたみ | 2009年5月28日 (木) 10時57分

まさたみ さま、重ねてコメントをありがとうございました。
もはや、某社の会長兼社長は静岡県ではカリスマ的存在ですね。
もうすく開港する静岡空港も、彼の影響が強いので、別名 SS空港とも言われるほどです。

それにしても、外国人労働者が増えました。学校でも、普通に外国人の子供がいます。
どうやら、「義務教育」は国民の義務というよりは、住民の義務といった感じです。
自治会も、市民が加入するものではなくて、そこに住む「住民」を対象にしています。
ですから、積極的に加入していただきたいと思います。

投稿: あらま | 2009年5月28日 (木) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/45139979

この記事へのトラックバック一覧です: 組長会議:

« 北、再核実験 | トップページ | パスポートの写真 »