« みどりの日 | トップページ | テレビの番人 - 2 »

テレビの番人

終日、引きこもり

本日は、こどもの日。でも、肌寒い雨の立夏でした。Photo_3

そういうわけで、終日、家に引きこもってテレビの番人をしていました。

つまり、今まで貯めていた VTR を観ていたのです。

その中で、NHKが 3日に放送した憲法記念日の特番、『いま問われる 25条、‘最低限度の生活’』を観て考えさせられました。

いわゆる生存権を保障している日本国憲法ですが、それが生活保護家庭が増えている現在、問題になっているようですね。

そこで、待ち行く人のインタビューで、生活に最低限度必要なものと問われて、大人たちは「衣・食・住」を答えていたのに対して、子供たちは「携帯電話」と答えていました。

どうやら、若者にとって、食事を減らしても携帯電話のほうが大切なようですね。

相変わらず、NHKは、権利は主張するものと捉えているようですが、権利は義務の成果であるということをしっかりと認識をする必要があると感じました。

Photo_2 そのほかに、昨日、NHK BS-2 で放送した、 オードリー・ヘップバーンの「おしゃれ泥棒」と「昼間の情事」を観ました。

オードリーというと、最近の人は、日本のお笑いのカスガを思い浮かべるかもしれませんが、ほんとうは華麗な女優さんのことですね。

他にも、ハリウッドのドンパチ映画を観ています。Photo

こうして終日、長いすに横になって、おやつを食べていたら、牛になってしまいそうです。

|

« みどりの日 | トップページ | テレビの番人 - 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

法学部に在籍しているのですが、日本国憲法の解釈上の通説理解に寄れば、日本国憲法に定められた人権は
天賦人権
であるようで、義務と引き換えに権利が与えられるなどと言う議論は一切されたことはありません。そんなこと言うと臣民の権利と変わらないと言う批判が起きますが、私は「臣民が選ぶ政府による国家に生きる臣民の権利」で十分だと思いますけどね。
日本国憲法を奉ずる人々には 日本国憲法神による庇護があるようですhappy01

投稿: ある大学生 | 2009年5月 5日 (火) 19時22分

ある大学生さま、お久しぶりです。
法学部に在籍されているとは・・・
どうか、将来、立派なリーダーになってください。
さて、天賦人権説ですか。懐かしいですね。
これは、確かルソーの思想ですね。あるいは儒教にもそんな部分があったとおもいます。
つまり、人権とは自然権で、天とか神から与えられたものという考え方だったと思います。
でも、これは「王権神授説」のようなもので、根拠としては乏しいものですね。
つまり、天とか神を「自然法」として解釈して、その自然法で人権とか王権を保障しようというものですね。
根拠を絶対的な「神」「天」に依拠することで安心を得ようというものなんでしょう。
マッカーサー憲法といわれる日本国憲法も、こうした思想で作られ、さらに 25条は、GHQの草案にもなく、広島大学の初代学長であった森戸辰男の提唱によって生存権が誕生したと言われていますね。
当時の社会党らしい思想だと思います。
しかし、実際には、人間なんて平等でも自由でもありません。
親の七光り、本人の努力の程度によって人権とか諸権利が保障されているのが実情ではないでしょうか。
つまり、与えられたものではなくて獲得するものですね。
何もしないで、憲法が最低限度の生活を保障しているのだから、生活保護費を貰う権利がある・・・なんて、全国民がそんなことを言ったら、国家として成り立ちませんよね。
そんなわけで、国民には義務や権利があり、義務を果たさないものには権利は与えられません。
つまり、労働の義務を怠るものには人権は保障されないという考え方です。
例外として児童・学生は将来労働・納税する予定であるということで、段階的に人権が付与されています。そういうわけで、義務教育として学校などに行かなければなりませんが、成人になるまでは選挙権という権利は与えられないわけですね。
いろいろと書きましたが、結論として「義務権利説」が、現在の思想の主流だと理解しています。
つまり「義務先行説」です。

【参考】
第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。


投稿: あらま | 2009年5月 5日 (火) 22時16分

あらま様
オードリーですか、いいですねえ~
オードリーというとほとんどのみなさんはローマの休日ですが、私は何でも好きです
でも一押しはシャレードかなあ、いつもふたりでもよかったし
おっと戦争と平和はダメよ

投稿: おばQ | 2009年5月 6日 (水) 07時24分

おばQさま、「ローマの休日」は、大好きな映画です。
本当にカワイイですね。(失礼)
こうした女優さんは現れないでしょうか ?

投稿: あらま | 2009年5月 6日 (水) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/44905685

この記事へのトラックバック一覧です: テレビの番人:

« みどりの日 | トップページ | テレビの番人 - 2 »